雑感

気候

ヤンゴンは一日中雨が降り続いているという情報をその時にヤンゴンに出かけていた人のTwitterで入手していた。
タイのように夕方にざーっとくるスコールならその時だけ雨宿りしていればいいのだが一日中となると持って行くカメラもどうするか躊躇する。
なので直前まで悩んだのだが、マンダレーもヤンゴンも一日中降っているということはなく少なくとも観光に支障をきたすほどではなかった。
(この時期でもマンダレーは雨が少ないらしい)


ジーンズ姿

インドの主だった大都市でもそうなんだから自然な流れなのだろうがヤンゴンの若者の間では少しずつロンジーからジーンズ姿に移行しつつあるようだ。
しかも若い女性ではスカート姿もちらほら。
海外からの情報、物資も入りつつあるということなんだろうか。


右ハンドル・右側通行

相変わらず日本の中古車の多いミャンマーだがタクシーに乗っていて追い越しの際にふと違和感を感じた。
それは日本と逆の右側通行であること。
それでもみんながみんな右ハンドル。
慣れてしまえばそんなものなのかも知れないが走りづらくはないんだろうか。
そういえば同じ右側通行で右ハンドル車の輸入を禁止したのってベトナムだったっけ?


日本車

日本の古い車ばかりのミャンマーにも多少変化が訪れているようだ。
タクシーは20年、30年前のオンボロでACの効く車は皆無だったが、ヤンゴンの町中を歩いていると高年式の日本車が目に付くようになっていた。
車種はマークU、マークX、アルファード、ハリアーなどたぶん日本からの輸入であるものに加えて、VIOS、YARISいったタイ製と思われるトヨタ車で相当高いと思われる。

しかしタクシーの一部は中国製の小型車が使われていた。


プリブックミール

行きも帰りも食事時間帯だったのでAirAsiaで初めてプリブックミール(機内食)を予約してみた。
プリブックミールとはAirAsiaで事前予約が必要な有料の機内食のことでそれぞれ99THB。
行きはカオパットパック(野菜炒飯)で味がしなくてまずかった(プリックナンプラーも付いていない)が帰りのガパオガイ(鶏肉のバジル炒め)はまあまあ。
といってもこれがまずい店はほとんど経験が無いしどこで食べても無難と言えば無難な料理だ。
量・味共に30THBの7−11並みと言えばそうなのだが隣のタイ人カップルがカップヌードルと水に2人で340THBも払っていたことを考えればお得かも知れない。


データ

移動

日付 区間 便名 機材 備考
8/11 BKKRGN FD3770 320
たった1h15mのフライト。プリブックミール、税・サーチャージ込みでトータル5,788THB
予約後ひと月も経たないうちにFDがBKKMDL線を10月から運行するとアナウンスがあった。
8/11 RGNMDL W9211 ATR72
往復で242USD Sanay Travelで発券。サンドウィッチの機内食あり。
8/13 MDLRGN W9416 ATR42
W9120からの前倒し変更 1h40mのフライト
8/14 RGNBKK FD3773 320  

RGN:ヤンゴン MDL:マンダレー
FD:AirAsia W9:エアーバガン


その他移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間 備考
8/11  ヤンゴン空港 - 市内 タクシー 10USD 40m 空港のプリペイドタクシーカウンター
市内 - ヤンゴン空港 タクシー 5,000K 45m 国際線ターミナルに降ろされてしまい国内線まで歩いた。
マンダレー空港 - 市内 タクシー 12,000K 1h マンダレー空港は相当へんぴな場所にある。
8/12 市内 - マンダレーヒル ソンテウ 500K 30m
洪水対策なのか、なぜか極端に前下がりのソンテウばかり。
クドードォ・パヤー - パレス モータサイ 700K 10m 日本語を話せる男が次の日の貸し切りを期待したのかここは異常に安かった。
パレス内(門からの往復) サイカー(リキシャー) 1500K    
63st - シェウナンドー モタサイ 1,500K 3m 歩いてもいける距離だった。
シェウナンドー - ホテル タクシー
(と呼んでいた軽トラ)
4,000K 20m  
8/13 ホテル - マハムニパヤー - 空港 タクシー 25,000K   ホテルからマハムニパヤーは10分、空港へは50分。20年くらい前のマークUでパワーウィンドーは動くもののACは当然動作せず。
ヤンゴン空港 - ホテル タクシー 8,000K 35m 国内線ターミナルのプリペイドタクシーカウンター。30年以上前の2ドアミラージュだった。
8/14 ホテル - シュエダゴンパヤー タクシー 2,000K 20m  
シュエダゴンパヤー - アウンサン博物館 - ホテル タクシー 4,000K 30m アウンサン博物館は月・火休館だった。
ホテル - ヤンゴン空港 タクシー 7,000K 45m  

宿泊

日付 宿泊地 ホテル名 料金 お勧め度 備考
8/11-12 マンダレー Universe Hotel 25USD ☆☆☆
壁は塗装がはげ落ちていてカーペットはジメジメしている値段相応な中級ホテル。
ACはあるもののガスが抜けているのか初日はいっこうに涼しくならなかった。
(修理させたら多少冷えるようになった)
WiFiもフリーだがドア付近でないと電波は拾えずしかも遅すぎて実用に耐えず。
冷蔵庫付きで冷えたビールが用意されていたのだけは○だったが翌日は言い出すまで補充されず。
1階の中華レストランの料理はおいしい。
宿泊客は上半身裸で歩き回っているような長期滞在風我が物顔の人民多し。
8/13 ヤンゴン East Hotel 80USD ☆☆☆
スーレーパゴダ通りに面していてロケーションはよく部屋も新しくて清潔。
しかしバスルームはなく、なぜかベッドから丸見えのシャワーブースとドアなしの狭いトイレがマイナス。
お湯が出るまで3分くらいかかると案内係に言われたらやはりその通りだった。
もしかしてパタヤのハードロックホテルのように設備の古いローカルホテルをホテルチェーンがテコ入れした?
液晶TV、無料WiFi、セフティーボックがあったもののセフティーボックスはエラーになっていて使えず。
レセプションにTripAdviserのCertificateが置かれてあったように最近のバジェットホテルのポイントは押さえているがいかんせん80USDというのはオーバープライス。
従業員はレセプションはもちろんのこと、ウェイトレス、ボーイに至るまで英語はぺらぺらで全館禁煙なのは非喫煙者としては喜ばしいこと。
しゃれていて値段はリーズナブルなレストランが1階にありアジア各国の料理が楽しめる。
Agodaで予約。

その他費用

場所 費目 料金 備考
スーレーパヤー 入場料 2USD
下足預かりで1000Kを要求されたがドネーションボックスに20Kや50Kが入っているのを見て拒否し自分で手に持って境内に入る。
マンダレーヒル カメラ持ち込み料 500K
頂上で取られる。
下足預かり料 200K  
パレス(旧王宮) 入場料 10USD
他の施設も共通。5日間有効
マハムニパヤー カメラ持ち込み料 1USD/1,000K
シュエダゴンパヤー 入場料 5USD/4,500K


両替

8/8 1USD = 31.55THB タニヤスピリッツ  
8/ 11 1USD = 866K ボージョーアウンサンマーケットのMIDB銀行 50USDを両替。ちょっと汚れているだけで2枚の50USD紙幣を受け取り拒否された。
8/12 1USD = 800K マンダレーのUniverse hotel 「レートが悪いから明日マーケットで両替した方がいい」とレセプションで言われたがチャットの現金がないので10USDを両替。
8/13 1USD = 863K マンダレーのMIDB銀行 100USDを両替。こちらはチェックが緩かった。

VISA

バンコクのミャンマー大使館にて申請 翌日受け取りで1,035THB 写真2枚とパスポートのコピーが必要

ガイドブッグ

地球の歩き方 ミャンマー '08~'09



since 2012/08/19

main