《雑感》

【ベトナムの印象1 人】

冒頭にも書いたようにベトナムの印象は非常に悪かった。
原因は2つある。
一つ目は7年前にホーチミン、フエ、ミトーと旅行したときの印象。
シクロは値段交渉しても降りるときになってとんでもない値段をふっかけてくるし、物乞いはいつまでも付いてきてうっとおしかった。
二つ目は、バックパッカーの風評。内容は自分が受けた印象とほとんど同じ。

そこでその再確認のために再びベトナムを訪れたわけであるが、以前よりはだいぶその悪い印象は和らいだ。
ホアルーのくそガキのように相変わらず物乞いはしつこいが移動や観光はツアーの形にしたためある程度ガイドに守られていたし、前回もっともいやな思いをしたシクロにもあえて乗らなかった。
それに北と南の違いもあるのかもしれない。
だが何より大きな要因は自分が変わったことだろう。
あの時は東南アジアはタイに続いて二度目という初心者。
ところが今ではインドから東はほとんど経験している。
その経験値がベトナムに対する嫌悪感を低下させたのだろう。
感受性が鈍ったと見ることもできるかもしれない。
本当にそうであるかはもう一度ホーチミンに行ってみないと何ともいえないが、なんか近寄りたくない気もしている。
『もう一度ベトナムに来たいか』と問われたのならYESと応えるだろうけど、でも優先順位からいったら楽なタイ、おもしろいインドに比べるとかなり下がるな。

【ベトナムの印象2 インフラ】

ラオスとベトナムでは一人当たりGDPで倍以上の差がある。(150USD:350USD)
GDPは物価の違いもあるので国民生活のすべてを表してはいないということはアジアを旅する上でよく感じることであるが、少なくともある程度の目安にはなる。

ラオスからベトナムに入ってまず感じるのは道路の舗装状態の良さ。
本文にも書いたようにラオスの場合、日本がODAで整備した13号線はタイの田舎の道路並には快適であったが、国境方面へ向かう8号線は舗装はしているものの平面度が悪く、ギャップが多いため車で移動していてもスピードは出ないし乗り心地も悪い。
ところが国境を越えてベトナム側にはいると山岳路のため道幅はそれほどはないまでも少なくとも舗装状態はだいぶよくなった。
さらにベトナムを南北に貫く1号線ともなると、自転車やバイクが無法状態で道に広がっているので無条件というまではいかないものもかなりの速度が出せるようになる。

両国の違いは電力事情にも現れている。
ラオスは山がちな国土を利用しての水力発電が盛んだが、これといって他に有力な外貨獲得手段がないためその大半をタイに輸出しており、『アジアのバッテリー』といわれているほど。
しかしそれでいて国内においては昔のタイの田舎やミャンマーのようによく停電する。
一方、ベトナムでは電圧の低下により時々明かりが瞬いたりはするものの停電はなかった。
たとえば工場を運営するに当たっては最低限電力供給くらいは安定していないとおちおち機械も動かせないだろうからそういう意味でもラオスはまだまだだが、ベトナムに外資が進出してきている所以だろう。

【日本の援助】

日本はラオスに対する最大の援助国らしい。
ひも付きとかいわれて何かと悪評の高いODAだが、旅行者としての目で見る限りにおいてはラオスに関する限り今回の国道13号線のように地元の人の役に立っているように思う。
ベトナムや中国、タイなどはもうすでに経済的に十分自立できているようなので国民全体の底上げができるかどうかはあとはその国の社会システムの問題だ。
また、カンボジアはアンコール遺跡という超有名な観光地を持っているのでその観光収入が見込めるし、そのために必要な援助も各国が人的貢献も含めてしきりに行なっている。
ところがラオスは1次産業以外に目立った産業もなくまだまだ経済的に自立できる段階にはなっていないと思われる。
たかだか500万しか人口のない国に援助をしても将来的にそれほど日本にメリットがあるとは思えない。
だが純粋に人道的な面から見ればインドシナ諸国で本当に援助を必要としている国はラオスではないかと思う。


《データ》

【エアー】

日付 区間 便名 予約クラス 価格 備考
4/5 BKK-KKC TG042 Y 1605THB ドンムアンで購入 B734
4/17 HAN-NHA VN267 S 318USD
シンカフェで購入 F70 2-3配列 最後尾 FareBasisはY2
4/20 NHA-SGN VN451->455 S ATR72 VN451が5時間半のディレイのため便変更
SGN-BKK VN853 S A320 3-3配列 FareBasisはY 国内線からの接続はぎりぎり

BKK:バンコク KKC:コーンケン HAN:ハノイ NHA:ニャチャン SGN:ホーチミン

VN保有機材(機内誌より) 座席数 機数
A320 150 10
A321 166 2
B767-300 221 6
ATR72 70 6
F70 78 2

【その他移動手段】

日付 区間 移動手段 価格 備考
4/5 KKC - バスターミナル 乗り合い1Box 50THB  
コーンケン - ナコンパノム ローカルバス 97THB 5時間半
4/6 ナコンパノム - タケク 渡し船 50THB なまずの稚魚と一緒
タケク・イミグレ - タケク・ボーコーソ トゥクトゥク 40THB(10,000K)  
タケク・ボーコーソ - タンドン ソンテウ 50THB(10,000K)  
タンドン - ラクサオ ソンテウ 100THB(20,000K)  
4/7 ラクサオ - ケオヌア トゥクトゥク 4USD 1時間
カオチェオ - ビン 軽1BOX 15USD 2時間
ビン - ニンビン エアコンバス 35,000VND 4時間
4/9 ニンビン - ハノイ ツアーバス(ミニバン) 5USD 2時間
4/10 ハノイ - バンチャイ(ハロン湾) ツアーバス
(韓国製マイクロバス)
1泊2日ツアーに参加
22USD
(17USD+シングルルーム料金5USD)
4時間
バンチャイ-カットバ島 観光船 5時間
4/11 カットバ島-バンチャイ 観光船 3時間
バンチャイ(ハロン湾) - ハノイ ツアーバス
(韓国製マイクロバス)
3時間半
4/12 ハノイ - サパ ツアーバス 3泊4日ツアーに参加
45USD
(30USD+シングルルーム料金15USD)
15時間
途中パンク修理で1時間のロス
揺れがひどい
A/Cの効きが悪い
4/14 サパ - バックハー 3時間半
4/15 バックハー - ハノイ 12時間
4/17 ハノイ - ノイバイ空港 タクシー シンカフェで予約 8USD
(ホテルでは10USDといっていた)
30分少々
ニャチャン空港 - ホテル ホテルのぼろ車 ただ 5分
4/20 ホテル - ニャチャン空港 タクシー 20,000VND
(空港入場料2,000VND含む)
 

【宿泊】

日付 都市名 ホテル名 価格 おすすめ度 備考
4/5 ナコーンパノム シーテープ 350THB ☆☆☆
町中にある清潔な中級ホテル A/C TV ホットシャワー付き
4/6 ラクサオ ボーコーソーの宿 20,000K
=100THB
(☆なし)
隙間だらけの質素な部屋
トイレ・シャワー有料でしかも汚い
おすすめしない
4/7~8 ニンビン トゥイアン 25USD/Night
(W:たぶん一番いい部屋)
☆☆☆☆★
清潔なホテル 調度類もシンプルながらうまくまとまっている
A/C 冷蔵庫 TV バスタブ 朝食付き ツアーアレンジ可能(高い)
シンカフェオフィシャルホテル
ベランダはあるが洗濯物は干しづらい
thuyanhhotel@hh.vnn.vn
4/9 ハノイ Classic I 25USD (T)
+2.5USD(TAX)
☆☆☆☆
新しいホテル
A/C 冷蔵庫 TV バスタブ 朝食付き エレベータあり
ツアーアレンジ可能 Princeの方にいったら満室で案内された
ベランダなし
classic2hotel@yahoo.com
4/10 カットバ島 Sunflower Hotel   ☆☆☆
A/C TV バスタブ付き ツアーで+4USDでシングル利用
まあまあ清潔
なぜかベッドルームが2つあった
8階建てなのにエレベータなし
洗濯物を干せるベランダあり
sunflowerhotel@hh.vnn.vn
4/11 ハノイ Classic I 25USD (T)
+2.5USD(TAX)
☆☆☆★
通りに面したところはうるさいので評価ダウン。
バスタブにお湯を張ると水になってしまった。
4/12~13 サパ Minh Quang   ☆☆☆
街からはちょっと離れているが新しそうなきれいな宿
TV、ホットシャワー付き
他のツアー宿に比べると格段に上
4/14 バックハー Dang khoa  
薄暗くて狭い部屋
ホットシャワー付き シャワールームとトイレは別
隣のトイレの音が筒抜け
4/15~16 ハノイ Classic I 25USD
+2.5USD(TAX)
☆☆☆ この日は狭めの部屋
交渉次第で17USDくらいにはなる模様
4/17~19 ニャチャン Hong Bang 10USD ☆☆☆
広くて清潔 ベランダあり
A/C ホットシャワー付き
空港の客引きにて
住宅街の中にありビーチからはやや遠い

☆:1pt ★:0.5pt

【その他費用】

日付 場所 内容 価格
4/6 ナコンパノム タイイミグレーション オーバータイムチャージ? 50THB
4/7 カオチェオ ベトナムイミグレーション 1USD
4/8 ニンビン 一日ツアー(タムコック・ビックドン・ホアルー)
20USD
(カブのリアシート:人数がそろえば車で安くなるようだ)
4/20 ハノイ 出国税? 12USD

【気候と服装】

都市 気候・服装
タイ ナコンパノム 昼間はTシャツでもくらくらするが朝晩はTシャツでちょうどいい
ラオス ラクサオ 昼間はTシャツでちょうどいい 明け方は長袖シャツ
ベトナム ビン 昼間はTシャツでも暑く日向は歩きたくない
ニンビン 天気も悪かったせいか昼もバイクに乗るときは長袖シャツ
ハノイ 夜はTシャツで心地よい
ハロン湾 船上は長袖シャツでも肌寒い ウインドブレーカがあった方がベター
カットバ島 朝晩は長袖シャツでも肌寒い
サパ 昼間は長袖シャツでちょうどいいくらいだが朝晩はかなり冷える
最低気温は10度前後
バックハー 昼間はTシャツにもなれる 朝晩はサパほどではないが長袖シャツでもちょっと肌寒い
ニャチャン 昼間はめまいがくるほど暑い 晩はTシャツでここちよい

【VISA】

カテゴリー VISA
有効期間
滞在有効期間 取得費用 取得時間 取得方法
ラオス ツーリスト(B-3) 有効期間60日 30日滞在可 2500THB 翌日渡し バンコクウィッタユ通りの旅行代理店(M.K.Ways)にて
ベトナム ツーリスト(C1) 有効期間30日
(入国予定から)
VISAの有効期限まで滞在可 2500THB 翌々日渡し 在バンコク・ベトナム大使館にて

【国境越え情報】

接しいる国 接している街名 内容
タイ-ラオス ナコンパノム-タケク
タイ側でオーバータイムを取られたものの至ってすんなり出国。
タケク側もVISAさえあれば問題なく入国。
ナコンパノムには宿多数あり。
ラオス側ではトゥクトゥクが待ちかまえている。両替所もあったようだ。
ラオス-ベトナム ケオヌア-カオチェオ
ラオス側ラクサオからケオヌアまでトゥクトゥクで1時間。
国境には雑貨屋があるだけ。ラオス出国はすんなり。
ベトナム側へは橋を渡って歩いていく。
ベトナム入国はカスタムとかもあり手間がかかる。
こちらは宿泊施設・雑貨屋などなにもなし。
両替はできるようだった。通過は日曜でもOK。
カオチェオからビンまでは白タク。値段交渉はかなり難しい。
料金的にはビエンチャン-ハノイ間の国際ツーリストバスの方が安い。

【両替】

日付 都市・場所 レート
4/11 ハノイ Classic I Hotel 20USD=30,000VND
4/15 バックハー Hotel Dai Thanh 5USD=6,500VND
4/17 ニャチャン Hong Bang Hotel 10USD=15,000VND

4/16 ハノイ ANZ Bank にて
通貨 買い(キャッシュ) 買い(T/C) 売り(キャッシュ)
JPY 104 - 117
USD 15122 15172 15222

ドル払いのできるホテルなら銀行とそれほど変わらない。
街中ではドルもそのまま通用するが、買い物とかのレートは1USD=10,000~13,000VNDと非常に悪くなるので両替した方がベター。
JPYからの両替はできるところが少なそうだった。

【物価】

マールボロライト 10,000(ハノイ・ニャチャンの市場)〜16,000VND(バックハー) 大体12,000VND前後が相場
水500cc 3,000(バックハーの市場)〜10,000VND(ニャチャンのビーチ) こちらは4,000VNDあたりが相場
ビアホイ 1,500(ハノイ)〜2,000VND(ニャチャン) 1,500VNDが相場のよう

全般的にタイより安いが宿は高い

【ネット屋】

50VND/min@ハノイ Cyber Net Cafe
100VND/min@ハノイ Queen Cafe
100VND/min@ニャチャン

日本語入力可能端末あり・回線はいずれも細い

【電源】

電圧 コンセント形状
タイ 220V 丸・平兼用(日本製のプラグがそのまま使える)
ラオス 220V 丸・平兼用(日本製のプラグがそのまま使える)
ベトナム 220V 丸・平兼用(日本製のプラグがそのまま使える)

【要不要品】

持っていってよかったもの

ヘッドランプ(ラクサオの宿で停電のため利用)
座布団(ベトナムの移動で使用)

不要だったもの

特に無し

持っていけばよかったもの

帽子
もっと乾きやすいTシャツ
シーブリーズ
Global IMEのCD-ROM
HPCの充電器&変圧器(アルカリ電池はすぐになくなる。安いコダック製は特に)


since 2002/04/24