アムパワーふたたび

(2011/9)

アムパワーかプッタモントンか

もうほんとうに近場で行くところがなくなってきたのでプッタモントンか、あるいはアムパワームアンボーラーンのどちらかに再び訪れるか先週末から考えていた。
プッタモントンは先日ドーンワーイに出かけた際に地図で見つけてその広大な敷地が気になっていたところで地名などから調べてみたらの巨大な宗教設備であることがわかった。
しかしここでもいいかなと6割がた決心した先週はあいにく土日がどちらとも一日中雨、それで出かける気が失せて今週に持ち越しになった。


大きな地図で見る

中心の水路で囲まれた場所がプッタモントン

今週になって再度インターネットで調べてみるとプッタモントンは大きな仏像とタイ人が家族連れで楽しむ広大な公園があるくらいで、どうやら見所というのは乏しいようだった。
それに敷地が広すぎて車じゃないと相当不便そうなのでプッタモントンはやはり却下。
そこでアムパワーかムアンボーラーンなのだがどちらかといえばアムパワー。
この時期のナムトゥアム(洪水)がちょっと心配ではあるが前回乗り損ねたボートツアーに参加するのもよかろうかと結局そちらに行くことにした。


アムパワー行き

前回は高速の下から出発するサムットソンクラーム行きのロットゥーで出かけたが、どこかのブログでCMPの一つ北側、SUZUKIのディーラー近くのロットゥー発着所から直行が出ているということを見かけたのでそちらに向かってみた。
しかしソイの入り口の看板にアムパワーの文字はない。
ここじゃないかとさらにもう一本アヌサワリー側の発着所に足を延ばし声をかけてきたおばちゃんにアムパワーと伝えると、やはりさっきの場所を教えられた。

さっきの場所に戻り、外のベンチでタバコを吸っていた運ちゃんにアムパワーと伝えると『中だ』と奥のオフィスのほうを指示される。
ここはチャチュンサオのタラートナームにここからロットゥーで行こうとして入り口から混雑していたのであきらめたオフィスだが中に入って見回すとアムパワー行きはすぐに見つかった。
そこはメークローン・アムパワー・ダムヌゥン行きを扱っているカウンターだった。
(料金は70,80,90THB)
メークローンからアムパワーはそういうルートになるのはわかっていたけど、そうか、ダムヌゥンもそうだったのか。
水上マーケットとしては最も有名なのに未だに行ったことのないダムヌゥンサドゥアックもこれで多少は可能性が高まったかも。。。。
とはいえ、7時・8時くらいに出発しなければならないのはかなり難しい。


出発

エアコンの効いた待合室のベンチで待っているとさすがに人気のある行き先だけあって客は次々にやってきて20分ほどで1台分売れたらしく出発。
王宮方面のラマ6から高速に乗りその後はサムットソンクラムを目指してラマ2(35号線)をひたすら走る。

街道沿いにビニール袋に入れられた米のような白いものを売る売店が並んでいた。
ここら辺で採れる塩だ。
周りに広がっている、収穫のすんだ稲田に見える物も間違いなく塩田だろう。
海に近いことは近いけどどう見ても直接接しているように見えないこんなところに塩田があるのがちょっと不思議。
まさかタンク車で持ってくるようなことはないだろうから水路を引いているのだろうか。

メークローンの交番前に立ち寄ってから2時半前にタラートナーム・アムパワーのだいたい中間地点の橋の脇にある小さな駐車場に到着。
降りたところにロットゥーの受付があったので帰りはここで申し込めばまたアヌサワリーまで直行できそうだ。


大きな地図で見る


タラートナーム・アムパワー

ほかのタラートナームをさんざん見た後で改めてこのアムパワーを見てみると、観光用に再構築されたという印象が強い。
古い建造物を使っているのだが中に入っている店はレストランにせよ土産物屋にせよ宿にせよかなり洗練されているからだ。
これはこれで悪いことではないしそれが功を奏してタイ人から絶大な人気を得ているのだろう。
レベルは違うが世界遺産のベトナムのホイアンやラオスのルアンパバーンもこんな再開発をしている。
タイ人向けのホームステーはたぶん安宿になれていない外国人にはきついから、これで蛍ツアーもセットになったちゃんとした宿泊施設が近くにあれば外国人にも人気を呼びそうなんだけどな。
(後ほどAgodaで調べてみたら設備と料金が不釣り合いな宿はいくつか出てきた)
しかもここからなら翌朝はそれほど早起きせずにダムヌンサドゥアックにも行けるし。
TATがここら辺に気づけばいいんだけどやっぱりお役所じゃ無理か。

運河沿いにはそういうおしゃれな店に加えて小舟の物売りもたくさん並んでいた。
お約束のクイティアオにシーフード、お菓子にパッタイなどなど。
海が近いせいなのかシーフードにはプー(蟹)、プラムック(烏賊)、ホイシェル(二枚貝)、グン(エビ)などが並べられている。
呼び込みの若い子につられてそのうちの一つに腰を下ろす。

テーブルとなっているのは木製のベンチ(のようなもの)、椅子はベトナムの屋台並みに低いプラスチック製、それに座って川を眺めながらに簡単な食事ができるというもの。
差し出された英語・中国語併記のメニューを見ると目の前に横付けされているいくつかの船の共同メニューになっているようだった。

その中からパッタイとホイシェルを注文。
しかし注文を告げた直後に後悔。
案の定、先にでてきたホイシェルは前回同様冷え切っていてさらに味も薄い。
隣の船から上がってきたパッタイは普通の物の1/2〜1/3くらいの量でしかもうまくない。
2つあわせてたったの50THBだからまだいいとしてもこれは客をなめてるよな。
たぶん味にうるさいタイ人(タイ人はうまくなかったら平気で残す)もそう思っているに違いない。
素直にクイティアオにしておけばよかった。


ボートツアー

さてとタラートナームお約束の軽い食事もとったので今回の目的のボートツアーを探す。
ところが川沿いにいくつか並んでいる受付所に客の乗り込んでいるボートは皆無。
ということはつまり一艘貸し切り500THBということになってしまいこれじゃ割りに合わない。
アムパワー運河の河口に近いところから始めてかなり上っていったがなかなか目当ての乗り合いボートがないのでいったん奥まで行った舗道を反対側に渡って南下する。
すると最初にたどり着いた駐車場近くの車道の橋の下に乗客を乗せて出発を待っていた船を発見、50THBを払ってそのまま乗り込む。

ところがなかなか思ったようにことの運ばないのがタイ、メークローン川まで出たかと思ったらそのままUターンしてさっきの船着き場まで戻ってきてしまった。
出発してまだ10分も経っていない。
まさか、これで50THBじゃないよな、と思っていたらさらに客が乗り込んできて再出発。

最初に訪れたのは運河を出た向かい側にあるワット・バーン(グ)ナーン(グ)シー・ヤイ。
ここで15分の停泊なんだそう。
タイ人客とともに上陸はしたもののお参りセットを買って参拝する気にはならず、かといって特に大きいとか綺麗というわけでもないので時間を持て余してしまう。

2つ目はワット・トーン(グ)クン(グ)。
ここも特色なし。2つ目ですでに飽きる。

次は運河に入っていきワット・バーン(グ)ケー・ヤイ。
ここでも15分。
う〜〜ん、そろそろ戻りたい。笑)
タイ人はお参り好きだよなと思っていたら船から下りずにいた人たちが2組いた。
へぇーそうなのか、タイ人もみんながみんなお参り好きというわけでもないんだ。
これは新しい発見。

4つめはワット・バーン(グ)ケー・グラーン。
さっきのがケー村の大きい寺でこれはケー村の真ん中の寺。


ワット・バーン(グ)ケー・ノーイ


大きな地図で見る

5つめは運河を出て北上。
ワット・バーン(グ)ケー・ノーイで意味はケー村の小さい寺。
大きいから始まって中、小ときたもんだ。
見学しているこっちもそうとう飽きてるけど寺の名前からもそのやる気のなさが伝わってくる。
近くにたくさん作ってしまったのできっと名前を考えるのも面倒になってしまったんだろうけどいいかげんにしろよ

と思ったが、それでもここは今までで一番豪華。
上陸してすぐのところには祠を中心に4方に立つ遊行仏とそれを2重に取り囲んで拝んでいる人々のモニュメント。(正確になんと呼んだらいいのかわからない)
中心部からは結婚披露宴のシャンペンタワーのごとく水が流れ落ちている。
仏像及び人形はすべて金色。

敷地内を進みサンダルを脱いで本堂に入ると天井近くには一瞬金箔でも貼ってあるかのような感じのみごとな浮き彫りがライトアップされていた。
これもなかなか立派。
サンダルを脱いであがるのが面倒くさくて入らなかったけどもしかしたら今までのお寺も本堂の内部はよかったのかも知れない。
それでもなんかこの3シリーズは逆な気がするな。

ワット・バーン(グ)ケー・ノーイを後にしてもうそろそろ戻るかと思っていたらそのままメークローン川を進んでいくボート。
雨雲がかなり濃くなっている。
これは来そうだなと思っていたら案の定スコール。
それでも船頭は先に進もうとしたが乗客の意見でアムパワーまで戻ることになった。

バンコクへ

アムパワー迄戻るとすでに土砂降り。
この雨じゃ他を見る気にもならずさっさとロットゥー乗り場に向かうとほとんど待たずに2台の車がやってきた。
中国人と先を争うようにして乗車、後から乗ってきた韓国人は最後席にさせられそうになり「次のバスにする」とごねたものの無理矢理押し込められる。
こういうのはねー、早い物勝ちなんだよ。

途中35号線で事故のため渋滞がひどくアヌサワリーに着いたのは7時をとうに回っていた。

今日のまとめをしておくと
・アムパワー行きのロットゥーは乗り換えなしで行けるようになり便利になった。ダムヌゥンサドアックも同じロットゥーで行ける。
・お寺好きにはいいかも知れないけどそうじゃない自分にとって今回のボートツアーは失敗。これならドンワーイ、タリンチャンの方がお勧め。
かな。


データ

移動手段

区間 移動手段 料金 所要時間 備考
アヌサワリー - アムパワー ロットゥー 80THB 1h30m CMPの一つ北側のソイから
アムパワー - アヌサワリー ロットゥー 80THB 2h20m 橋の近くの駐車場から
ボートツアー ロングテールボート 50THB 2h 5つの寺巡り 貸し切りだと500THBらしい


hf's アジア旅行記

since 2011/9/26