■□■雑感■□■

☆★☆地図☆★☆

今回イサーンに行くに当たってバンコクでミシュランの地図を手に入れていった。
別にミシュランにこだわっていたわけではないが、英語と現地語併記の地図はこれくらいしか見あたらなかった。
タイ語の場合、往々にして発音が通じないことが多いし、英語表記の地図を見せても読めないことが多いのでこれは重宝した。
ガイドブックもそうだが、やはり現地語併記に越したことはない。
195THB@Asia Books

☆★☆ギター☆★☆

タイ人の若い連中はキャンプに行くときはグループのうちの一人が必ずギターを持って行くというお約束になっているらしい。
キャンプサイトでも至るところからギターを弾きながら歌っている声が聞こえる。
流れているのはビートルズやイーグルスなどのアコースティックな曲。
まるで70年代の日本のようだった。

☆★☆キャンプ用品☆★☆

キャンプサイトにはバンガローだけでなくテントを張っているグループもいた。
なんらかの観光案内施設らしき東屋を占拠して、その中にテントを張っている。
ほとんどが三角テント。たしかにあれじゃ、あの激しいスコールは防げないだろう。
ストーブ(コンロ)も日本では主流のガスやガソリンではなく、たぶん売店で借りた七輪
ギターを持ってこれるならガスストーブなんか軽いものだろうに、あまり普及してないんだろうか。

☆★☆キャンプ場の電力☆★☆

ゴミ箱も古タイヤ利用

最初にVisitor Centerに行ったときに係員がTVを見ているのに驚いたが、さすがに電力線が来ているわけではなく、自家発電それも風力と日光を利用しているらしい。
巨大な太陽電池パネルと風力発電機が設置されていた。
環境保護という点では麓からわざわざ電力線を引くよりも全然いいだろう。
日本でも見習ったらどうだろうか。
でも単にコストの問題?

☆★☆バスターミナル(ボーコーソー)☆★☆

他の東南アジア諸国同様、タイは本数が少なく路線数も限られていて使いづらい列車網に比べてバスの路線網が発達している。
特にコーンケンやウドンターニ、チェンマイ方面は高速道路も整備され思いの外、短時間で移動することができる。
コラート、コーンケンはもちろんのこと、チュムペーにもルーイにもバンコク行きのエアコンバスが出入りしていた。
今回のルートでのバスターミナルの大きさを比較すると、
コーンケン > ルーイ > チュムペー >> チェンカーン
となる。


■□■データ編■□■

☆★☆エアー☆★☆

日付 区間 便名・クラス 備考
4/27 TYO-BKK JL717 C 前回の残り
4/29 BKK-KKC TG042 M 郵船トラベルで手配。1230THB
5/6 BKK-TYO JL708 C 郵船トラベルで発券 42140THB (Tax込み)。
4月から値上がりするとのことで3/31に急いでメールにて発券依頼

☆★☆その他おもな交通機関☆★☆

区間 交通手段 時間 料金
コーンケン - チュムペー バス 1h30m 37THB?
チュムペー - プーカドゥン バス 1h 20THB
プーカドゥン - ルーイ バス 1h30m 29THB
ルーイ - チェンカーン トラックソンテウ 1h40m 20THB
ルーイ - コーンケン バス 5h15m 73THB
コーンケン - コラート(タノンチラ) 列車(3等) 4h10m 38THB
コラート(タノンチラ) - ファランポーン 列車(2等) 4h45m 227THB

☆★☆宿☆★☆

日付 ホテル名 価格 備考
4/27~28 バンコク Ambasadar Hotel Tower wing 1600THB/day 空港のTHAで予約
4/29 チュムペー Chewin Palace Hotel 400THB バスターミナルのトゥクトゥクに連れていってもらう
A/C ホットシャワー 衛星放送付き
4/30~5/1 プーカドゥン バンガロー 200THB/day 麓の事務所で予約 部屋は犬小屋同然
5/2 チェンカーン Sousomboon Hotel 150THB 水シャワー、扇風機付き
5/3 コーンケン Rusesukhorn Hotel 550THB A/C TV(リモコン無し) ミニバー テラス付き。
中の上クラス
5/4 コラート Chomsurang Hotel 1200THB A/C TV(リモコン付き) 冷蔵庫付き 中の上クラス
5/5 バンコク JW Marriott 4408THB かなり値上がりしていた。郵船トラベルで手配。


since 2001/05/12