雑感とデータ

雑感

気候

11月頃のKLはそうだった記憶があったのでもしかして雨季かと直前になって少々心配になってきたがマラッカで雨が降るようなことはなく傘はいらなかった。
昼間の炎天下はさすがに汗ばむが気温もそれほど高くなく過ごしやすい。
夜間は風もあってさわやか。

ナンバープレート

マレーシアのナンバープレートには標準の大きさというものがないらしい。
各車ごとにプレートホルダーの大きさ・形に合わせて横長だったり、短かったり、あるいは台形だったり。
識別番号は英字3文字に数字4文字とシンプル。
(末尾にもう一つ英字が付いている車もたまにいた)
どうやら英字部分が州を表しているようだが、地域・車種・ひらがなに数字4桁と複雑な日本と比べるとそれだけで足りるのか不思議に思えてくる。

マレーシア人

旅行者が普段接するマレーシア人は華人が多いのか、どこに行っても仕事はてきぱきしている。
特に感じるのがレストラン。
店員の数はタイの三分の一と日本並みで、それでいて客が手を挙げるとさっと寄ってくるし客の注文を忘れることもない。
タイにすんでいるとあのトロさ、いい加減さが東南アジアの標準と誤解してしまうがどうやらマレーシアは違うらしい。

それともう一つ気づいた違いはマナーのよさ。
旅行でBTSを使ったことがある人はわかるだろうがタイ人はきちんと列にならばないし平気で割り込みもするしされた方も何も言わない。
(だから改善しない)
普段はそれが当たり前になっているのでちゃんと並んでいない奴の前には自分も平然と割り込んでいる。(じゃないと他の奴に割り込まれる)
しかしマレーシアは違う。
Samudera Museumに来ていたインド系のガキどもは別にして他の人はきちんと順番を守る。
また狭い通路の途中で立ち止まっていてもこちらが近づいていくと『ソーリー、ソーリー』とすぐによけるがタイ人はこれができず、エスカレーターの降りたところや階段の途中で何も考えずに立ち止まり、他の人の迷惑になろうがどうしようが全く無頓着。
この違いはどこからくるんだろうか。
やはりイギリスなどの先進国に統治されていたからだろうか。
タイもそういう時代が多少でもあれば変わっていただろうにな。

トライショー

タイのサムロー、インドのリキシャー、ベトナムのシクロなどと同様の自転車タイプのタクシー。
サムローとリキシャーはこぎ手の後ろ、シクロは前に客が乗るがマラッカのトライショーは左側に乗る。
(たしかミャンマーがそのタイプだったような気がする)
いずれもハデハデの飾り付けがされていて、音楽を大音量でガンガン鳴らしながら走っているものもある。
夜は夜でキンキラキンの電飾付きで昼も夜もとにかく目立つがもしかすると安全確保の意味もあるのかもしれない。

クリックすると動画が再生されます

LCCT(KLIAのAir Asia専用ターミナル)

元貨物専用ターミナルだったものを改造しただけあって作りは殺風景でどことなくバスターミナルか体育館を連想させる。
しかしメインターミナルにはさすがに劣るもののマックにスタバといった定番店舗はもちろんのこと、免税店も両替所もバー(さすがにビールは街の倍以上したが)もある。
なによりも専用ターミナルなので歩く距離が少ないのがいい。
メインターミナルとは20kmも離れているため他社便との乗り継ぎは面倒だろうが、KLへはたった9MYRのバスをAir Asiaが運行しているらしいし、マラッカへはどちらからもタクシーしか選択肢がないので関係ない。
乗り継ぎさえなければこれで全然問題ないと思う。


データ

エアー

日付 区間 便名 備考
12/5 BKKKUL AK735
機材は320。シートナンバー14F(Advance Seat Request Feeは250THB)はExit Rowで足下が広い。
12/7 KULBKK AK750
A/Cから水蒸気が噴出し霧のようだった。

Air AisaのWWWで予約。Advance Seat Request Fee込みで9,077THB

その他交通

日付 区間 移動手段 料金 所要時間 備考
12/5 KLIA - マラッカ プリペイドバジェットタクシー 159MYR 2h 空港からマラッカへ直行できる移動手段はタクシーのみ
12/6 オランダ広場 - ホテル トライショー 14MYR  
12/7 マラッカ - KLIA プリペイドバジェットタクシー 160MYR 1h50m
ホテルのトラベルデスクで手配

宿

日付 都市名 ホテル名 料金 お勧め度 備考
12/5-7 マラッカ Hotel Equatorial Melaka 5,964THB/2days ☆☆☆☆
Agodaで予約。
新市街に建つ22階建ての高層ホテル。
セフティボックスなど設備は一通りそろっているが少々くたびれており現在リノベーション中。
朝、セットしておいたアラームが鳴ったらシステムコントロールパネルのすべての機能が躁作不能になった。
チャイナタウンまでは歩いて10分ほど。
近くにカルフール(スーパーマーケット)や7-11があるのは便利。

その他


マラッカ・スルタン・パレス見学料
2MYR

スタダイス見学料
5MYR

ババ・ニョナ・ヘリテージ見学料
8MYR

Samudera Museum(海の博物館)見学料
3MYR

ビラ・セントサ見学料
10MYR
(強制ドネーション)

両替

1MYR=10.32THB スワンナプーム空港のSiam Commercial銀行  
1MYR=8.84THB スワンナプーム空港のSiam Commercial銀行 再両替は非常にレートが悪い。5MYR札は両替を拒否された。

ガイドブック

地球の歩き方 マレーシア ブルネイ '09~'10

要不要品

使わなかったもの
雨は降らなかった

 



since 2009/12/9