雑感

気温

ナガランドのコヒマは昼間はTシャツでも汗ばむくらいだが夜は15度くらいまで落ちシャツの上にもう一枚薄手のブルゾンを着た。
寝るときも毛布2枚がけ。
暖炉には薪がくべられ、使わなかったが部屋には電熱ヒーターも用意されていた。
冬は相当寒いのだろう。

それとは打って変わってオリッサ州ブバネシュワールは日中の最高気温が40度
乾燥しているため思ったほどではないが日向ではクラクラ来る。


通信事情

今回もAISのデータローミング

前回と違ってカルカッタでも快適に4Gが使えていたのにナガランドでは空港に到着して以来全くAittelの電波を捕まえずiPhoneを再起動してもだめ。
マニプール州も同じ。
Googlemapはコヒマの宿で地図をダウンロードしておいたから使えたしFBは宿でしかできないのは仕方ないのだが、困ったのはインパールから先のフライト。

インパールの宿のWiFiは遅くて使い物にならず苦情を言ったらビジネスセンターのPCを使わせてもらえてIndigoの予約を入れいざ決済という時になってカード会社から(タイの)携帯にワンタイムパスワードを送ったとのこと。
携帯が電波を捕まえていないので当然それは使えない。
そのため翌日にわざわざ空港のチケットカウンターまで出かけて行って購入することになってしまった。
(他の国ではローミングしてなかったらOTP認証はなかった気がする)

またブバネシュワルでも最初は圏外だったがiPhoneを再起動したら電波を捕まえるようになった。
戻ってきたカルカッタでも同じ症状が出て何度か再起動してもだめ、モバイルデータ通信をオフにして再起動した使えるようになった。
もしかするとナガランドでもこうすれば使えたかもしれない。

インドでは州が変わるとローミング扱いになるためこういうことはよくある。

後ほどAISのサイトを見てみたら7シスターズはローミング除外エリアになっていた。
使えなかった日数分はAISのオフィスに出向いて払い戻しをしてもらった。

キャッシュ不足

キャッシュ不足には本当に困った。
インド政府はタンス預金をちゃんと銀行に預けさせ収支を明らかにし税収を上げることを目的に昨年末に突如500INRと1,000INR札の利用停止を発表し大混乱を引き起こしていた。
今回の旅では事前にデリー在住の友人に確認し混乱はだいぶ収まったとの話を聞いていたので安心して出かけたがそうは問屋が卸さないインド。

まずカルカッタで両替した際は2,000INR札を大量に渡され空港のプリペイドタクシーカウンターでさえ受け取りを拒まれて戸惑った。
結局ホテルやそのレストランくらいでしか使えないのでそこで使って細かくしたのだが、さらに控えていたのはもっと大きな問題だった。

ナガランドに到着したのは金曜の夕方。
宿の人に両替について尋ねると明日のツアーの前に銀行によって行けばいいと言われたのでそうしてみたらSBIもICICIもAXISも第二第四土曜日は休業日でアウト。
ならばとATMに足を運ぶと行くATM、行くATMことごとくキャッシュなし。
宿の主人によるとそういう状況ではたぶん月曜にならなければ補充されないだろうということで、この時点でキャッシュが不足しておりもし目的地であるモン村方面に行ったならさらに状況はひどくなるだろうことは目に見えていたので、モン行きを断念。(さらに日曜は公共交通機関が全て休業になるという事情も)

結局月曜まで待ち3カ所の窓口で両替を断られ、その日3つ目のAXIS bankのATMでキャッシングすることができた。
後ほどインパールで読んだ地元紙によると年末度決算のためアッサムのSBIで現金不足になり普段はそこからデリバリーされている東北部各州でこのような状況に陥っていたのだという。

教訓:インドでは両替は期待せずキャッシングできるカードを(使えないカードもあるので)数枚持って行くのがよい。


オンアライバルVISA

今回はカルカッタの空港でオンアライバルVISAの取得を試みた。
陽気な係官は冗談を言ったり上司にやり方を聞きに言ったりお茶の時間になったりで他に利用客はいないのに30分程かかった。
その入国審査官自身が言っていたようにe-VISAを事前取得して行った方がスムーズだろう。


今回の試練

インドでは毎回何か問題が起きる。今回は、、

1 カルカッタの空港で両替はできたものの渡された2,000INR紙幣は大きすぎて街中でほとんど受け取ってもらえないことが判明。
2 カルカッタからディマプールへのフライトでチェックインバッゲージとして預けたバッグの2カ所のファスナーが壊されていた。
3 コヒマについた翌日、両替をしようと銀行に足を運ぶと第二第四土曜日は休業日。さらに街中のATMはどこもキャッシュなし。
4 キリスト教色の強いナガランドでは日曜は安息日のため商店のみならず公共交通機関もほとんどが運休。目的地に行くには6,000INRも払って車をチャーターするしかなかった。
5 今回もAISの国際ローミングを申し込んでいったのだが以前と違いカルカッタでは快適に4G回線が使えていたのにナガランド及びマニプールでは一切使えなかった。(オリッサでは再起動したらOK)
6 インパールのホテルのWiFiが遅くて使い物にならなかったのでビジネスセンターと称するPCを借りて翌々日のフライトの予約をしようとしたらSNSが使えないためクレジットカードの認証が通らず。
7 ナガランドもマニプールも禁酒州で街中で飲めるところはなし。
8 ギックリ腰発症
9 カルカッタ - ブバネシュワルのIndigo便が機材トラブルで2時間半のディレイ。
10 カルカッタへ向かうタクシーが空港に近づくと「あと50INR払え」と言ってきたが最初に言ってなかった料金を払うつもりはなかったのでそこで降りて歩いてターミナルまで向かった。

やはりインドは毎回毎回対応力を試される。


データ

移動

エアー

日付 区間 便名 機材 備考
4/6 BKKCCU 6E76 320
インドのLCCであるIndigoを国際線では初めて使ってみたがディレイもなく乗客のマナーが悪いようなこともなく全く問題ないレベル。
有料ながらアルコールも飲めた。
IndigoのWWWで予約、往復で7,593THB
4/7 CCUDMU 6E377 320
IndigoのWWWで予約。4,642INR
4/12 IMUCCU 6E875 320 IMUの空港で発券。6E3869と合わせて8,705INR
CCUBBI 6E3869 320neo
機材トラブルで別機材に乗り換え、2時間半のディレイ
4/14 BBICCU 6E411 320neo IMUの空港で発券。5,742INR
4/15 CCUBKK 6E75 320

CCU:カルカッタ DMU:ディマプール IMU:インパール BBI:ブバネシュワル

DMUCCUも取っていたが旅程の都合上そちらは破棄。
また今回はすべてのフライトを6E=Indigoで組んだがCCUBBIの機材トラブル以外はキャリア自体も客も全く問題なかった。


その他移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間 備考
4/6 カルカッタ空港 - ホテル プリペイドタクシー 380INR 45m
4/7 パークストリート - ダムダム メトロ 10INR 20m  
ダムダム - 空港 タクシー 250INR 20m  
ディマプール空港 - コヒマ タクシー 2500INR 4h30m
半分が悪路
4/10 ホテル - インパール行きsumo乗り場 ホテルの車 200INR 10m  
コヒマ - south point terminal sumo貸し切り 700INR 1h 本来のシェアなら70INR。
south point terminal - マオポイント タクシー 150INR 15m ボーダーをまたぐ感じで走っているらしい。
マオポイント - セナパティ sumo 200INR 2h
このままインパールまで行くのかと思っていたらセナパティで降ろされる。
セナパティ - インパール バス 70INR 2h30m
通路すら満員
バス停 - ホテル 乗り合いリキシャー 10INR 5m バスに乗り合わせた人が案内してくれた。
4/12 ホテル - イママーケット リキシャー 100INR 10m  
カングラ南門 - War Cemetary リキシャー 100INR 10m  
ホテル - インパール空港 リキシャー 300INR 20m  
ブバネシュワル空港 - ホテル プリペイドタクシー 300INR 10m すごく近い
4/14 ホテル - リンガラージュ タクシー 200INR 10m  
ラジャラーニ - ホテル リキシャー 50INR 10m  
オリッサ州立博物館 - ブバネシュワル駅 リキシャー 50INR 5m  
ブバネシュワル駅 - ホテル プリペイドリキシャー 52INR 5m  
ホテル - ブバネシュワル空港 タクシー 350INR 10m 空港近くになって400INRと言ってきたので100INR紙幣3枚と、穴が空いて誰も受け取ってくれなかった50INRを渡して降りた。
カルカッタ空港 - ホテル プリペイドタクシー 280INR 1h10m  
4/15 ホテル - カルカッタ空港 タクシー 400INR 40m
土曜の朝は空いているようだ。

宿泊

日付 宿泊地 ホテル名 料金 お勧め度 備考
4/6 カルカッタ The Park 4,516THB ☆☆☆☆
サダルに近いパークストリートにある立派な高級ホテル。
今日のは朝食なしだったので別途795INRを支払った。
Agodaで予約。
4/7-9 コヒマ Razhu Pru 2,500INR/day ☆☆☆★
朝食付き WiFiあり ツアーアレンジ可能。
夕食も別途500INRで頼むことができる。
古い邸宅を利用している宿で女主人が親切、この辺りの観光情報も詳しくてロンプラでもイチオシ。
4/10-11 インパール Imphal hotel 1,900INR/day ☆☆☆
朝食付き WiFiはあるけど遅すぎて使えず。
この街では名門らしいClassicと観光協会のJVだそうでツアーデスクがあり各州ツアーが用意されているのは便利。
コヒマの宿から電話で予約してもらった。
4/12-13 ブバネシュワル Fortune Park Sishmo 4,830THB/2days ☆☆☆☆
レストラン以外にバーもあり、ルームサービスは24h対応で助かった。WiFiも強力で快適。場所も旧市街と新市街の間くらいで便利。1時間のレイトチェックアウトは無料にしてくれた。当日にAgodaで予約。
4/14 カルカッタ The Park 3,110THB ☆☆☆☆★
スイートにアップグレードされた。
お湯が熱くならなかったのだけが残念。
種類豊富で美味しい朝食付き。
本来は3,970THBのところポイント利用。Agodaで予約。


その他

費目 料金 備考
ロタレイクツアー 2,500INR ホテルで車をチャーター
ロタレイクボートトリップ 800INR 2つの浮き島に上陸する30分のコース。10分のコースなら300INR
Keibul Lamjao国立公園 300INR  
sadu chiru waterfall 30INRx2 途中の道と駐車場で徴収された。
マニプール州立博物館 50INR カメラをはじめ荷物はすべて預けなければならなかった。
ウダヤギリ-カンダギリ-コナーラク 2,300INR タクシーをチャーター
ウダヤギリ入場料 200INR  
カンダギリ駐車場 30INR  
コナーラク通行料 30INR  
ダウリ通行料 30INR  
コナラク 太陽寺院入場料 500INR  
リンガラージュ寺院 ドネーション 200INR ノートには2,000INRとか3,000INRとか書いてあるがたぶんでたらめ。
ラジャラニ 200INR  

VISA

オンアライバルVISA 2000INR++ クレジットカードで支払い



since 2017/5/10

main