雑感

TGのための空港

スワンナプーム空港使用6回目にして初めてTGのCクラスを利用したのだが、この空港はTGの、しかも上位クラスのために作った空港だということがわかった。
というのもファースト及びビジネスクラスのチェックインは、他の航空会社はもちろんのことTGのエコノミークラスとも完全にセパレーションされており、しかも立って並ばなくてもよいようにソファーまで置かれている。
もちろん、怪しげなやつが間違っても入ってこれないように入り口にはさりげなく確認係が2名スタンバイしていた。

またドンムアンの時との他の違いとしては、空港利用税の支払いもTGのファースト・ビジネスクラス専用になっているしイミグレーションでさえ個別に4つ用意されている。
しかもそのイミグレを抜けると目の前に下の階に降りるエスカレータがあって、そこを降りるとすぐにTGのラウンジ。
チェックインからここまで一般人とは一切接しなくともよい造りになっていた。

これなら割り込み当たり前で声のでかい人民や、イミグレーション手続きに異常に時間のかかるインド人と会うこともないのでかなり快適である。
ひとつ問題があるとすればラウンジのエアコンが寒すぎるくらいだ。

スリランカ人とインド人

見た目が近いのでどうも同じ目で見てしまうが実際に接してみると違う部分が多いことに気づく。
まず服装。
インドでは女はサリーかパンジャビドレスが多数派で男もドーティーあるいはロンジーを履いているのが特に南部では多いのだが、スリランカではタミル人の多いヌアラエリヤ周辺を除いてどちらも少数派。
ともに1割もいないと思う。
だいたいが現代的な服装をしている。

次に性格。
インドに行ったときは北に比べて南は楽な印象を受けたがスリランカの方がもっと楽。
スリーウイラー以外は鬱陶しいやつもほとんどおらずしかもあっさりしている。
ある意味ネパール人にもにているがもっと自然。

スリランカ料理とインド料理

基本的にはあまり変わらないが、北インドのバターを多用したカレーはないようだ。
辛さはちょっと辛めだがタイのプリッキーヌ(激辛唐辛子)で鍛えた身にとっては誤差の範囲。
ただ塩味はスリランカの方が全般的に濃い。
つまり、インドカレー + ちょっぴり辛め + 塩辛さ = スリランカカレー
ちなみに文中でもふれているがポルサンボルというココナツとタマネギの和え物がうまかった。

気候

コロンボは夜でも過ごしやすいくらいだったのにヌアラエリヤはマジで寒かった。
最低気温は4度、フリースが必要な気温で、昼間でも長袖シャツでちょうどいいくらい。
もちろんA/Cもファンもいらなかったしなかった。
キャンディは昼間はTシャツ1枚でちょうどいいさわやかさ、夜は長袖シャツにブルゾンが必要な程度。
タイと同じような熱帯とはいえ、同じ季節で地域によってこうも違うのかと思えるほどだった。


データ編

エアー

日付 区間 便名 予約クラス 機材 備考
12/29 BKKCMB TG307 D A330-300 JALのSKYLUXと同程度のシートでピッチは50”なのだがリクライニングもフットレストも中途半端。
PTVは6.5”でしかもVODではない。
TGとしては最新のはずなのだがJALなどの最新設備に比べるとさすがに古くさく感じる。
(先月JALのSky sleeper solo(最新Fクラスシート)に乗っちゃったからなぁ)
1/6 CMBBKK TG308 D A330-300 -

32,280THB 勝美トラベルで発券
BKK:バンコク、CMB:コロンボ

その他移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間
12/29 空港 - ホテル ホテルの送迎車 2300LKR 40m
12/31 ホテル - コロンボバスステーション スリーウイラー 200LKR 15m
コロンボ - ダンブッラ プライベート(民営)A/Cバス 250LKR 3h40m
ダンブッラ - シーギリヤ スリーウイラー 400LKR 30m
1/1 ホテル <-> シーギリヤロック スリーウイラー 300LKR 2h
シーギリヤ - ダンブッラ スリーウイラー 400LKR 40m
ダンブッラ - キャンディ CTB(公営) バス 50LKR 2h
1/2 ホテル - キャンディ駅 スリーウイラー 100LKR 10m
キャンディ - ヌアラエリヤ(ナーヌオヤ) 列車(1等) 580LKR 5h
ナーヌオヤ - ホテル 呼び込みの車 100LKR 15m
1/3 ヌアラエリヤ <-> ワールズエンド ホテルの車 2500LKR 6h
ヌアラエリヤ <-> ティーファクトリー スリーウイラー 800LKR 2h
1/4 ヌアラエリヤ - コロンボ 車をチャーター 5000LKR 6h
コロンボ - ニゴンボ インターシティバス(A/C) 50LKR 1h
ニゴンボ - ホテル スリーウイラー 150LKR 10m
1/5 ニゴンボ - 空港 スリーウイラー 600LKR 30m

*文中ではトゥクトゥクという言い方もしているが、トゥクトゥク=スリーウイラーで、どちらも使われている。

宿

日付 都市名 ホテル 料金 お勧め度 備考
12/29-30 コロンボ TAJ SAMUDRA 79USD/night ☆☆☆☆
Asia Travel
で予約。
エルセーフ、ミニバーと一通りの設備は整っているがメンテナンス面での不備が所々に見受けられた。
また工事中の音がうるく日中部屋でのんびりしようとしても落ち着かなかった。
本来は5つ星ながらかなりのディスカウントがされていたので許せるがラックレート(120USD)だったらちょっと考え物だ。
インドと違ってスタッフの人当たりの良さが救いか。
12/31 シーギリヤ Hotel Sigiriya 63USD
+33USD
(ニューイヤー
ディナーパーティー)
☆☆☆☆★
自然に囲まれて建っておりシーギリヤロックをプール越しに真正面に望める。
部屋はシンプルながらカーテンを開けると中庭がありゆったりした気分にひたれる。
日程に余裕があれば数泊してみたいホテルであった。
1/1 キャンディ Queen's hotel 44USD++
(4704LKR)
☆☆☆☆
ロビーやレストランの雰囲気がいい。
エレベータはクラシックな手動開閉式格子ドア。
スリランカでもっとも有名なコロニアルホテルのうちのひとつらしいが設備が古いぶん料金はリーズナブル。
1/2-3 ヌアラエリヤ Renaissance Park hotel 2500LKR ☆☆★
古い個人宅を使っているようだ。
Victoria Innの隣で街の中心部から4分しか離れていないとはいえ夜は周辺は真っ暗。
レストランはやっているのかやっていないのかわからないようなレベル。
2日目にベッドメイクが入らなかったように運用面はまるでだめ。
1/4 ニゴンボ Sunflower Beach Hotel 3200LKR (星無し)
設備はシンプルかつ少々くたびれているが全室オーシャンビューは立派。
『明日の22時にチェックアウトする』といったら2泊でなく5割り増しにしてくれた。
しかし夜中までやっていたウエディングパーティーの音楽がうるさく、部屋にいてもガンガン聞こえてきてとても寝れたもんじゃなかったので大幅減点。
知っていたら絶対に泊まらなかった。
要耳栓。ここはパタヤか!
宿泊客がいるのにそんなパーティーを許す姿勢からして絶対にお勧めしない。
ここはやめた方がいい。

☆:1pt、★:0.5pt

その他

日付 都市 費目 料金
1/1 シーギリヤ
シーギリヤロック
2120LKR
キャンディ
仏歯寺 入場料
500LKR
+150LKR(カメラ持ち込み料)

キャンディアンダンス
300LKR
1/2 ヌアラエリヤ
ビクトリア公園
25LKR
1/3 ヌアラエリヤ
ホートンプレインズ国立公園
2703LKR
(外国人+車、ドライバー)

物価

ルピーの価値が1/2.5なので最初は戸惑うが物価は南インドよりさらに安いように思う。
特に公共交通機関はむちゃくちゃ安い。

水(500ml) 30〜50LKR
水(1L) 35〜60LKR
単3乾電池X4 80LKR

為替レート

日付 都市 レート 両替場所 備考
12/30 コロンボ 1USD = 106.47LKR 空港のCommercial Bank 300USDだけ両替しあとはATMでの引き出し

要不要品

持っていってよかったもの
ブルゾン キャンディとヌアラエリヤは朝晩かなり寒かった
トレッキングシューズ ワールズエンドは本格的なブッシュ道
懐中電灯 ヌアラエリヤの夜は暗い
Rough Guide製スリランカ地図 バスで移動する際に途中の街を確認するためにあれば便利
あればよかったもの
フリース  
蚊取り線香 ヌアラエリヤの宿で二晩悩まされた
不要だったもの
替えの短パン ヌアラエリアで替えようと思ったが寒くて履き替えられなかった

ガイドブック

地球の歩き方 スリランカ '05~'06
Lonely Planet 9th edition (August 2003)



since 2007/1/7

main