【雑感】

インドのトイレットぺーパー

前回は鼻風邪のために紙に苦労したので今回はバンコクのホテルから失敬して来た。
そこでインドのものと見比べてふと気がついた。
日本では最近はトイレットペーパーの芯がないものも出まわっているが、それでも普通はボール紙でできた芯ありだと思う。
でその芯は大体直径3cmくらい。
ところがインドのトイレットペーパーは豪快。なんと芯の直径が8cm位ある。
直径自体はタイのものも似たようなものだが、インド製は巻きの密度も薄くすぐになくなってしまう。
インドでも当然買えると思うが、お腹に自信がない人は日本製の物を持っていったほうがいいだろう。

鉄道ファンのことをこのように『鉄ちゃん』とか単純に『鉄』とか呼ぶが、トイトレインに魅かれてここ、ダージリンにも『鉄』おやじが一眼レフを構えていた。総勢10人弱くらいだろうか。
なかには子供づれの親子鉄もいたが、ほとんどがおやじ鉄。じじい鉄と呼べそうな人もいる。
みんな一様に長玉をつけて熱心に写真を撮っていた。
そろってきれいな格好をしているし、まとまった人数でいるということは同好会のツアーだったのだろうか。
ちなみに私は『鉄』ではない。

アンバサダー

インドの車といえばアンバサダーである。
デリーやカルカッタのほとんどすべてのタクシーがこの古めかしくてごつくて排ガス出しまくりのこのアンバサダーを使っている。
何十年も前のイギリス車のライセンス生産らしいが、ヘッドクリアランスが広いことを除けばいいところはまったくない。
内需の拡大という意味では純国産というのもいいだろうが、その独占状態に最近になって現代やスズキ、ホンダなどの外車がどんどん入って来た。
となると設計が古くて燃費も悪いアンバサダーは人気がなくなるのは資本主義では当然だろう。
カルカッタの空港でビールをおごってもらった日本人駐在員によると近ごろは外車におされて急激にそのシェアを落としつづけ会社存続の危機に陥っているらしい。
アンバサダーがなくなって外国製の車ばかりになったらカルカッタやデリーの空気も多少はましになるだろう。


【データ】

移動

4/29 TYO-BKK JL717 C
4/30 BKK-DAC TG321 C
DAC-CCU IC724 C 2時間遅れ
5/1 CCU-IXB IC721 C 1時間遅れ
バグドグラ - ダージリン タクシー 450Rs 3時間
5/3 ダージリン - ガントク 乗り合いジープ 120Rs 5時間
5/4 ガントク - シリグリ 乗り合いジープ 100Rs 3時間半
5/5 シリグリ-バグドグラ バイクで20分ほど 200Rs
IXB-CCU IC722 C 1時間40分遅れ

 
TYO:東京(成田) / BKK:バンコク / DAC:ダッカ / CCU:カルカッタ / IXB:バグドグラ


航空券

《TYO-BKK-TYO》
JL only CのBKK-TYO-BKKのTYO-BKK分ともう一枚のBKK-TYO分
バンコク 郵船トラベルで発券

《BKK-xDAC-CCU-BKK》
ノーマルC 19575THB
バンコク 郵船トラベルで発券
※DACがHIPになるためBKK-DAC//CCU-BKKのTG only CとDAC-CCUノーマルCを別きりにするより安かった。

《CCU-IXB-CCU》
ノーマルC 25,700JPY
有楽町 JALプラザで発券
※ICから『チケットの詳細を知らせろ』と入っていたので日本で発券した


宿泊

4/29 バンコク Ambassadar Hotel 2000THB
4/30 カルカッタ Shilton Hotel 300Rs
5/1~2 ダージリン Bellevue Hotel 330Rs
5/3 ガントク Hotel Norbu Gang 425Rs
5/4 シリグリ Hotel Mount View 300Rs
5/5 カルカッタ Astoria Hotel 600Rs
5/6 バンコク Embassy Sweet 2500THB

為替レート

1USD = 42.7Rs (カルカッタ空港のトーマスクックにて)



since 2000/05/10