雑感とデータ

雑感

気温

前日のNHKでカルカッタの最高気温が41度となっていたが今回の目的地であるガントク、ダージリンの夜はけっこう冷え込んだ。
iPhoneのアプリによるとガントクの最低気温が12度、ダージリンは11度、朝日を見に行ったダージリン郊外のタイガーヒルではたぶん7、8度まで落ちていたはずだ。
タイガーヒルではヒートテック2枚重ね+シャツ+薄手のフリース。
夜寝る時でもヒートテックの上下は必要だった。
また、ガントクでもダージリンでも夕方近くになると雨が降った。(雨季は6月からだとダージリンのドライバーは言っていた)


バクシーシ

やはり商売している人の多くがチベット・シッキム系の人たちのせいもあるだろうがガントク、ダージリンでは一度もバクシーシ(チップ)と言われなかった。
とうぜんカルカッタでは空港にいきなりバクシーシじじいがいたりするんだけど。


データローミング

今回はインド着が深夜であること、翌日には地方に行ってしまいカルカッタのまともなショップでのSIM購入が困難であったため事前にタイでデータローミングの申し込みをしていった。

ところがこれが最初から問題が発生していた。
通常ローミングパッケージの申し込みを行うと確認のSMSが間も無く送られて来るのだが、5days(1400THB)のパッケージ+1day(350THB)のパッケージx2日分、計7日分を申し込んだにもかかわらず送られてきたのは5日分だけ。
タイではありがちなことなのでオペレータが操作を間違ったんだろうなとAISへわざわざ足を運び確認してもらうとSMSは送られてはいないものの7日分の適用はされているとのことだった。

ところが6日目の終わった4/17の深夜にAISから「現在のパッケージは切れました。使い続けるなら多額の料金が発生しますのでご注意ください」という内容のSMSが送られてきた。
幸いホテルのWiFiが使える状態だったのでWWWで電話番号を調べタイのコールセンターに電話し事情を説明すると確かに今日の分の適用はされていないとのこと。
再度確認したのは何だったんだ。。
しかしここでオペレータに怒っても拗ねられるだけなので今日の分を適用するように依頼した。
「SMSが送られますのでご利用はそれ以降にしてください」とのことだったので待っていたが10分たっても一向に送られて来なかった。
再度コールセンターに電話。
別な担当者が出たので最初から事情を説明、状態を確認してもらうとすでにパッケージ適用はできているとのことだった。

これで法外なパッケージ料金を請求されたらまたAISまで行かないといけない。

ちなみにインドでのデーターローミングパッケージ適用はAirtelのみなのだが、ガントク、ダージリンは3Gは繋がるものの速度は数百kb程度でしかも不安定、何度も機内モードにしなければならなかった。
しかしそれでもまだカルカッタよりはマシでカルカッタでは3Gの電波を捕まえることは一度もなかった。


Flash Air

東芝製のWiFi機能付きSDカード。
普段持ちのPowershot S100に16GB版を使っていて便利だったので今回は32GB版(2,990THB)を奮発して購入、EOS 60Dに入れて使ってみた。
S100に比べると画像サイズが大きいので一枚の転送に数秒かかりその間にスリープしないようカメラ側を操作し続けなければならないという面倒さはあるものの、撮ってすぐにFaceBookにアップできるのは便利だった。
ただカメラ側のバッテリーの減りがかなり早く、今までの倍から3倍の勢いでなくなって行ったのでスペアバッテリーはあった方が安心だろう。


データ

エアー

日付 区間 便名 機材 備考
4/11 BKKCCU TG313 330 TGのサイトで予約発券。13,240THB
4/12 CCUIXB 6E503 737-800
Indigoのサイト
で予約発券。往復で10,877INR。
フライト時間は40分。
4/17 IXBCCU 6E504 737-800
4/19 CCUBKK TG314 330
マイルでCクラスにアップグレード

その他移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間 備考 
4/11 カルカッタ空港 - ホテル(Park st) プリペイドタクシー 310INR 25m  
4/12 ホテル - カルカッタ空港 タクシー 350INR 45m ホテルのセキュリティーが呼んだら空港からよりも高かった。到着時にメーターに表示されていたのは110INR
バグドグラ空港 - ガントク プリペイドタクシー 2233INR 3h50m
基本料金2,070INRになにやら色々付いてこの料金になっていた。
ガントクタクシースタンド - ホテル(MG marg) タクシー 150INR   上り坂を延々と登ることになるのでここはタクシーが無難。
4/13 MG margタクシースタンド - メインタクシースタンド タクシー 200INR    
ガントク - ダージリン ジープチャーター 2,000+100INR 4h30m
前日にガントク付近観光をしてもらったタクシーの言い値は2,500INR、ところがホテルでは3,000INRだったので前日のタクシーを呼んでもらおうとしたら面倒臭いのかタクシースタンドに行った方がいいようなことを言われたのでそちらで。
ダージリンのClub sideというのは本来のタクシースタンドではなくもう一つ先のタクシースタンドだったらしくインドではよくあることながら追加で100INRを取られた。(ただしそれを利用するかどうかは選択可)
乗合ならドライバー込みで3列12人乗りなのでそれならたぶん1/10くらいで済むはず。
4/17 ダージリン - バグドグラ空港 タクシー 2,500INR 2h50m 選挙の関係か乗り合いジープは運行していないぽかった。
カルカッタ空港 - ホテル プリペイドタクシー 280INR 1h20m 運転手はオベロイホテルを知らず英語も話せず、、
4/18 Park st - Maiden 地下鉄 5INR    
Maiden - Park st 地下鉄 5INR    
サダルストリート - カルカッタ空港 タクシー 350INR 40m 最初の車は450INRと言ってきたので笑い飛ばしてやった。

宿泊

日付 都市名 ホテル名 料金 お勧め度 備考
4/11 カルカッタ Shiraz Hotel 1,930THB ☆☆☆☆
ちょっと狭いけど新しくて清潔なホテル。
インド料理メインの朝食ブッフェは種類も豊富で美味しかった。
Agodaで予約。
4/12-13 ガントク Oriental Hotel Guantok 2850+tax239
=3089INR/day(=6,178INR)
☆☆
MG Margに面した宿。
初日にチェックインして部屋に入ると間も無く停電
向かいのホテルや街灯の明かりがついているのにそもまま夜中まで回復せず。
当然のようにシャワーは水(こちらは電力の回復した翌日も変わらず)で髪を洗うのみ。
掛け布団はあったもののベッドは板のように硬かった。
部屋に電子式のセフティボックスはあったが停電でどうやって使うのだろうか。
1階にあるレストランではアルコール提供なし。
Lonely Planetには良さそうなことが書いてあったが料金を考えるとあまりお勧めできない。
4/14-16 ダージリン Old (main) Bellevue Hotel 1,500+tax150
=1,650INR/day
☆☆☆★
こちらもロンプラお勧めの宿。
オールドスタイルながらリノベーションされていると書かれており、たしかに床のフローリングは綺麗だし雰囲気はいいのだがトイレをフラッシュすると配管から水が漏れて来て焦った。
それでも電熱タンク式なので温水シャワーを久しぶりに浴びれた。
また、チョウラスタに面しているので場所的には便利だしネルー通りには車が入って来れないのでインド特有のクラクションの嵐に悩まされることもない。
連泊しても掃除やゴミ捨て、ベッドメイクは入らず、朝食なし、当然セキュリティボックスはおろかクローゼットもない。
しかし「ロビーでしか使えない」と言われた無料WiFiは部屋でも充分使えた。
なお、タクシースタンドからここに来る間に同名のホテルがあり、繋がっている様子もなかったので偽物かと思っていたら新館のようだった。
4/17 カルカッタ The Oberoi Grand Hotel 5,070THB ☆☆☆☆★
館内も室内もヨーロッパのホテルを思い出させるようないい雰囲気でさすがカルカッタ1を誇るだけある。
La Terrasseというレストランの料理も非常に美味しかったがやはり値段はかなり高く、覚悟が必要。
ミニバーのビールもシングフィッシャーの小瓶で250INR++もしていた。
(外のBar&Restaurantなら大瓶でも200INRしない)
NTT Docomo提供のWiFiは30分だけ無料で1日パッケージは990INR。
外国人の利用が多いためかコンセントにはプラグアダプターが最初からついていた。
Agodaで予約。

その他

日付 費目 料金 備考
4/13 ガントク観光 2,000INR
ホテルでタクシーチャーター
Sikkim Flower Festival Flower Exhibition Centre
(植物園)
10INR  
チベット博物館 10INR
館内は撮影禁止
banjhakri falls energy park 40INR 入場料+車+カメラ
4/15 ダージリン観光 2,200INR タクシーチャーター。Club sideのタクシー乗り場で前日に申し込み。
立ち寄り先は増えるもののホテルでは3,500INR言われた。
  タイガーヒル 20INR
  動物園+HMI 100INR
+10(カメラ)
 
  ロープウェイ 150INR
往復 40m
  洗濯 240INR 下着上下+靴下3セット。近所の洗濯屋に出しているようで一つ一つカウントされていた。
4/16 ダージリン登山鉄道Joy Ride 340INR
旅行者向けグム往復一等車(と言っても片道20INRの普通列車二等車とたいして変わらない)。
バタシアループで10分、グムで30分の停車。
4/18 インド博物館 150INR+50INR(カメラ)
バッグは預けさせられる。
  ビクトリア記念公園 4INR
博物館を見るなら外国人料金は150INR。

両替

4/10 1USD=32.27THB タニヤの酒屋で
4/11 1USD=56.13INR カルカッタの空港のWeizmannで
4/15 1USD=55INR ダージリンのLaden La通りの店。表の看板には59以上の数字が書かれていた。

要不要品

あってよかったもの
フリース ガントクとダージリンは寒い。 
ヒートテック肌着上下  
リップクリーム 思ったとおり乾燥していた。
持って行けばよかったもの
LEDライト ガントクの停電が長くて懐中電灯代わりに使えるはずのiPhoneバッテリーがなくなった。
いらなかったもの
洗濯セット 洗濯は宿で頼んだ。
折りたたみ傘  一応もっていったけど雨が降っている時は室内にいたので使わず。
紛失品
プラグアダプター ちょうどぴったりのものをガントクの宿に忘れて来た。

ガイドブック

地球の歩き方 インド '07-'08
Lonely Planet India 2013 (5th edition) PDF版


since 2014/4/27

main