雑感

気候

出かける前に確認した天気予報ではこの時期のルアンパバーンの最高気温は41℃で最低気温が22℃、バンコクは最高38℃、最低でも28℃程度だった。
たしかにルアンパバーンで昼間に日の当たる場所を歩いているとくらくらするほどの暑さだが、この寒暖の差が示すように湿度は低めなので日陰はバンコクほど暑くはない。
ましてやノーンキアオでは朝晩は涼しく川面を通ってくる風が心地よかった。

物価

国内に第二次産業がほとんどなく工業製品を周辺諸国からの輸入に頼っているラオスはそういうものの価格は当然タイよりも高め。
やすいのは国内で生産している水やビアラオくらい。
そしてそれは製油所を持たないガソリンにも反映されているようで、トゥクトゥクはちょっとした距離でも20,000Kや30,000Kを要求してきて明らかにバンコクのタクシーより高い。
ちなみに最近タイで増えている天然ガスやLPGを利用できる車両は見かけなかった。

タイガー(タイのメーカーおよびそのバイク)

たしかタイのカワサキに勤めていたタイ人が興した会社だったと思う。
見た目はホンダのカブそのもの。
フロントサスペンションは(ボトムリンクでない)テレスコピック、ブレーキはデュアルポッドのディスクブレーキになっていてそれなりの格好はしている。
だが走り始めるとすぐその違いに気づく。
まずギアが入りづらい。
安物のMTBの変速ギアがそうであるように一発でカチッと決まらず、『ガラガラガラガラ、ガチャン』という感じでやっと変速できる。
さらに速度を40km/hくらいだしていくと全体的に振動が出てきてカウル周りから『バキッ、ピシッ』と今にも割れそうな音を出す。
また燃料計はデジタル(?)で借りたときにEを指していてガソリンを2L入れたらFを振り切り、それ以来いくら走ってもその針が下がることはなかった。
タイのメーカーなのにタイではほとんど見かけないのもちょっとくらい安いからといってあえて買う人がいないからだろう。
(タイ人は見えるものには見栄を張る)


データ

移動

エアー

日付 区間 便名 クラス 備考
5/1 BKKVTE TG690 Y
737-400 往復で9005THB TGのWWWで予約。
5/2 VTELPQ QV101 Y
ATR72 朝一番の109便がフライトキャンセルになりほぼ3時間遅れの次の便に変更させられた。
QVのWWWで予約。78USD
5/9 VTEBKK TG691 Y
737-400 CAは鶏並みの頭(?)

BKK:バンコク
VTE:ヴィエンチャン
LPQ:ルアンパバン

その他交通

日付 区間 交通手段 料金 所要時間 備考
5/1 ヴィエンチャン・ワッタイ空港 - ホテル プリペイドタクシー 6USD 10m  
5/2 ホテル - ヴィエンチャン・ワッタイ空港 トゥクトゥク 40,000K 10m  
ルアンパバーン空港 - 市内 タクシー
(ワンボックス車)
50,000K
(6USD)
10m  
5/3 ルアンパバーン市内 トゥクトゥク 20,000K    
ルアンパバーン - ノーンキアオ スローボート 140,000K 6h
5/4 ノーンキアオ - ムアンゴイ スローボート 20,000K 1h20m
公共のボートが出るのは11時と2時
ムアンゴイ - ノーンキアオ スローボート
チャーター
200,000K 1h
5/5 ノーンキアオ - ルアンパバーン ミニバス 50,000K 4h 人が集まればソンテウは8時半、バス、ミニバスは13時発。
ここのミニバスは地元民用でA/Cも効かずぼろい。
5/6 ルアンパバーン - ワンヴィエン ミニバス 115,000K 6h
ツーリスト向けミニバス。
椅子のロックが壊れて(?)いた。
ワンビエン新バスターミナル - ホテル 乗り合いトゥクトゥク 10,000K 10m 新バスターミナルはワンビエンからルアンパバーン方向にかなり離れているので歩くのは無理。
5/8 ワンビエン - ヴィエンチャン VIPバス 50,000K 4h
韓国製おんぼろ中古バス。A/Cはあっても効かず。
5/9 ホテル - タートルアン トゥクトゥク 30,000K    
タートルアン - タラートサオ トゥクトゥク 23,000K    
タラートサオ - ホテル トゥクトゥク 20,000K    
ホテル - ヴィエンチャン・ワッタイ空港 トゥクトゥク 140THB 10m  

宿

日付 都市名 ホテル名 料金 お勧め度 備考
5/1 ヴィエンチャン Inter City Hotel 48.19USD ☆☆☆★
メコン川の望めるデラックスルーム。
A/C、TV、冷蔵庫、セフティボックス付き。
数日前に泊まったスタンダードルームに比べて窓が大きく開放感がある。
Agodaで予約
5/2 ルアンパバーン Saynamkhan River View Hotel 40USD ☆☆☆★
ルアンパバーンでの定宿
カーン川側の広めの部屋でホットシャワー、A/C、TV、冷蔵庫、コンセントあり。
ベランダに接した1階(45USD)に比べ2階の部屋は窓が小さめ。
5/3 ノーンキアオ Nong Kiau Riverside 230,000K ☆☆☆☆
ホットシャワー、ファン、ベランダ付き バンガロータイプの部屋は窓も広くとってあって明るく川を挟んで目の前に絶壁がそびえている。
ただしホットシャワーはいつになってもお湯にならなかった。
コンセントあり。
5/4 ノーンキアオ Seng Dao G.H. 70,000K ☆☆☆
ホットシャワー、ファン、ベランダ付きのバンガロータイプ。
ちゃんとお湯は出るものの値段相応の暗くて狭い部屋。
ここにもコンセントあり。
5/5 ルアンパバーン Saynamkhan River View Hotel 35USD ☆☆☆☆
3日前に45USDといわれた部屋が35USDになった。
ウィークデー料金か?電球が切れていたりしたので交換させる。
1階のベランダ付きで客は他におらず快適。
5/6-7 ワンビエン Elephant Crossing Hotel 30USD ☆☆☆☆★
ここも目の前が川というロケーション。
一面がほとんどガラス窓になっていて明るく眺めがいい。
A/C、冷蔵庫、TV、ファン、ベランダ付き。
さすがロンプラお勧めだけあってコストパフォーマンスも抜群。
5/8 ヴィエンチャン Inter City Hotel 48.19USD ☆☆☆☆
メコン川の望めるデラックスルーム。A/C、TV、冷蔵庫、セフティボックス付き。
角部屋で先週の部屋よりさらに広くなった。
Agodaで予約

その他

項目 料金 備考
ワットシェントーン拝観料 20,000K
貸し自転車(ノーンキアオ) 15,000K 3h
貸しバイク(ワンビエン) 50,000K/day  
カヤック&チュービングツアー 100,000K
ワンビエンリゾート入場料 5,000K バイク込み
タムチャン洞窟 15,000K
ラオス人は大人10,000K、子供5,000K
ナムソム橋通行料 10,000K
バイク込み外国人料金
タートルアン 5,000K
ラオス人は2,000K

物価

水 500ml 2,000~3,000K

両替

日付 レート 備考
5/2 1THB=242.43K ヴィエンチャン・ワッタイ空港のPhongsavanh Bank
5/4 1THB=230K ノーンキアオの郵便局
5/5 1THB=240K ルアンパバーンのLuagpabang Exchange
ただし二度もごまかそうとした。

*ルアンパバーンのBCELのATMでタイのキャッシュカードを使うことができた。1トランザクションあたり手数料20,000K。

ガイドブック

地球の歩き方 ラオス '08-'09
Lonely Planet Laos 6TH Edition (2007)

要不要品

役に立ったもの
座布団
ルアンパバーン-ノーンキアオの船で利用
洗濯セット(+洗面台の栓) 移動続きだったので洗濯を頼むわけに行かず洗濯セットは必須。
懐中電灯 ノーンキアオ、ワンビエンの洞窟で利用
3つ口コンセント
A/Cケーブルの長さが足りない場合にも有効。
使わなかったもの
ウィンドブレーカー そこまでは必要なかった。
蚊取り線香 蚊は部屋の中ではどこもそんなにひどくなかった。
雨期に入ったと言っていたがまだあまり降らなかった。

since 2009/05/11

main