雑感とデータ

雑感

通信事情

到着が深夜で多分すぐにはSIMを買うことができないし、購入してもデータ通信ができるようになるのに3,4日かかるという俄かには信じられないような情報があったので、今回は現地SIMは入手せず、AISのデータローミングパッケージを契約した。

ということでAirtelの回線を使うことになったのだがムンバイは3-4MBくらい出ていてストレスフリー、しかしブージに着いてからはずっと「圏外」となって電源をオフにしようが機内モードにしようが使えず、結局データローミングをいったんオフにしたらやっとAirtelの電波を掴むようになった。

インドは州によってキャリア名が変わったりするのでもしかするとそれが原因かも知れない。
そして使えるようになったデータローミングだったが3Gにはならず激遅のEdgeだった。

上記のようなことをFBにアップすると「ムンバイも場所による」とインド在住の友人から書き込みがありムンバイに戻ってきたら部屋ではくそ遅いEdge、レストランでは圏外になってしまった。
市内でもマリンドライブ辺りは快適なのでアンテナの数が不足しているのかもしれない。


気候

ブージは乾季のようで空気はカラカラに乾いて埃が舞い上がり、気温も明け方は10度近くまで冷え込みヒートテックの上下が役に立った。
アウランガバードも晩にオートリキシャーに乗っているとシャツ一枚では寒かった。
ムンバイの夜は心地よいくらいで昼間はやはり暑い。


JetAirways

最初のころはサービスもよかったのにもうこのキャリアはAir India以下だと思う。
多少のディレイは仕方ないとしても国内線で4時間遅れるってなんだよ。
シートもボロボロになっていたし、料金からしてもLCCじゃないはずなのに機材繰りとかもギリギリなのか?
今後はやっぱりIndiGoを優先的に使うことにしよう。


Radio Taxi

初日の車が良かったのでムンバイ空港からはその後もTab Cabというタクシーを利用した。
国際線も国内線もカウンターで手数料を払いRadioタクシー専用乗り場で待つ仕組み。

電話番号を聞かれるのでどうやら携帯にSMSが送られてくるようだったが、ローミングだと告げるといらないと言われた。
ところがそれが裏目に出て2回目のドライバーは電話番号がない場合の操作がわからず手間取り、3回目は当然連絡もなく40分も待たされ、けっきょくそちらを諦め普通のプリペイドにした。
時間と手数料を無駄にしてしまった。


データ

エアー

日付 区間 便名 機材 備考
12/27 BKKBOM TG317 777-200 往復で20,095THB TGのWWWで予約。
12/28 BOMBHJ 9W340 737-800
往復で9,855THB。9WのWWWで予約。40分のディレイ
12/30 BHJBOM 9W307 737-800 20分のディレイ。チェックインさせられた荷物が出てくるのに30分くらいかかった。
12/31 BOMIXU 9W2511
->S21511(便名変更)
737-700
4時間のディレイながら地上でのミールサービスは無し。
往復で6,375THB。 9WのWWWで予約。
機材はATRから737に変わったようだ。
1/2 IXUBOM 9W2512 ATR72 なんと予約が10/2で入っていたことがチェックイン時に判明。
変更ができないチケットだったので新規発券。orz
珍しく今回はディレイなし。
7,737INR。
1/3 BOMBKK TG318 777-200 インド便でもムンバイ線はカルカッタ線とかに比べて客が比較的上品な気がする。

BOM:ムンバイ、BHJ:ブージ、IXU:アウランガバード

その他移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間 備考
12/27 ムンバイ空港 - ホテル タクシー 715INR 1h 空港で申し込んだTAB Cabという会社のタクシー。
カウンターで80INRを払いあとはメーター。
ちゃんとACが機能していた新しいスズキ車。
12/28 チャーチゲート - インド門 オートリキシャー 22INR   30INR渡したら「釣りがない」と言われた。
ホテル - ムンバイ空港 タクシー 700INR 1h AC付きリッターカー。
ブージ空港 - バススタンドロード タクシー 600INR 20m ACなし。高いので3人に確認したが協定料金だったらしい。
ブージ市内 オートリキシャー   30INR  
12/29 ホテル - アーイナーマハール オートリキシャー 50INR  
12/30 ムンバイ空港 - ホテル タクシー 676INR 1h10m TAB Cab。
最初にカウンターで60INR支払いあとはメーター+tax+有料道路。
トヨタのVIOS。
12/31 チャーチゲート駅 - マハーラクシミ駅 電車 5INR  
降りる駅に気がつかず2駅乗り越し
バイキュラ駅 - ヴィクトリアターミナス駅 電車 5INR 10m
出札も検札も改札もなし。たぶんほとんどの場合はタダで乗れる。
ヴィクトリアターミナス - ホテル タクシー 40INR    
ホテル - ムンバイ空港 タクシー 700INR 1h 先日と同じ歯欠けのじいさん
1/1 アウランガーバード空港 - ホテル プリペイドタクシー 500INR 20m たまたま同じホテルだった日本人とシェア。
1/2 アジャンター シャトルバス 15INR 10m
エコなグリーンバスのはずだったのだが、普通のディーゼルバス。
ムンバイ空港 - ホテル プリペイドタクシー 631INR 50m TAB Cabを頼んだら40分待ってもやってこないのでプリペイドタクシーにしたらむしろこちらの方が高いというマジック。
1/3 チャーチゲート - インド門 タクシー 30INR 10m  
インド門 - エレファンタ島 渡し船 160INR
(往復)
1h
エレファンタ島内 ミニ列車 5INR  
歩くより若干早い
エレファンタ島 - インド門 渡し船   1h  
インド門 - チャーチゲート 乗合タクシー 15INR 10m インド門やチャーチゲートからは軽のワンボックスタイプの乗合タクシーが多数出ているようだ。
チャーチゲート - ハッジ・アリー タクシー 95INR 20m 最初のタクシーは200と言い次のタクシーは「行かない」と。
ハッジ・アリー - チャーチゲート タクシー 92INR 15m  
ホテル - ムンバイ空港 タクシー 700INR 1h20m 有料道路はあえて使わなかったが渋滞するのはその区間の前後なのでけっきょく10分くらいしか変わらない。

宿

日付 都市名 ホテル名 料金 お勧め度 備考
12/27 ムンバイ Ambassador hotel 4,182THB ☆☆☆★
ちょっと古めだがセフティボックスもありそこそこの設備。
ただしこの料金なのにシャワーがなかなか熱くならなかったりとタイに比べるとやはりコストパフォーマンスはかなり悪い。
WiFiはロビーでのみ利用可。
Agodaで予約。
12/28 ブージ ILARK hotel 2,800INR+tax
=3358INR
☆☆☆
タクシーで連れて行かれたここの近くのOasisというホテルは当日しか空いてなかったので荷物を担いだまま1時間以上も街中を歩き回ってみたが、少なくとも外見は汚そうなところしか見当たらず結局ここに戻ってみるとこちらも明日は空いていないらしかった。
ロビーと、かろうじて部屋でもWiFi利用可能。
ブージでは最高級らしいけどシャワーはほとんど水のままで部屋が非常にナフタリン臭い
12/29 ブージ Odhav G.H 310THB ☆なし
Agodaに最後まで残っていたボロ宿。
シャワーはなくバケツで水浴び、トイレは便座なし・紙なし。
バスタオルはないし、ゴミ箱、石鹸もなし。
つまり持ち帰られてしまう可能性のあるものは何もない。
さらに壁も塗装がはげかかっていて汚かったが唯一よかったのは充電できるコンセントがあったこと。
ブージの宿を5軒当たってどこも満室で直前にAgodaで予約。
12/30 ムンバイ Ambassador hotel 4,163THB ☆☆☆★
先日よりちょい広め、お湯もちゃんと出たが、枕元、ライティングデスクにコンセントがない。
WiFiも部屋では使えず、携帯の電波はEdgeが辛うじて。
部屋の雰囲気はクラシカルでなかなかいいんだけどこれじゃ出張には使いづらいだろ。
Agodaで予約。
12/31-1/1 アウランガーバード Keys hotel The Arure 4,247THB/2days ☆☆☆☆
セフティボックス、WiFi、コンセント、液晶TVにソファーと必要なものは全部揃っている。
しかし2日目のシャワーはお湯にならず、セフティボックスはなぜか使えず、WiFiも初日は使えず、6時に仕上がるはずのランドリーはこちらから言って夜の11時過ぎにやっと持ってきた。
Agodaで予約。
朝食は付いてないはずだったがチェックイン時に付いていると言われOKだった。
1/2 ムンバイ Ambassador hotel 4,395THB
(Exective Room)
☆☆☆★
この日は料金がDeluxeと大して変わらなかったのでExectiveにしてみたが、バスルームが広くなり手すりやバスタブがついた代わりにベッドルームは狭く(ベッドもダブルからツインへ)なっていた。
枕元近く(ライティングデスクの足元)にコンセントがあったのが幸い。
この日は部屋で3Gが入った。
身障者用の特別部屋だったのかバスルームに手すりが多数設置されていた。
Agodaで予約。

その他

日付 施設名 料金 備考
12/29 プラクマハール 20+
50(カメラ持ち込み料)INR
アーイナーマハール 20+
50(カメラ持ち込み料)INR
カッチ博物館 50+
100(カメラ持ち込み料)INR
シャラドバウグ宮殿 10+
20(カメラ持ち込み料)INR
12/30 White Sand Desert 2,700INR+パーミッション250INR
Laxmi Tours&Travelsで車をチャーター
1/1 エローラツアー 1,800INR 空港のプリペイドタクシーカウンターで申し込んだ。SKODAというメーカー。
エローラ 250+10(駐車料金)INR
ダウラターバード 100+10(駐車料金)INR
ビービー・カ・マクバラー 100INR
アウランガーバード石窟 100INR
1/2 アジャンターツアー 3,200INR 前日と同じ車をチャーター。片道2時間半
アジャンター施設利用料 10INR  
アジャンター駐車場 30INR  
アジャンター 250INR
1/3 エレファンタ島入域料 5INR  
エレファンタ島洞窟 250INR

両替

12/23 400USD=13,168THB タニヤの酒屋
12/27 300USD=16,500INR ムンバイ空港のThomas Cook

あとはATMで5,000INRを引き出し

要不要品

あってよかったもの
ヒートテックの長袖下着上下 ブージの明け方は冷え込んだ
LEDライト エローラ、ダウラターバードで有効。
いらなかったもの
アウランガーバードとエローラで雨が降ったものの傘をさすほどではなかった。
寝袋カバー ヒートテックを着ていればこれを使う必要もなかった。
フリース ギリギリでいらなかった。
EF50mmF1.4 せっかく持っていったが今回は出番がなかった。

ガイドブック

地球の歩き方 インド 2014-2015 kindle版
Lonely Planet 15th edition Oct/2013 デジタル版



since 2015/1/26

main