雑感

気候

マラケシュに到着した夜の街角の温度計によると17度と長袖シャツだけだとちょっと肌寒いくらいの気温で、朝もちょっとだけフリースを引っ張り出したほど冷えた。
そのくらいでもモロッコ人はチュニジア人同様この程度でダウンジャケットや厚手のコートを着ている。
メルズーガの砂漠の日の出前は10度とこちらはマジで寒いがウィンドブレーカを着て砂丘を登っていくうちに汗ばんできた。
車で移動している昼間は直射日光が強いためにシャツ1枚でも汗ばむほど暑い。
よく砂漠では四季の変化が1日のうちに訪れるというが今回メインとなった南モロッコではそれがよく実感できた。

食事

ほぼ毎日タジン(煮込み料理)クスクス(スムールという粒々の極小パスタに野菜・肉などを乗せたもの)を食べていた。
あとはこれにモロッカンサラダかハリラ(豆のスープ)がつく程度。
いずれもモロッコの代表的な料理でモロッコ人も毎日食べているらしい。
共通するのは野菜がたっぷりでよいのとチュニジアの時と同じく量がとにかく多いこと。
さすがに全部は食べきれなかったがそれでも毎回腹がいっぱいになって次の食事時間になってもあまり腹が減っていなかった。
これは体重が増えるパターンなので帰ってから体重計に乗るのが怖い。
店によって味はだいぶ違い、当たり前だけどうまい店はうまいが値段には依らないらしい。
でもこればかりだとやはり飽きる。

ツアーについて

旅行の日程や訪問先を他人に合わせたり気を使ったりするのが面倒なので本来ツアーは好きじゃない。
しかし交通の便が悪くしかも言葉もよく通じない地域においてローカルな移動手段で効率よく旅行するのは難しいということをチュニジアで痛感させられた。
なので今回はそれを踏まえてインターネットで見つけた現地発ツアー(そもそもタイ発のモロッコツアーなんて旅行フェアーで見かけただけだし、わがままでとろいタイ人連中と団体行動するのはストレスがたまる)を手配したのだが、金額的にはけっこうしたものの結果的にはよかったと思う。

たとえばメルズーガの砂丘を訪れるとしたら公共交通機関では無理なのでいずれにせよ現地発短期ツアーに申し込まなければならないはず。
だとすれば申し込みも少なくとも前日には行わなければならないからそこですでに余分に1日を要することになっただろう。
また1人で車を占有できれば移動中に好きなところで車を止めて写真を撮ることが出来るが公共交通機関でそれはかなわない。
さらに今回のように交通機関のストライキに遭遇したらそれだけでもう手も足も出せなくなる。
結論として、状況もよくわかり言葉も理解できる国、あるいは移動をあまり伴わない都市部またはリゾート限定以外で、日程的に余裕がないのであればやはり事前申し込みのできる現地発ツアーがよいと思う。


データ編

エアー

日付 区間 便名 予約クラス 備考
4/10 BKKCDG TG930 M->I
38,000マイルで片道アップグレード。
機材は747ー400だったがシートは最新で快適。
二階席のヘッドビンに荷物が入らないとかで占有スペース100”ほどの一番前のしかも隣も空いている席に移動になり一段とサバイサバイ。
フライト時間12時間、さすがにこれだけ長いとCクラスのありがたみを実感できる。
CDGCMN AF2496 (Y)
A318 ほとんど満席 フライト時間3時間。
機内食は餌レベル。
CMNRAK AT411 (Y)
747-400から737-800への機材変更で大混乱。
特に必要でもないが格安航空会社並みに機内サービスはいっさいなし。
40分のフライトに対して40分のディレイ。
4/16 RAKCMN AT404 (Y)
737-500 足元は結構余裕がある。
4/17 CMNCDG AF2197 (Y)
A320 頼んだ赤ワインをちょっと待ってと言ったきり持ってこなかった。
無いならないでそういえよ。
機内食はしっかり冷え切っていてまずいしサービスもTGにだいぶ劣る。
AFは必要がなければ乗りたくないキャリアだ。
4/18 CDGBKK TG931 M 747-400 AFに比べ足元に余裕はあるが今時珍しくPTVなし。
読書灯も切れていて本も読めず。
TGはやはり777系(特に200ER)の機材がいい。

BKK-CDG-BKK:Wendy tourで予約・発券。47,900THB
CDG-CMN-CDG:Wendy tourで予約・発券。17,890THB
CMN-RAK-CMN:RAMのWWWで予約・発券。489DH

BKK:バンコク・スワンナプーム空港
CDG:パリ・シャルルドゴール空港
CMN:カサブランカ・モハメッドV世空港
RAK:マラケシュ

その他交通

日付 区間 移動手段 料金 所要時間
4/10 マラケシュ空港 - ホテル プチタクシー 150DH 15m
4/15 ジャマ・エル・フナ - ホテル カレーシュ(馬車) 150DH 20m
4/16 ホテル - マラケシュ空港 プチタクシー 80DH 15m
カサブランカ空港 - カサ・ボヤージュ駅 電車 35DH 30m
カサ・ボジャージュ駅 - ホテル プチタクシー 40DH 10m
4/17 カサブランカ市内 - カサブランカ空港 グランタクシー 250DH 30m
パリ・シャルルドゴール空港 - オペラ ロワシーバス 8.9EUR 1h
4/18 パリ市内 地下鉄 1.6EUR  
オペラ - パリ・シャルルドゴール空港 ロワシーバス 8.9EUR 1h

宿

日付 都市名 ホテル名 料金 お勧め度 備考
4/10 マラケシュ Hotel Mont Gueliz 470DH ☆☆☆☆
新市街のモハメッドV通りの交差点に面し向かい側に大きなAsimaというスーパーマーケットがあって便利。
設備も大きさも典型的な中級ホテルで部屋はそれほど広くないがもう一つのベッドが置かれてあった場所にソファがあってくつろげる。
廊下の電気がつかずドアの鍵穴を探すのに苦労したが総合的にはこの料金なら納得できるだう。Ksour Voyagesで手配。
4/11 ザゴラ Hotel Riad Salam (ツアーに含まれる) ☆☆☆★
歩き方によると最近川向こうの新興ホテル街に客を奪われて寂れつつあるというもと4つ星ホテルでその記述はたぶん正しい。
砂漠にかこまれたこんな場所なのにプールがあったり、今回のツアーのホテルで唯一酒の飲めるバーがあったり、レストランも割とまともだったのだが、やはりここも廊下に明かりが無くて鍵穴を探すのに苦労したり、A/Cがついていて感心したもののブレーカーが落ちているらしくスイッチがONにならなかったり、ベッドの上の電灯が2つとも付かなかったり、冷蔵庫はあるものの電源が入っていなかったりと4つ星にしてはメンテナンスのまずさが目立つ。
正規料金がいくらするかわからないがこれだったら新しいホテルに客を奪われるのもやはり納得できる。
4/12 メルズーガ Auberg du Sud (ツアーに含まれる) ☆☆☆
砂丘に面したカスバ風の宿。
設備は貧弱だが雰囲気はいい。
ホテル発ラクダツアーあり。
アルコールの提供はしていないがレストランへの持ち込みは無料で可能。
部屋に一つだけ有ったコンセントは使えた。
(電力は太陽電池に頼っているようだったが夜でもOK)
4/13 スコーラ Kasba Ait Abou (ツアーに含まれる) ☆☆☆
スコーラに増えているというカスバを利用した宿で快適さを求めるのではなくその雰囲気を楽しむならいいだろう。
ヨーロッパ人に人気があるらしく他にも客が2組いた。
危惧していたコンセントも使えてシャワー・トイレも(共同でなく)付いていた。
敷地内でテント泊もできるようだ。
食事は遊牧民風の屋外のテントで。
こちらも酒の持ち込みはOK。
4/14-15 マラケシュ Hotel Mont Gueliz 470DH ☆★
この料金では本来はこっちなのだろうが到着時とは打って変わって狭い部屋。
A/C、TVはあるがセフティーボックスはない。
しかもレセプションのすぐ上でうるさく耳栓は必須。Ksour Voyagesで手配。
4/16 カサブランカ Novotel casa city center 129USD ☆☆☆☆
カサポール駅の目の前にある新築のホテル。
大型液晶TVにインターネット接続(ただし有線なので使えず)、セフティボックス、ミニバーとモロッコでもさすがにこれだけ出せばやはりちゃんとしている。
マラケッシュの宿の倍以上の料金だが広さも倍、ソファーがあってくつろげる。
難点は窓が小さめなのとバスルーム・トイレが狭いことか。
Agodaで手配。
4/17 パリ Millennium Opera 207USD ☆☆☆
歴史を感じさせるテーブルやイス、クラシカルなエレベータと雰囲気を楽しむのであればいいだろうが、部屋はかなり狭くてシングルベッド。
アメリカのホテルチェーンのような快適さを求めるのであればあてが外れる。
オペラガルニエの近くで交通の便はいいが自分としてはコストパフォーマンスは低く感じた。
Agodaで手配。

その他費用

項目 費用 備考
3泊4日ツアー(マラケシュ-ザゴラ-メルズーガ-スコーラ-マラケシュ) 8100DH Ksour Voyagesで手配
バイア宮殿 10DH  
ダル・シ・サイド工芸博物館 10DH  
ティスキウィン博物館 20DH  
マラケシュ博物館+2カ所 60DH  

両替レート

日付 レート 両替場所
4/9 500EUR = 23,805THB(1EUR = 47.61THB) スワンナプーム空港のTMB BANK
4/10 300EUR = 3281.38DH(1EUR = 10.94DH) カサブランカ空港のBMCE BANK
4/15 50EUR = 548.9DH(1EUR = 10.98DH) マラケシュのジャマ・エル・フナ近くの両替所

電源

220V Cタイプ:変換プラグが必要。
タイでもサヤームパラゴンで手に入った。

物価

水500ml 2.75DH(マラケシュのスーパー)〜 12DH(カサブランカの空港)
1.5l 4.25DH(マラケシュのスーパー)〜 5DH(ザゴラの商店)

要不要品

役に立ったもの
ウィンドブレーカ、フリース 砂漠の朝晩とパリは寒かった。
懐中電灯 ホテル内でドアの鍵穴が見えないことが多かった。
洗濯セット 連泊がほとんどなかったので洗濯を依頼できず自分でこまめに洗濯した。
しかし砂漠では乾燥していたのであっという間に乾いた。
3個口A/Cコンセント カメラに、PDA、携帯、iPodと電源を必要とするものが多いが安宿ではコンセントの数が少ないので有ると便利。
ブロアーブラシ カメラの埃払い用ブラシ。砂漠の砂を入り込ませないために。
リップクリーム サハラは乾燥しているので唇がカサカサになった。
耳栓 戻ってきたあとのマラケシュの宿はレセプションのすぐ上でうるさかった。
忘れたもの
サングラス サハラは日差しが強力で目が疲れた。バッグに入れたはずが入れ忘れたらしい。
かゆみ止め メルズーガのホテルでちょっと蚊に刺された。これも入れてあった気がしていたのだが。
使わなかったもの
折りたたみ傘 雨は降らず。

その他特記事項

・X7510のスタイラスを落とした。
・iPodの(非純正)A/Cプラグが壊れたのでHTC Diamond用で代用。
・GoogleMap+GPSを使ってみたかったので現地で購入したJawal(Morroco telecom)と書かれたSIMカード(30DH)はHTC Diamondではデータ通信には使えず。



since 2009/4/26

main