雑感

気候

フィリッピンに大きな被害をもたらした、台湾では『梅姫』と報道されていた大型の台風の影響で初日と2日目の午前中は強風が吹いていた。
それがそれが過ぎるとさわやかな秋の気候になり夜はTシャツだと肌寒いくらい。
台風さえ来なければ(というかこの時期に来ることを想定していなかった)観光にはいい季節だろう。

台湾での交通手段

タイほどではないが台湾は交通機関の料金が安い。
しかもタイのように安いだけではなく列車もバスもしっかりしていて清潔でメンテナンス状況もいい。
さらに西海岸線は高鉄(新幹線)も走っていて台北の桃園空港から南部の高雄まで2時間もかからず料金も4,000JPYもしないという手軽さ。
台湾での移動は非常に快適で便利だ。
タクシーも日本ほどは高くなく気軽に乗れる。

人柄

台湾人は親日という以前に基本が親切なんだと思う。
驚いたのが、桃園から乗った新幹線車内で切符を落としてしまい改札前であわてていたら、落ちているのを見つけ、なくした人が現れるのを改札前で待っていてくれた人がいたこと。
タイ人も人当たりのよさでは日本人に人気があるが、たぶんこういう場合は『マイソンジャイ』でキップが落ちていてもまったく気にしないはず。
落としたのを見たら日本でもタイでも教えてくれるだろうけどたぶんそれを持って待っているなんてありえないと思う。
タイが好きになるきっかけもそうだったけど、こういう親切にめぐり合えるとその国が好きになっていくんだよな。

日本語

台湾は台北などの一部の都市を除き英語の通用度は日本・韓国並み。
一般人が利用する商店や、ホテルでさえローカルなところでは英語はほとんど通じないと思ったほうがいい。
そのかわり前回の集集線のおじいさんや今回の四重渓温泉のおばあさんのように日本語のわかる人が突然現れたりするあたりも台湾の面白さである。


データ

エアー

日付 区間 便名 予約クラス 備考
10/22 BKKTPE TG634 Q 777-300 Yは3-3-3配列。
10"程度のPTV付き 32CHは前にシートがないので足下が広い。
TGのWWWで予約・発券。往復で13,340THB
10/25 TPEBKK TG635 Q 777-200 PTVなし

その他移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間 備考
10/22 桃園空港 - 高鉄桃園 U-bus 30TWD 15m
桃園 - 左榮(高雄) 高鉄(新幹線) 1290TWD 1h40m
高鉄左榮 - 中央公園(高雄) MRT 25TWD 15m
10/23 市会議事堂 - 高雄駅 MRT 20TWD    
高雄 - 知本 自強号(特急) 336TWD 2h30m
知本駅 - ホテル タクシー 200TWD 10m  
10/24 ホテル - 知本駅 県東客運バス 23TWD 15m
知本経由台東行きが1時間に1本程度走っている。
知本 - 枋寮 呂光号(急行) 153TWD 1h30m
枋寮 - 四重渓温泉 タクシー 800TWD 40m  
10/25 ホテル - 車城 ホテルの送迎車 無料 10m  
車城 - 高雄 国交客運バス 250TWD 1h40m
車城の三差路近くの商店でバスチケットを販売していた。
高雄 - 台南 呂光号(急行) 83TWD 40m
台南駅 - 安平古堡 タクシー 175TWD 15m  
安平古堡 - 赤カン楼 タクシー 155TWD 15m  
赤カン楼 - 高鉄台南 タクシー 430TWD 30m   
台南 - 桃園 高鉄(新幹線) 1150TWD 1h20m
高鉄桃園 - 桃園空港 U-bus 30TWD 15m  

宿

日付 都市 ホテル名 料金 お勧め度 備考
10/22 高雄 華王大飯店
(Kingdom Hotel)
97.78USD
(リワードポイントでこれから25USD値引き)
☆☆☆☆
水回りなどがちょっとくたびれている感じは否めないが落ち着いた感じの室内で、日本人スタッフもいるせいかガイドに案内された日本人ツアー客もみかけた。
チェックインはもちろん日本語でOK、その際に日本語で書かれた手書きの周辺情報地図をくれた。
さらに非喫煙者には幸いなことに全館禁煙らしい。
天井のディテクターがヤニで黄ばんでいることからしてきっと以前は喫煙可だったのだろうがたぶん最近の禁煙ブームでこうなったのだろう。
大型液晶TV、無料ADSL、小型冷蔵庫付きと設備は充分。
Agodaで予約。
コストパフォーマンス的には満足。
10/23 知本温泉 高野大飯店 3200TWD ☆☆☆☆
歩き方を見て電話で予約した知本富野渡假村にタクシーで向かったら同じグループらしきこのホテルに回された。
部屋はそこそこの広さだが露天風呂がよい。
ブラウン管の29型TV、小型冷蔵庫があったが治安がいいのか部屋にセフティーボックスはない。
英語の通じる子が一人いたが、他はほとんど通じず、Railway Stationも理解してもらえなかった。
周辺にはいくつかの食堂と売店がある。
10/24 四重渓温泉 南台湾観光大飯店 1800TWD ☆☆☆★
四重渓温泉で一番高級とのことだったがタイの地方都市にある2、3番目の地元資本のホテルレベル。
20"のブラウン管TV(今回は日を追うごとに小さくなっていく)、小型冷蔵庫付き。
バスタブとセフティーボックスはなし。
レセプションで英語は全く通じなかったが日本語の話せるお婆さんがいた。
3000m2と広大な屋外クアハウスが賑わっておりホテルよりもこちらが目玉らしい。
四重渓温泉街の中心部から薄暗い坂道を10分弱登らなければならないので車がないと不便。
しかもホテル内のレストランは20時前に終了していた。
この街に泊まるなら日本の皇室も利用したことがあるという清泉温泉山荘が場所的にはいいかも知れない。

両替

10/22 50USD=1493TWD 桃園の空港で
あとはATMでの引き出し(10,000TWD = 27,927JPY)

その他

台湾mobile SIMカード 345TWD (5日間データ通信無制限付き)
安平古堡見学料 50TWD
赤カン楼見学料 50TWD

ガイドブック

地球の歩き方 台湾 '07-'08

要不要品

役に立ったもの
ポータブルWiFiルータ
先週行った日本で買ってきた、有線LANをWiFiに変換するもの。
ホテルには有線LANはあってもWiFiのないことが多いので最初のホテルでは役に立った。
LEDライト 四重渓温泉のホテルは街まで薄暗い場所を歩かなければならなかった。
台湾mobileのSIMカード たった345TWDで5日間インターネット使い放題。
TwitterやGoogle mapなど非常に重宝した。
使わなかったもの
指差し会話帳 台湾 フランス語のときもそうだったように持っていってもやはり使わなかった。

since 2010/11/14