【雑感および旅のデータ】

《気候》

b170.jpg (17834 バイト)この時期朝晩はかなり冷えた。
特にブムタンでは0度くらいになっていただろう。沢はいたるところ凍っていた。
しかし標高が高いせいで日ざしは強烈に強く日中は肌を刺すほどだ。
ブータン人が色黒なのもうなずける。
季節的には乾期なため空は抜けるような青空。心配していた雪も全くなかった。
雪は二,三月ころに降るらしい。
ブラックマウンテンもヒマラヤもくっきり見えた。その意味ではベストシーズンかもしれない。

《道路》

b162.jpg (18881 バイト)
ただいま工事中(パロにて)

ブータンの東西を横断しているのが国道一号線。
この国を旅しようとする旅行者は必ずお世話になる道だ。
というのはブータン旅行はこの道をどれだけ東にいくかどうかだからだ。
私が移動したパロ - ブムタン間は工事中の箇所を除いてほとんど舗装がしてあったが、そのほぼ全行程がワインディングロード。
直線は100mを越えるものは無く、体は左右に揺れっぱなしで毎日、車酔いとの戦いだった。
道幅も狭く、なんとなく乗鞍スーパー林道を彷彿とさせた。

《ブータン人》

b107.jpg (25237 バイト)予想していたとおり、やはり日本人によく似ている。
見た目が似ているのももちろん、性格もそっくりだ。
人種的なルーツだけじゃなく、宗教的に近いせいかもしれない。
外国人になれていないせいか、道端に腰かけて「歩き方」を見ていたりするとすぐに人が集まってきてもの珍しそうに手元をのぞき込んでくる。
同じように外国人旅行者が少ないバングラデッシュも似たような感じではあったがうっとおしさを感じないのは彼らの控えめな性格ゆえだろう。
学校教育は国語(ゾンカ語)以外はすべて英語で行われているとかで小さな子供も英語が話せてびっくり。
ただし、インド訛りではあるが。

《税金》

ガイドが買ったKuenselによると近々所得税が導入されるそうだ。
ということは今まで所得税が無かったということでなんとも信じ難い。
しかしよく考えてみれば最近まで職業といえば農業がほとんどで農民
以外はほとんどが政府の役人であったことを思えば当然かもしれない。
ちなみに今までは住民税と法人税のみしかなかったらしい。


《宿泊》

日付 都市 ホテル名
12/23-25 バンコク JW Marriott Bangkok
12/25 パロ Hotel Druk Paro
12/26 プナカ Zagctho Perli Guesthouse
12/27,28 ブムタン ウォンデチョリン ツーリスト ロッジ
12/29 トンサ Hotel Yankel
12/30 ティンプー Hotel Drul Thimphu
1/1 パロ Hotel Druk Paro
1/2,3 バンコク Le Maridian President Bangkok
1/4 バンコク JW Marriott Bangkok

《エアーチケット》

日付 区間 便名 予約クラス 備考
12/23 NRT-BKK JL717 C 98/11に発券したBKK-SIN-TYO-BKK C ClassのTYO-BKK部分
AXESSで予約
12/25 BKK-PBH Y 340USD 西遊旅行で手配
1/2 PBH-BKK J 375USD(Standby扱いの場合: 正規の場合は410USD) 西遊旅行で手配
1/5 BKK-NRT JL708 C 98/8に発券したBKK-HKG-TYO-BKK C ClassのBKK-HKG-TYO部分をリルート
AXESSで予約

《手配代金》

BKKから先の部分で\398,000
(ホテル代、ガイド/ドライバー、交通費、BKK-PBH往復の航空運賃)


since 2009/12/2