雑感

気候

コロンボは夜間もAC運転。
エッラは昼間は30度越えながら夜間はちょっと冷え込んで毛布は2枚重ね、朝はフリースを着込む。
ハプタレーは最低気温16,7度、部屋で指先がかじかんだ。

物価

列車・バスといった公共交通機関とスリランカカレー、地元の酒は非常に安い。
ビールはLionビールなら生中が220LKRから瓶は高くても550LKR。
地元の焼酎であるアラックは360ml瓶で850-1100LKR。

交通マナー

驚いたことの一つにスリランカでは横断歩道で車がきちんと止まってくれるということがあった。
バスによる追い越しは激しかったがこういうのは日本以外のアジアでは非常に珍しい。

アラック

アラックとはココナツが原料の蒸留酒。小瓶が売られていて手軽なのでいくつか試してみた。

CDL Classics Black Label Arrack

初めて試してみたアラック。
ちょっとした甘みとラムのような独特の香りがある。
アルコール度数は33.5度、180mlで900LAK。
水で割って飲む。
CDL Classics Old Arrack

昨日とは同じ会社の別商品。
こちらの方がクセがなくて飲みやすい。
33.5度、180mlで1,100LAK
IDL Old Arrack

昨日のものと同じかと思ったら別の会社のものだった。
香りにちょっとクセがある。
375ml 33.5度、850LKR
Rockland Old Arrack

珍しい丸便。295mlで790LAK。
これも割と飲みやすかった。

結局一番飲みやすかったのはCDL Classics Old Arrack、次がRockland Old Arrack。
いずれも小瓶が1,000LAK程度で購入できるのでお試しあれ。
だいたい街の1,2箇所では売られておりだれかを捕まえて尋ねてみれば教えてもらえる。
たいてい金網越しで売ってくれる。

ちなみに料金がボトルに書かれているけどそれは全く当てにならなかった。

アップグレード

今回も利用のスリランカ航空はWWWで予約するとビジネスクラスへのアップグレードのオークション案内メールが送られてきた。
そのURLから最低価格の125USDでオファーしておくと2日前に「あなたのオファーは受け入れられました」とメールが来てCクラスにアップグレード。

機材が321なのでまさか3-3配列Yシートの間を空けているパターンじゃないよなと思いつつ搭乗してみるとかなり旧式ながらも2-2配列のシート、席数も5列ほどしかないため、なかなかワインを持ってこないYと違いCAも頻繁に回って来たのはよかった。
しかし食器が立派でナプキンがセットされるくらいで食事内容はYとさほど変わらず。
ということで総合的にはまともに金を払うことは絶対にしないだろうレベルだった。


データ

エアー

日付 区間 便名 クラス 機材 備考
12/29 BKKCMB UL403 C 321
事前に申し込んでおいたオークションで125USDでアップグレード。
シートは旧式ながらもPTV付き2-2配列。
1/5 CMBBKK UL890C C 330
帰りも125USDでアップグレード。
C席は2-2-2配列x5列で隣の人が気になる電動フルフラットシート。

移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間 備考
12/29 空港 - ホテル タクシー 3,200LKR 50m タクシーカウンターで。高速は300LKR
WTC - レースコース トゥクトゥク 600LKR 20m  
ヴィハーラ・マハー・デーウィ公園 - WTC トゥクトゥク 230LKR   メーター使用
12/30 ホテル - 民営バスステーション トゥクトゥク 150LKR 10m  
コロンボ - バンダラウェラ 民営バス 416LKR 7h
99番のACなし
バンダラウェラ - エッラ ローカルバス 32LKR 30m
エッラバス停 - ホテル トゥクトゥク 200LKR 5m  
エッラ - ホテル トゥクトゥク 250LKR 5m 食事後
12/31 エッラ - ホテル バス 10LKR 10m
バスは頻繁に走っている。
エッラ - ホテル トゥクトゥク 200LKR 5m  
1/1 ホテル - エッラ駅 トゥクトゥク 200LKR 10m ホテル前に停まっていた、近所のおっさんのトゥクトゥク。
前日に駅でホテルまでの料金を聞いたら500LKRと言われていた。
エッラ - ハプタレー 列車 50LKR 1h
2等の切符を買ったがそちらは外国人客で乗車率150%ほど、3等車に移動したら地元民しか乗っておらずガラガラだった。
ボックスシートのためリクライニングしないだけで座り心地も悪くなくこの区間は3等が正解。
ハプタレー駅 - ホテル トゥクトゥク 150LKR 10m   
マーケット - ホテル トゥクトゥク 100LKR 10m 2度目からの方が安くなる法則
1/2 ホテル - ハプタレー駅 トゥクトゥク 150LKR 10m 宿で呼んでもらった。
ハプタレー - ナヌオヤ 3等列車 40LKR 1h50m
別途600LKRも取られる3等予約席は席が空いていても立っていることすら許されず。
その代わり車掌が2等席に座らせてくれた。
ナヌオヤ - ヌアラエリア タクシーをシェア 500LKR/2p 20m  
ペドロティーエステート往復 トゥクトゥク 700LKR    
1/3 ヌワラエリア - ホートンプレインズ タクシーをシェア 2,000LKR 片道1時間  
1/4 ヌワラエリア - コロンボ 民営バス 350LKR 6h
79番 30分ごとに出発
バスターミナル - ホテル トゥクトゥク 200LKR 5m  
1/5 ホテル - 空港 車をチャーター 2,900LKR 30m ホテルで手配。高速料金込み。

宿泊

日付  都市名  ホテル名  料金  お勧め度  備考 
12/29 コロンボ The Steuart by Citrus 3,586THB ☆☆☆
ダッチホスピタルというレストラン&ショッピングモールの裏にあるクラシカルな外観のホテル。
Agodaのレビューでは広いと書かれていたのに20m2程度と狭い部屋だった。
1Fにあるパブの雰囲気は良い。
Agodaで予約。
12/30-31 エッラ Samadhi Guest inn 80USD/2day ☆☆☆★
街からリトルアダムスピーク方面に15分ほど歩いた道路沿いにある家族経営のG.H.。
TVも冷蔵庫もなく壁は薄いと設備は最低限だがおじさんもおばさんも親切で、チェックイン早々に付近の見所を教えてくれた。
Agodaでは朝食は含まれていなかったが350LKRで用意してくれた。
Agodaで前日に予約。支払いはLKR現金。
1/1 ハプタレー lilly guest inn 40USD ☆☆☆
まだ4部屋しかない建設途中のG.H.で家族経営。
街の中心部からは歩いて20分ほどとちょっと遠い。
朝食は込みだったが夕食も700LKRで手配可能でなかなか美味かった。
Booking.comで2日前に予約。支払いはLKR現金。
1/2-3 ヌワラエリヤ The Trevene  150USD/2day ☆☆☆☆
古い邸宅を改装してホテルとして運営しているため雰囲気がよくマネージャーの対応もよい。
ベッドも毛布+掛け布団で寒さも問題なかった。
Agoda(実際にはBooking.com)で2日前に予約したがその前日に見た時は倍の料金がしていた。
支払いは現地払い。
名前は変わっていたがなんと10年前に泊まったのと同じ場所だったことが判明。
1/4 コロンボ The Steuart by Citrus 3,387THB ☆☆☆☆
今回は50m2はありそうな広い部屋。
ACがタバコ臭いこと、水漏れしていることを除けば満足できる内容。
ただダッチホスピタルの店のバンド演奏が夜中までうるさかったので早く寝たい人は避けたほうが無難。
Agodaで予約。

その他

SIM 1,300LKR 前回と同じDialog社、1年間有効で昼間は4GB、夜間は5GB利用可能?
ホートンプレインズ国立公園 6,700LKR/2人
複数人の方が安くなる
ヴィクトリア公園 300LKR

両替

12/29 1USD=148.25LKR 空港のSampath Bankにて300USDを両替。
空港にはいくつものブースがあるがどこも同じレート。
1/4 1USD=146LKR 最後に現金が足りなくなってホテルの近所で20USDだけ両替。

あとはATMでCITIのクレジットカードによるキャッシング。
ラオスでは使えたバンコク銀行のATMカードが使えなかったので助かった。

VISA

事前にWWWで申請(ETA)、30USD。イミグレでその印刷したものを提示したが見むきもしなかった。



since 2017/2/19

main