雑感

左ミラーとクラクション

インドの車、特にTATAやMARUTI SUZUKIの小型車の左ミラーは最初から付いていない
付いている車もわざわざ折り畳んでいて付いている意味がない。
どうやら他車に接触して壊すくらいならないほうがいいというインド人なりの論理らしい。
ということはやはり進路変更などで周りをまったく気にしないということでもある。

ほら!ないでしょ。

そこで代わりとなるのがクラクション
前や横の車がちょっと近づいただけでピーピー、前の車が遅かったりバイクが道を譲らなかっただけでピーピー、ちょっと詰まっただけでピーピー。
たぶんこの国でクラクションがならなかったらきっと大変なことになるのだろう。


気候

シムラーもそこそこ寒かったがマナーリは本当に寒かった。
街の最低気温は6,7度と気温そのものはラダックのレーよりは高かったがホテルの部屋にはほとんど効き目の乏しい電気ストーブしかなくフリースを着込んで寝たほど。
このくらいの気温だと街を歩くにも手袋は必須。
インド人もセーターの重ね着やどこで手に入れたのかダウンジャケットを着ている者もいた。
ただし事前にインターネットで調べた最低気温マイナス10度というのは大げさ。
いったいいつの、どこの気温だったのだろうか。

これが平地に降りてきたとたんに35度以上の世界になりこれもインドの幅の広さである。
それでも乾燥しているので日陰に入ればこの時期のタイよりも涼しかった。


ルート設定

今回はデリーからチャンディガールに飛んだが効率性からみればマナーリに行くならクルの近くにあるブンタール空港まで飛ぶのが手っ取り早い。
しかし事前にロンプラで調べてみるとその路線を運行しているのはJason Airlinesという聞いたこともないキャリアで、しかもデイリーではなく週に3便。
これだけでも敬遠したくなるのに持ち込み荷物は10kgと書かれてあった。

ということは翻訳すると『機材はATRよりも小さく旅客数も少ないからもし一定数に達しなかったり天候が悪かったらキャンセルにすることもあり得る』ということだ。
ここからシムラーにも飛んでいてルート的には理想だったのだが、シムラーの方を読んでみるとやはり『小さな飛行機が天候がよければシムラーからクルに飛ぶ』と書かれてあった。

なので前回のドタキャンでひどい目にあったS2(サハラエアー)と今までの経験からなるべくJetairwaysで行けるところということでデリー - チャンディガールという路線になったのである。


ダラムシャラー

チベット亡命政府がありダライラマ14世の住んでいるダラムシャラーには以前から興味があった。
今回も計画段階ではそのつもりでいたのだが途中で予定を変更したのには二つの理由がある。
ひとつめは日程的な問題。
デリー2泊、チャンディガール1泊を必須とすると残りは現地4泊しかできない。
マナーリには是非とも行きたいのでとなるとダラムシャラーには2泊、いや移動を考えたら1泊しかできないかも知れない。
しかしそうすると移動、移動の繰り返しになってしまう可能性が高い。
ふたつめは時期的な問題。
チベット暴動に端を発した北京オリンピックボイコット運動があちこちで行われているが、なんといってもダラムシャラーはダライラマ14世のお膝元。
強圧的な中国政府が主張しているようにダライラマが煽動しているわけでは決してないとは思うが、半月前も起きたようになにかのデモ行為が行われると急進的なチベット人とインド軍ないし警察との衝突も考えられる。
そういうことは避けられるなら避けた方がいい。
そういうわけで今回はダラムシャラーはお預けとなったのである。


今回の反省点

今回の反省点は2つある。
結果的にはなんとかなったもののひとつはUSDのキャッシュを用意していかなかったこと。
この旅行のために10,000THBほど引き出しておいたのに、前日まで何かとせわしなく両替できず、空港へ行って替えればいいやと思っていたらラウンジで酔っぱらっているうちに忘れてしまったのである。
文中にも書いたがインドではすべてのATMがすべてのカードを受け付けるわけではない。
今回も4カ所で共通で使えたのは日本のクレジットカードだけだった。

2つめはデリー到着時の車。
Radio Taxiという案内に沿って歩いていくとプリペイドタクシーカウンターがなく、しかもそのRadio Taxiとやらは事前予約が必要らしく、インチキ旅行会社の白タクのわなにまんまとはまり750INRも取られてしまったこと。
復路半額の法則(空港からの復路は往路の半額程度になる)によると空港から市内へは300〜400INR程度が相場だろう。
じっさい国内線ターミナルからのプリペイドタクシーは205INRと良心的だった。
そもそも歩き方に乗っていたのに空港の構造、とくにプリペイドタクシーカウンターの位置を頭に入れておかなかった自分が悪い。


データ編

エアー

日付 便名 区間 予約クラス 備考
4/12 TG315 BKKDEL D
機材は(ERではない)777-200で新型シートの10”PTV付き。
Wendy Tourで予約・発券。
諸費用込み往復で34,460THB
4/13 9W733 DELIXC M 737-700。Jet AirwaysのWWWで予約・発券。
往復プラス諸費用で8,680THB。
4/18 9W2733 IXCDEL M
最新機材の737-800。
オンデマンドPTV付き革シートながら3時間のディレイ。
なぜか便名が734から変更になっていた。
4/19 TG316 DELBKK D 777-200

BKK:バンコク、DEL:デリー、IXC:チャンディガール

その他移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間
4/12 デリー空港 - ホテル タクシー 750INR 50m
4/13 デリー市内 - デリー空港(国内線) オートリクシャー 150INR 40m
チャンディガール空港 - バスターミナル タクシー 250INR 20m
チャンディガール - シムラー セミデラックス(?)バス 122INR 4h30m
4/15 シムラー - マナーリ デラックスバス(HPTDC) 415INR 8h30m
4/16 マナーリ - オールドマナーリ往復 タクシー 200INR -
マナーリ - Hidmara Temple オートリキシャー 50INR -
Hidmara Temple - マナーリ オートリキシャー 50INR -
4/17 マナーリ - チャンディガール デラックスバス(HPTDC) 415INR 8h30m
4/18 ホテル - セクター1 オートリキシャー 70INR -
ホテル - チャンディガール空港 タクシー 150INR 15m
デリー空港 - ホテル プリペイドタクシー 205INR 30m
4/19 Rajiv Chowk - Chawri Bazar メトロ 6INR -
ホテル - デリー空港 オートリキシャー 200INR 50m

宿

日付 都市名 ホテル名 料金 お勧め度 備考
4/12 デリー City park 150USD ☆☆☆☆
Agodaで予約 CATV、セフティボックス、ミニバーを備えた4つ星ホテル。
街の中心からは外れているが新しくできたメトロの駅が近くにあるので観光するにもそれほど不便ではないだろう。
目の前は大きな公園になっている。
4/13-14 シムラー Hotel Amber 1100INR/day ☆☆☆★
同じ広さで850INRの部屋は見晴らしが悪かったので最上階の1100INRのダブルベッドの部屋にした。
A/Cはむろんファンすらないが標高2000m以上の高地にあるため必要ない。
シャワーは壊れていたがバケツが用意されていたのでそれにお湯をためて使った。
The Mallまで離れているのが難。
レストランはベジのみ。
4/15-16 マナーリ Kunzam 1030INR/day ☆☆☆☆
HPTDC
直営の宿。ホットシャワー、電熱ヒーター付き。
停電が多かったものの窓から雪山が見え何となく落ち着ける。
二階にバーが設置されていて、一階のレストランでもインドでは珍しいことに食事をしながら飲むことができる。
ツアーデスクがあり手配が可能。
4/17 チャンディガール Hotel Sunbeam 2095INR ☆☆☆
パタヤにある同名のホテルとマークがにているが系列だろうか。
レセプションでもらったパンフレットには観光省から4つ星をもらっているようなことが書かれていたがエントランスと、バスタブ(!)がひび割れたままになっており、何十年前に星をもらったのかは不明である。
このタイプの部屋しか空いていないと言われたスーパーデラックスだったのでベッドルームはそれなりに広いがバスルームはかなり狭い。
当然A/Cと冷蔵庫はあるもの部屋にセフティボックスはなかった。
4/18 デリー Metropolitan Hotel 200USD ☆☆☆☆★
Agodaで予約。225USDからポイント利用で25USD割り引き。
以前のニッコー・メトロポリタン。
さすが200USD以上する5つ星だけあって設備もサービスも上々。
難点は思っていたよりコンノートプレイスから離れていたのとレストランの値段の高さ。

その他

4/16 ロタン峠へのツアー タクシーチャーター 900INR ただし土砂崩れのため途中までしか行けず
4/19 ジャママスジット タワー入場料50INR カメラ持ち込み料200INR 下足番20INR

要不要品

あってよかったもの

フリース シムラー、マナーリはかなり寒かった
カード類 USDの現金を手配していくのを忘れた
下痢止め ひどい下痢ではないがちょっと緩くなった
洗濯セット 必須
iPod 音楽とともに『水曜どうでしょう』の『’06 ヨーロッパ完全制覇』と『’05 激闘!西表島』を持っていったが暇つぶしによかった。
高度計・コンパス付きの腕時計 それなりに役だった。
リップクリーム 雨続きのマナーリ以外はやはり乾燥していた。

使わなかったもの

蚊取り線香:シムラーもマナーリもあれだけ寒いとさすがに蚊はいない。

現地で買ったもの

折り畳み傘(130INR):マナーリは雨続きだった

ガイドブック

Lonely Planet India
12th edition (2007)
観光地でない途中の街もくわしく出ているのでプランを作成する際に使いやすいがいかんせん分厚くて扱いに困る。
地球の歩き方 インド
 05-06
シムラーはたったの1/4ページ、マナーリはクルとあわせて2ページのみでしかも宿情報無し。チャンディガールは載ってさえいなかった。
このガイドブックは有名観光地以外では使えない。


since 2008/05/09

main