雑感

気候:カトマンドゥ

地元民はダウンなどを着て寒がっているが昼間は長袖シャツ一枚でOK。
しかし日が暮れると共に急激に冷え込み厚手のフリースくらいは着てないとむり。
夜の10時で外気温は4度、暖房のないホテルの部屋の中では手がかじかむほどだった。
朝の最低気温は1度。

気候:ポカラ

昼も夜もカトマンドゥより気温は高いながらもやはり夜は冷え込んだ。
Family Homeはカトマンドゥのホテルと違い布団でなく毛布でしかも暖房なしだったのでたまらなくなってとうとう寝袋(羽毛3シーズン用)を持ち出した。

気候:ダンプス

昼はシャツ一枚でOKだが日が落ちると急激に冷え込み手袋が必要なほど。

気候:ゴルカ

夜でも他に比べると若干暖かかった。


マスク

カトマンドゥは乾季で乾燥しているせいかホコリがすごい。
30分ほど歩いただけでのどの調子が悪くなってきたのでマスクを探してみたが日本のようなガーゼのものや紙製は見つからず地元民がしているような布のマスクを購入した。
包装の漢字からして中国製らしかったが耳かけの部分がゴムになっておらずちょっときつかった。
日本から持っていけるならそのほうがいいだろう。


通信事情

カトマンドゥの空港でNCellのSIMを入手し1GBのデータ通信のパッケージを購入した。
カトマンドゥおよびポカラでは3Gが問題なく利用できバンコクよりむしろ快適。
トレッキング中のダンプスでもEdgeで通信はできたが夕方以降は激遅になった。
ダンプス以外ではどこも無料WiFiあり。


データ

エアー

日付 区間 便名 クラス 機材 備考
12/28 BKKKTM TG319 Y 772
シートは33C。足下に余裕はあるがPTVなし。
バルクヘッドの31列、その後ろの32C/Hの足下が広い。
12/29 KTMPKR U4611 Y ATR42
空港に店を出していたMount Fuji Adventureの市内オフィスで発券、102USD。
カトマンドゥ空港では空港税200Rsを徴収される。飛行時間は30分弱。
1/6 KTMBKK TG320 C 772
マイルでアップグレード。
シートはオーソドックスな60"シェルタイプでTGではこのシートが一番いい。
しかしヘッドフォン端子は接触が悪く片方しか聞こえず映画を見ている最中にブラックアウトしてSegmentation Faultの文字が。
さすがTG、メンテは苦手。

その他移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間 備考
12/28 カトマンドゥ空港 - タメル タクシー 650Rs 20m 空港の旅行代理店の者に乗せられたタクシー
12/29  タメル - カトマンドゥ空港 タクシー 500Rs 20m
ポカラ空港 - ホテル オートバイ 無料 15m 何度か落ちそうになった。
1/1 ポカラ - ドゥムレ ツーリストバス 600Rs 2h30m
New Road社のカトマンドゥー行きツーリストバスを途中下車。
Earth Nepal Travelで手配。
ドゥムレ - バンディプル ローカルバス 50Rs 30m
ポカラからくるとバンディプルに入る入り口を過ぎたドゥムレの街中から出ている。
ドゥムレにはバスも頻繁にやってきてタクシーと称する車も多数。
1/2 バンディプル - カイレニ ローカルバス 120Rs 1h30m
ドゥムレ経由
カイレニ - ゴルカ ローカルバス 60Rs 1h20m かなりのギュウギュウ詰め
1/3 ゴルカ - カトマンドゥ マイクロバス 350Rs 4h10m
当日の朝にホテルで予約。1時間ごとにあるようだった。
カトマンドゥではニューバスターミナル近くのBalaju chowkに到着。
Balaju chowk - タメル タクシー 200Rs 20m  
1/4    タメル - バクタプル おんぼろミニバス 35Rs 1h
歩き方のバス停の位置はちょっと違っていて歩道橋を越えたBank Marga通りから出ている。
バクタプル - ブネシュワール おんぼろミニバス 20Rs 45m  
ブネシュワール - パタン タクシー 300Rs 15m  
パタン - タメル タクシー 350Rs 25m  
1/5    タメル - ダルバールスクエアー タクシー 300Rs 10m  
ダルバールスクエアー - ガーデンオブドリーム タクシー 200Rs 10m  
ガーデンオブドリーム - パシュパティナート タクシー 350Rs  20m  
パシュパティナート - タメル タクシー 350Rs 20m  
1/6 タメル - 空港 タクシー 500Rs 20m  

宿

日付 都市 ホテル名 料金 お勧め度 備考
12/28 カトマンドゥ Hotel Family Home 50USD ☆☆★
AC、24"程度の液晶TV、WiFi付きでそれなりに清潔な部屋。
掛け布団はしっかりしていたので靴下とフリースをつけたまま寝れば問題なかったが、この時期に暖房なしの部屋はさすがに手がかじかんだ。
シャワーのお湯は5分くらい流しっぱなしにしないと出てこなかった。
Mount Fuji Adventureで手配。
チェックアウト時に直接来たらいくらになるか聞いてみたら30USDとのことだったがたぶんそのくらいが相場。
12/29 ポカラ Hotel Family Home 50USD ☆☆
AC、20"のブラウン管TV、WiFi付きながら前日の部屋の2/3くらいの狭さ。
カトマンドゥより暖かいとはいえ掛け布団はなく一枚の毛布のみ。
チェックアウト時に明日ポカラに帰ってくるけどいくらになると尋ねると50USDとのことだったので別を当たることに。
歩き方に載っているPanoramaの向かいで、このあたりには似たような造りのホテルがたくさんあるからこの値段ならここはやめておいた方が無難、たぶん20~25USDくらいが相応だ。
というかインターネットの力を思い知れ!
カトマンドゥ同様Mount Fuji Adventureで手配。
12/30 ダンプス Anu Guest House & Restaurant  
シャワー、ネパール式(タイ式ともインド式とも言える)トイレ共同。
これでもこの村では一番まともそうだったが自分としてはこれだけでNG。
シャワーはいちおうぬるま湯が出たがバスルームの電灯はつかず。
一泊だけのトレッキングにしておいてよかった。
夜はさすがに冷え込んだものの布団はポカラの宿よりしっかりしていた。
12/31 ポカラ Asia Hotel 35USD ☆☆☆☆
Earth Nepal Travelで紹介された宿。
エレベータなしで5階というのはちょっとつらかったが太陽光パネルを使った熱いくらいのホットシャワー+バスタブ、暖房付きのAC、冷蔵庫、20"程度の液晶TVありで部屋の広さもFamily Homeの5割り増しで快適。
場所は風の旅行社のわきの路地を入ってすぐ。
薄暗い一階の部屋は30USDだった。
掛け布団あり。
1/1 バンディプル Bandhipur Mountain Resort 54USD ☆☆
夕食・朝食付き料金。食事なし、朝食のみも選べる。
バンディプルの集落から歩いて15分ほどかかるが新館の窓からはヒマラヤの大パノラマが広がる、とよかったのはそれだけ。
チェックインする前に言われた「Water Supply Problem」は解決しなかったようでシャワーからお湯は出ず、夜になって停電すると新館に自家発電設備はなく真っ暗になった。
宿泊とセットにした夕食はブッフェでおかずの種類も少なくしかもうまくない。
こんなところなのであまり贅沢は言えないけど、バンディプルでトイレシャワー付きの部屋(Attached Bath)は結局、バカ高いGaun Gharしかないのか。
掛け布団あり。
TripAdvisorのステッカーは貼ってあったんだが、、、
1/2 ゴルカ Gurkha Inn 30USD ☆☆☆☆
ドアのノブとか壁の塗装とかちょっとくたびれてはいるけれど外見は色使いがしゃれていて前庭が綺麗、部屋は2面に窓があって明るく、そして従業員はきびきびしていて気持ちよかった。
さすが歩き方にもLonelty Planetにも紹介されているだけあって久しぶりに当たった安宿。
掛け布団あり。
1/3-5 カトマンドゥ Hotel Holy Himalaya 125USD
/3nights
☆☆☆☆
十数年前に泊まったFuji Hotel(当時はG.H.)の手前にあるホテル。
24"程度の液晶TV、暖房付きA/C(あまり効かない)、しっかり熱くなるシャワーとバスタブ、掛け布団あり。
エレベーターはあったが停電時は使えず。
裏が隣のホテルのゴミの焼却場になっているらしく初日は臭かったのが欠点。
従業員の対応はしっかりしていた。
日本からのツアーやタイ人ツアー客も使っているらしい。

その他費用

SIMカード 200Rs NCellのSIMを空港にて購入。
データ通信1GB/30dayのパッケージ(789Rs)込みで1000Rsのチャージをした。
靴の修理 50Rsx2 タメルの修理屋にて。
到着初日にトレッキングシューズの靴底(右側)が剥がれて修理したらゴルカで今度は左側が剥がれた。
アンナプルナ周辺1泊2日トレッキング 150USD
Earth Nepal Travelで手配。ガイド、食事、宿代込み。
車代は別途4,000Rs。
ゴルカ王宮入場料 50Rs+200Rs
(カメラ持ち込み料)
ゴルカ博物館入場料 50Rs+200Rs
(カメラ持ち込み料)
パタン入場料 500Rs
Gold Temple 50Rs
ダルバールスクエアー 750Rs 博物館入場料込み。
博物館に入らなければたぶんチケットを確認されることはない。
ガーデンオブドリーム 200Rs
パシュパティナート 500Rs

VISA

オンアライバル 25USD 15日間滞在可能

両替

12/26 1,000USD=30,600THB  タニヤリカーにて 
12/28  300USD=25,800Rs
(1USD=86Rs)
歩き方には空港のレートは悪いようなことが書かれていたがそんなことはなくタメルにある両替所と同じレートだった。ポカラでは翌日84.6Rs。
1/3 100USD=8,556Rs
(1USD=85.56Rs)
タメルにあった両替屋にて。レートはどの店も同じ。

あとはATMでの引き出し

ガイドブック

地球の歩き方 ネパールとヒマラヤトレッキング '11~'12
バンディプルへの行き方で乗り換え地点がドゥムレではなく『ドゥンチェ』と3カ所も間違っていたので注意。
さらにドゥムレにはツーリストバスも『停まる』。
またカトマンドゥからバクタプル行きのバス乗り場の位置がちょっと違っている。

要不要品

役に立ったもの  
フリース いずこも夜になるとかなり冷えこんだ 
ヒートテックのインナー上下
寝袋 ポカラのFamily Homeは暖房もない上に毛布しかなく寒かったので出番となった。
手袋 さすがに10度近くまで気温が落ちると手がかじかんでくる。
リップクリーム 乾燥しているのですぐに唇がかさかさになる。
LEDライト ネパールは停電が多い。特にバンディプルでは本館に晩飯を食べに行くにも真っ暗な場所を横切っていかなければならなかった。
日焼け止め 日差しが強いので油断してるとこんがり焼ける。
イモディアム(下痢止め) 移動が多かったのでトイレ事情を考慮して毎朝出かける前に飲んでいた。
カメラのブロアー ネパールは埃っぽいのでレンズ交換するとフォーカシングスクリーンにゴミが付着して気になる。
使わなかったもの 
念のため持って行ったが雨は降らなかった。
持って行った方がよかったもの 
アフターサンバーン 日焼け止めを塗っていても顔が焼けてカサカサになった。

 



since 2013/1/13

main