雑感

旅行形態

チュニジア旅行、特に中南部を旅行するヨーロッパ人は4WDチャーターが主流のようだった。
自分の場合は半日チャーターしただけで80TNDもかかってしまったが長期でしかも代理店を通してグループで借りれば安くなるのだろう。
ドゥーズやトズールでは屋根に悪路脱出用のプレートやスコップそれに予備の燃料タンクを積んだ4WDが泥だらけの車体を誇らしげに見せていた。
彼らにとってパリダカはそれほど遠い世界のことではないのかも知れないが、それでも大破した車がトラックに積まれ運ばれているのを2回見ているので全く安全と言うわけではなさそうだ。
ということは事なかれ主義の日本としては本当の意味での砂漠ツアーはないのだろうな。


気温

赤道には近づくものの砂漠に近い南部の冷え込みは結構厳しかった。
トズールの朝の気温は6度。吐く息が白くなる。
とうぜんブルゾンだけでは耐えきれずフリースが役に立った。
チュニスでは朝は若干冷え込んだがそれでも12,3度程度でこちらはブルゾンだけで間に合った。
ちなみにチュニジア人はダウンジャケットやらウールのロングコートやら皮ジャンやらで完全装備。
でも日本人ならそこまではいらないと思う。


モペッド

ヨーロッパからのライダーは大型オフロードバイクだがチュニジア人はもっぱらモペッド。
この乗り物はたしかヨーロッパのどこかでよく見た気がするが、自転車のペダルが付いた小型のオートバイで原動機付き自転車という表現がぴったり来る。
エンジンをかけるときはそのペダルをこいだり押しがけしたり。
乗っているときは左右で180度違う位置になるペダルかそれを嫌って片方をペダルに乗せてもう一方をフレームに乗せて斜め座りと傍目から見るとみょうな乗り方になる。


Taxiphone

町中でよく見かけるこの看板。
タクシーを呼ぶために使う電話なのか、それにしては多いなと思っていたらじつは私設の公衆電話のことらしかった。
インドなどでも町中にこういう形態の公衆電話屋が多いがタイではこのごろはほとんど見なくなった。
携帯電話の普及度の高さの違いなのだろうか。


コーヒー

さすがアラビア人がほとんどを占めるだけあってコーヒーはうまい。
トルココーヒーにしろエスプレッソにしろかなり濃いのだが香り高く酸味は控えめ。
ついでにいうと量も値段も控えめ。
家でのたのしみにスーパーで3つほど真空包装のレギュラーコーヒーを買ってみたが果たしてこの味が出せるかどうか。
雰囲気や使う水とかもあるからな。


言葉

高級ホテルを除いて英語がほとんど通じなかった。
かろうじて覚えたフランス語で『いくら?』と尋ねるも言われた数字がわからないので役に立たず。
これにはかなり困った。


人種

アフリカというイメージでチュニジアを訪れるとまったく違うことを感じるのがそこにいる人々。
黒人はほとんどおらずアラブ人が大多数を占める。
黒人の比率はおそらく5%以下ではないだろうか。


飲酒

イスラム国なので本来は禁止のはずなのだがトルコと同様飲める店がある。
しかもそういう店(Bar&Restaurant)では男たちが平日の昼間からビールを飲んでいて自分がどこにいるのかわからなくなるほど。
酒飲みにはうれしい環境である。


データ編

エアー

日付 区間 便名 予約クラス 備考
12/29 BKKMXP TG940 M -> I
機材は777-200ER。
32,000マイルを使ってCに片道アップグレードした。
JALのシェルフラットシートのような60"ピッチシート
もちろんVODで15"PTV。
シート配列は2-2-2配列。
今まで乗ったTGのCの中では最良
アイマスク、リップクリーム、マウスウォッシュなどのアメニティが付いた。
MXPTUN AZ818 K 機材はMD80。Yクラスは2-3配列。
40分のディレイ。機内食はパイ一切れとソフトドリンクのみ。CAは全員男
1/5 TUNMXP AZ865 K MD80。シートナンバー21と22はエマージェンシーExitで足元広め。
CでさえシートピッチはTG国内線並みの40"だったからきっとピッチは同じくらいではないだろうか。
MXPBKK TG941 M 777-200ER Yは3-3-3配列。
前席のヘッドレスト部分に8"のLCDがつきリモコンはCと同じでVODだった。
CもYもこの機材はお勧め。

BKK:バンコク、MXP:ミラノ、TUN:チュニス
Wendy tour(SMI Travel)で予約・発券 64,835THB (BKK-MXP-BKK 37,500+6,885THB / MXP-TUN-MXP 15,960+4,490THB)


その他移動

日付 区間 移動方法 料金 所要時間 備考
12/29 チュニス空港 - ルアージュステーション(チュニス) タクシー 12TND 20m -
チュニス - スファックス ルアージュ
(乗り合いワンボックス)
12.7TND 4h -
12/30 ホテル - ルアージュステーション(スファックス) タクシー 0.65TND - -
スファックス - ガベス ルアージュ 7.05TND 2h10m (130km)
ガベス - ドゥーズ ルアージュ 7.75TND 2h+3h(待ち時間) -
12/31 ホテル - ルアージュステーション(ドゥーズ) カレーシュ(馬車) 10TND -
ドゥーズ - ケビリ ルアージュ 1.8TND 25m
ケビリ - トズール ルアージュ 5.3TND 1h15m+1h(待ち時間) 93km
1/1 シェビカ・タメルザ・ミデス 4WDをチャーター
(Sahara Tej Travel)
80TND 3.5h
1/2 トズール - ケロアン 長距離バス 14.06TND 5h メトウライ、ガフサ、ケロアン経由チュニス行き
ケロアンバスターミナル - ホテル タクシー 1.06TND - -
1/3 ホテル - ルアージュステーション(ケロアン) タクシー 0.89TND <10m -
ケロアン - チュニス ルアージュ 8.35TND 1h50m -
ルアージュステーション(チュニス) - チュニス市内中心部 タクシー 0.95TND 10m -
1/4 チュニスマリーン - ラ・マルサ TGM 0.65TND 40m
ラ・マルサ - シディブサイド TGM 0.42TND -
シディブサイド - カルタゴハンニバル TGM 0.41TND -
カルタゴビュルサ -チュニスマリーン TGM 0.65TND -
1/5 ホテル - チュニス空港 タクシー 10TND 15m -

宿

日付 都市名 ホテル名 料金 お勧め度 備考
12/29 スファックス Les Arcade 40TND
(朝食付き)
☆☆☆★
A/C(暖房あり)、TV、ホットシャワーありセフティボックス無しの典型的中級ホテル。
部屋は狭めだが清潔で快適。
ブランケットはなくシーツと薄いベッドカバーだけだったので暖房は有効だった。
12/30 ドゥーズ Hotel Sun Palm Douz 97TND
(2食付き)
☆☆★ TV、ホットシャワー、A/C(暖房付き)のトリプルルーム。
街から離れたエリアにあり他に選択肢がなかったので20TNDの夕食(ブッフェ)付きにした。
部屋はそこそこ広かったが全体的にくたびれたホテルだった。
2食ともブッフェは不満。
12/31-1/1 トズール Hotel Dar Ghaouar 25TND/Night
(朝食付き)
目星をつけておいたOasis Dar Tozur(現在の正式名はGrand Dar Oasis)が満室だったので近くにあったここにしてみた。
2つ星ということだったが部屋は狭く設備も貧弱(暖房は壊れているしシャワーはぬるま湯)、しかも掃除も不十分(2日目はベッドメイクが入らなかった)な安宿。
唯一の救いは地元民の集まるバーがあること。
1/2 ケロアン Hotel Splendid 27.5TND
(朝食付き)
☆☆ 一応これでも三ツ星ホテルらしい。
メディナのすぐそばで場所的にはよい。
暖房は壊れていて寒くお湯も洗面台のみでシャワーはいつになってもお湯にならなかった。
高級レストランと庶民のおっさん向けバーがある。
1/3-4 チュニス Hotel Africa 200TND/Night
(食事なし)
☆☆☆☆ 200TNDもしたがさすがビジネス客向け5つ星だけのことはある。
セフティボックス、CATV、ミニバー、ドライヤー、インターネット接続など必要な設備は全部そろっている。
ただカードキーの使い方が特殊(差し込んだままドアを開ける)にも関わらず説明が無かったので自分を含め他の人もドアを何度もがたがたやっていたし、2泊目の晩はなぜか設定が変わってしまい全く反応がなかったりした。
ここはこのホテルとしては見直すべきだろう。
それにアメリカ系の高級ホテルなら必ずあるフィットネスジムやサウナ(あるいはハマム)が無かったのもマイナスポイント。

その他

日付 内容 料金 備考
12/30 スファックスのカスバ 3TND カメラ持ち込み料込み
1/2 ケロアン共通チケット(7カ所) 8TND カメラ持ち込み料1TND含む
1/4 シディブサイド ダル・エル・アンナビ入場料 3TND -
カルタゴ共通チケット(8カ所) 9TND カメラ持ち込み料込み

その他物価

トイレ(カベスのルアージュステーション) 0.1TND
水 0.5L(チュニス、ドゥーズ、トズール) 0.35~0.5TND
1.5L(チュニス) 0.45~0.5TND


為替レート

1EUR=49.77THB(12/29 TMB銀行スワンナプーム空港)
1EUR=1.767TND(12/29 STB bank チュニス空港)
1EUR=1.767TND(12/31 STB bank トズール)

あとはATMでの引き出し


要不要品

あってよかったもの
フリース、ブルゾン、毛糸の手袋 ドゥーズ、トズールは寒すぎ
洗濯セット トズールの2つ星ホテルではランドリーサービスを受け付けていなかった
リップクリーム TGのCクラス用アメニティーに入っていた。チュニジアは乾燥していて唇がかさかさになったので助かった。
デジカメ用乾電池2セット 手にはいるかも知れないが品質が不安だったのでPanasonicのOXYRIDEを2セット持っていった。
いらなかったもの
海水パンツ ハマムで使うかも知れないと持っていったがその機会はなかった。
シュラフカバー 安宿での防寒のために念のため持っていったがホテルに毛布が余分に用意されていたので使わずに済んだ
トイレットペーパー 少なくとも今回泊まったホテルではすべて付いていた。
予備のデジカメ及びその充電器 旅先でカメラが2回も壊れたことがあるので、メインのS1ISに加えて旧式のIXUS300を持っていったがかなりかさばった
LEDライト とりあえず持っていったが使う機会はなかった。
文庫本 3冊持っていったが1冊で充分だった。
折り畳み傘 かろうじて使わずに済んだ。

持っていったガイドブック

地球の歩き方 チュニジア '06~'07
Lonely Planet Tunisia (2007 4th edition)
旅の指差し会話帳 フランス



since 2008/1/14

main