雑感

気候

カンボジアは予想してたより暑く、夜でも27、8度はあった。
今年のイーサーンは寒そうだったので用意したフリースもシュラフカバーも、それに長袖シャツですらここでは出番がなかった。
ところがラオスにはいりドンコーンに渡るとがらりと変わる。
東南アジアなので昼間の日差しはそれなりに強いのだがそれでもカンボジアよりは柔らかく、朝晩は長袖シャツ1枚着込んだくらいでは寒いくらいで寝ているときも夜中にシュラフカバーを被ったほどだった。

カンボジアの治安

6年前の時点ではプノンペンはまだまだ危険だと言われていて、夜間にホテルから離れた場所に飲みに行くようなことは考えられなかった。
今回は事前に情報を仕入れるに従ってかなり改善されていることはわかっていたが、実際もだいぶよくなったと感じた。
それはカンボジア人の表情がずいぶん軟らかくなったということからもうかがえたし、以前は夜のバイタクは危険だから乗らないようにと言われていたのにそれも安全に思われたからだ。
クラティエも街が暗いのでちょっと退いたが危ないのは足下だけで懐中電灯さえあれば少なくとも10時くらいまでは歩いていても問題なかった。

ナンバープレート

プノンペン市内を歩いているとナンバーの下にRCAFと書かれたナンバープレートをよく目にする。
その多くが高年式のランクルですごくえらそう。
特権階級には間違いない。
もしかするとRCAF=Royal Cambodia Air Forceなのかもしれないが、絶対にそうとは見えない女性や学生のバイクにまで付いていたりする。
そちらは軍人の家族か?
それとどうして陸軍じゃなく空軍なのだろうか。
タイと違って陸軍より空軍の方の力が強いのだろうか。

携帯電話貸し屋

カンボジアの街を歩いていると011とか012、015、016と書かれた50cm四方、高さ1m80cmくらいのガラス張りの、日本の電話ボックスを小さくしたようなブースをよく見かける。
しかしそのほとんどが使われていなかったり荷物置き場になっていたりだったので本来の用途がなんなのかよくわからなかった。
しかしそういうブースではなく立て看板に同じような番号と携帯電話の絵の描かれているものを見てふと思った。
この番号はもしかすると市外局番で、ガラス張りのブースはそこに掛けるための携帯を貸していたスペースで、携帯も普及率があがってしまったために使われなくなったのではないか。
実際にカンボジアでは携帯貸し屋(1日以上のいわゆる携帯レンタルではない)が商売として存在していると言う話は耳にしていたので、事実は不明だがだいたいそんなところではないだろうか。

クラクション

インドのようにカンボジアもクラクションを鳴らしまくる。
とりあえず前の車を抜くときは鳴らし続けるし、自転車の少年がいてもフラフラ走っているバイクがいても、牛でも水牛でも鶏でも鳴らしまくる。
タイもラオスもこういうことはなかったがベトナムはどうだったろうか。
それにこういう違いはどこに起因するのだろうか。


データ編

エアー

日付 区間 便名 機材 備考
12/27 BKKPNH FD3616 737-300 4,585THB
1/3 UBPBKK FD3321 A320 2,274THB。最新機材

いずれもAir AsiaWWWで予約・発券(Express Bordingを含む)

その他移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間
12/27 ポチェントン空港 - プノンペン市内 タクシー 9USD 15m
市内移動 バイタク/トゥクトゥク 1〜3USD  
12/29 プノンペン - クラティエ 乗り合いタクシー 20USD 5h
12/31 クラティエ - ドンコーン U−HONG G.H.の車 8USD 5h30m
1/1 ドンコーン - バン・ムアン(チャンパサック) マイクロバス 70,000k 4h
バン・ムアン - ワットプー フェリー+ローカルバス 30,000k 1h
ワットプー - パクセー フェリー+バン ヒッチ 2h
1/2 ホテル - タラート・ダオ・フン サムロー(側車付きバイク) 5,000k 10m
パクセー - ワンタオ(ラオス側国境) ソンテウ 15,000k 1h
チョンメック - ピブン 大型ソンテウ 40THB 1h
ピブン - ウボン ローカルバス 35THB 1h15m
ボーコーソー - ホテル トゥクトゥク 200THB 15m
ウボン市内 トゥクトゥク 80THB  
1/3 ホテル - 空港 ホテルの送迎 無料 10m

宿

日付 都市 ホテル名 料金 お勧め度 備考
12/27-28 プノンペン Hotel Paradise 24USD/day ☆☆☆☆
モニボン通りとシャルルドゴール通りの交差点に面している。
部屋はちょっと狭めながら清潔で、冷蔵庫、TV、電気ポット、セフティーボックス付きのダブルベッドのデラックスルーム。プノンペンという土地柄、セフティボックスが部屋にあるのはありがたがったが禁煙のはずなのに部屋がちょっとたばこ臭かった。
12/29-30 クラティエ Santepheap Hotel 30USD/day ☆☆☆☆
ベランダ越しにメコン川が眺められるデラックスルーム。
A/C、TV、冷蔵庫付きだがACアウトレットの半数以上が接触不良で使えなかったのが残念。
床を這っている虫がちょっと多い。
12/31 ドンコーン Don khong G.H. 60,000k ☆★
Fan、水シャワーの部屋。
古い木造建築。人が歩くと部屋が揺れるくらいの安普請で清潔でもない。
しかも40人以上のタイ人団体客がやってきてうるさく、朝食を頼んでもコーヒーすら持ってこなかったのでキャンセルして他所に食べに行った。
川沿いには他にも宿がいくつかあるのでここはお勧めしない。
1/1 パクセー Royal Pakse Hotel 15USD ☆☆
温水シャワー、A/C、TV、冷蔵庫付きの18m2くらいの狭くて暗い部屋。
1/2 ウボン トーセーン 1,200THB ☆☆☆☆
Agoda
で予約。
たぶん街で一番のホテル。
高級ホテルの常で中心地からちょっと離れているのが難点だが、セフティーボックス以外必要なものはすべてそろっていて広さも文句はない。
レストランも従業員、料理ともしっかりしている。朝飯のブッフェの内容が貧弱だったのだけが残念。

VISA

カンボジア オンアライバル 20USDあるいは1000THB 写真が一枚必要
ラオス 不要

カンボジアのイミグレ

その他費用

ワットプー入場料:30,000k

両替

12/25 1USD=34.9THB (タニヤの酒屋)

AC電源

カンボジア・ラオスともタイと同じ丸・平型兼用 220V

ガイドブック

Lonely Planet Vietnum、Cambodia、Laos 1st edition(2007)
旅行人ノート メコンの国 第4版 (2007)
地球の歩き方 アンコールワットとカンボジア 2001−2002

要不要品

あってよかったもの
長袖シャツ ドンコーン以降は寒かった
シュラフカバー ドンコーンの安宿で使用
懐中電灯 クラティエ、ドンコーンで使用
不要だったもの
フリース フリースが必要になるほどは寒くなかった
雨のときは出歩かなかった
洗濯道具 洗濯はクラティエの宿で頼むことができた
蚊取り線香 思ったより蚊は少なかった
トレッキングシューズ ワットプーで必要かと思っていたがサンダルのままでOK
サングラス、コンタクトレンズ カンボジア、ラオスともに埃がひどくてコンタクトをする気になれない。


since 2009/1/17

main