ノンタブリー

(2012/2)

9時前に目が覚めたものの昨晩の酒が抜けきれずにベッドでごろごろしていたらいつもの飯屋(12時すぎるとほとんど売り切れになってしまうぶっかけ飯屋)に間に合わず、家でインスタントラーメンをすすりながら今日はどこに行こうかとガイドブックやインターネットを見てみる。

するとチャオプラヤーエクスプレスボートの終点であるノンタブリーに木造の古い市庁舎があるという記述にたどり着いた。
ここはたしかDACOのワンデイトリップコーナーでも取り上げられていたはず。
ただサートーンの船着き場からボートで行くと1時間とのことで、たぶんうちからサートーンまで行くのに30分じゃきかないはずだから今から準備をして出かけてもノンタブリーにつくのは早くても3時、下手すると3時半すぎになってしまうかも知れない。
そういえばノンタブリーってどこら辺なんだろう、とGoogle mapで調べてみるとBTSの終点であるモーチットからそれほど離れていない。


大きな地図で見る

これならわざわざサトーンまで行かずともBTSのモーチットからタクシーに乗ればいいやとEOS 60Dをウェストバッグに詰め込んで家を出る。


ノンタブリー博物館

モーチット駅周辺はチャットチャックの開かれる土曜とあってかなりの人出。
バスを待っている人も結構いたがここからタクシーに乗る人は少ないようで空車はすぐに捕まった。

ノンタブリーの街に入っていくと運転手が尋ねてきた。
「まっすぐ進むのかい?」
「よくわからないんだけどタールア(船着き場)に行ってくれ」
「なんだ船着き場に行くのか。病院かと思ったよ」
なんでそうなる?
乗るときに『タールアの近く』と言ったはずなんだけどそれがどうしたらローンバーンに聞こえるんだ!

ノンタブリーの船着場

そのクルンテープ・ノン通り(たぶんクルンテープ - ノンタブリーなのだろう)をそのまままっすぐ進み川にぶち当たったところが船着き場。
車を降り目的の市庁舎はどの辺りだろうと周りを見渡すとすぐ左手にそれらしき古い建物が目に入った。

チケット売場は見あたらなかったので門を抜けて入っていくと木造の建物に囲まれた敷地は船着き場用らしき駐車場でぎっしりと車が停めてあった。
これではせっかくの歴史的建造物が台無しだ。
観光地にしたいならもうちょい考えようよ、ノンタブリー。
なにもここを駐車場にしたくてもいいだろう!

この建物の一部にノンタブリーの文化・歴史を紹介する博物館が入っている。
ここはノートに記帳するだけで拝観料はかからず。
ACのがんがんに効いた室内にはミャンマーから渡ってきたモン族が広めた焼き物(ゴ・クレットが有名)などが展示されていた。


チャオプラヤーイクスプレスでバンコクへ

次はワット・アルンそばのサンタクルーズ教会に行ってみようとチャオプラヤーイクスプレスに乗る。
始発のノンタブリーではそれほど混んでなかったのに途中でどんどん客が乗り込んできてファランの話し声に振り返るといつの間にか通路までぎっしりになっていた。
乗客の8割りほどが一般タイ人。
通しで乗っても15THBならバスやロットゥーより確実に安いし渋滞の影響もないからこの船は普段の通勤・通学・買い物などの足として使われているのだろう。

45分ほどでターティアンの船着き場に到着。
目指すサンタクルーズ教会へは次のガンラヤーナミットで降りるがいいのだが、歩き方によるとオレンジ旗の急行船はどうやら停まらないらしかったのでターティアンからワット・アルンに渡し船で渡ることにしたのだ。

何度か来たこともあるしたった50THBながらも中にはいると拝観料をとられるので観光客で賑わうワット・アルンはさっとスルーしてまずはバンコクヤイ運河を越えたむこうにあるワット・ガンラヤーナミットへ急ぐ。

というかGoogle mapにもワット・ガンラヤーナミットは載っていたのだがサンタクルーズ教会の場所がわからないのでとりあえずそのガンラヤーナミットまで行ったら何とかなるだろうというのがほんとうのところ。
歩き方の解説によるとワット・ガンラヤーナミットにはバンコク最大の座仏像があるとのことだった。

バンコクヤイ運河

バンコクヤイ運河にかかる橋を渡ると次のソイの入り口に『←ワット・ガンラヤーナミット』『↑サンタクルーズ教会 600m』という標識が出ていた。
古い民家の並ぶソイを100m位入ったところがワット・ガンラヤーナミット。

工事中の塀の向こうに大きな本堂が姿を現した。
建物を回り込んでいく。
敷地内には暇そうにしている参拝用品の売り子や、今日の作業を終えたらしい建設作業員が何人か見えるだけ。
旧正月には近所の中華系の人たちで賑わうらしいが、普段の、それも夕方ならこんなものなんだろう。

本堂の中にはなるほど立派な黄金の座仏像が置かれていてタイ人が参拝していた。

ガンラヤーナミット船着場の鳩

サンタクルーズ教会

さてやっとサンタクルーズ教会
歩き方にはセントクルーズとあったが英文字とタイ文字をよく見てみるとこれはサンタクルーズ = サンタクロースではないか。
セトルイス病院がセンルイになるようにきっとタイ英語語的にはセンクルーになるに違いない。

その教会の周りにはミッション系の学校がいくつかありバレンタインデーの関係なのだろうか何かのイベントが行われていた。
って、バレンタインデーって今日だったっけか?

ソイの奥にひっそりと建っていた、ローカル度100%のこの教会はベージュ色の壁にエンジ色の屋根のコントラストが美しかった。
そういえばタイではモスクはたまに見かけるけどキリスト教会はめったに見かけないよなぁ。


Mulligans Irish Bar

夕暮れのワットアルン

せっかくここまで来たので今日の晩飯はカオサンでファラン飯(洋食)でも食べようかと、夕暮れ=運行終了の迫る中、チャオプラヤーイクスプレスでカオサン最寄りのプラアーティットへ移動する。
前回入ったパブはどこだったけかとカオサンを探して入った店がこのMulligans Irish Bar

最初のホーガーデン生ビールとチキンサラダの注文はよかったけど、追加で頼んだアサヒの生はすっかり忘れられ、手を振っても声をかけてもウェイトレスがぜんぜん寄ってこない。
こりゃチェックビンしてさっさと店を出た方がいいかと思っていたらやっとマネージャが気づいてくれた。
案の定、注文して10分も待たされたビールからは泡がすっかり消えていた。

しかも一品目の料理の際に塩胡椒を持ってこなかったので自らすぐ後ろの調味料置き場からとってきた胡椒をキープしておいたらさっきはこちらを無視していたウェイトレスが一言も告げずに他の客席に持って行ってしまった。
再び取りに行ったらたまたまそばに立っていたそいつが「アライナ?」

こんな店にチップを1バーツもやらなかったのは言うまでもない。
オープンエアーばかりの中、蚊のいないACの効いた室内で生ビールを飲めるカオサンでは貴重な店なのだがこの店のサービスはタイローカルレベルなのでそのつもりで。


データ

移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間 備考
2/11 BTSモーチット - ノンタブリー タクシー 107THB 35m  
ノンタブリー - ターティアン チャオプラヤーエクスプレス 15THB 45m オレンジの旗の急行船
ターティアン - ワットアルン 渡し船 3THB    
ワットアルン - ターティアン 渡し船 3THB    
ターティアン - プラアーティット チャオプラヤーエクスプレス 15THB    

ガイドブック

地球の歩き方 バンコク 10~11


hf's アジア旅行記

since 2012/2/16