バンセーン・地獄寺と海水浴場

(2012/12)

バンセーン

バンコクに永いこといてバンセーンに出かけたことがないというと知り合いにはたいてい驚かれる。

バンセーンはバンコクから一番近くタイ人には人気のビーチ。
ただし、きたないという話をよく聞いていた。
タイできれいな海ならサムイでもサメットでもチャーンでもいくらでもあるのになぜに汚いといわれるビーチにわざわざ行かなければならない!
シーフードを食べにいくなら(滅多に食べないけど)バンコク市内にもあるし、いざとなったらパタヤまで行けばよい。
と、自分としてはバンセーンはどうにも中途半端だったのだ。

そういうわけで行く機会のなかったそのバンセーン、昨晩「地獄寺」でネットサーフインしているとバンセーンにもワット・セーンスックというなかなか人気のある地獄寺のあることが判明した。
バンコク市内ではないもののこんな便利な場所に地獄寺があったなんて意外や、意外。

こういう機会でもなければバンセーンなんていつになっても行かないだろうとアヌサワリーからのロットゥーで向かうことにした。


バンセーンに到着

アヌサワリーからのロットゥーが着いたのはTOPSやMK、KFCといったおなじみのテナントの入っているLaemtongというショッピングセンターだった。
ソイの入り口にたむろしていたモタサイに声をかけワット・セーンスックに向かう。
タイではたいていバスあるいはロットゥー乗り場の付近にはこういったモータサイかトゥクトゥク、ソンテウがいるのでメータータクシーがいなくても全く移動には困らない。


より大きな地図で thiland を表示

そのLaemtongからワット・セーンスックは地図上では大した距離ではなさそうだったが思いの外、遠かった。
たぶん歩くのはきつい距離だろう。


ワット・セーンスック(地獄寺)

バイクを降りると支払いの間にその運ちゃんが名詞の裏にボールペンで電話番号を書き込んだ。
「ナンバー」
どうやら帰りもこの番号で呼び出せということらしい。
呼ぶかどうかはわからないけど、うんちゃん、ありがとう。


より大きな地図で helltemple を表示

さて、そのワット・セーンスック
門の前からすでにいくつかの像が並んでいてその像ごとに置かれている賽銭箱にタイ人客は片っ端から賽銭を入れて行っている。
(そのためにしっかり小銭への両替所もある)

お賽銭はこちらにどうぞ!

案内板に従って向かった先はどうやら裏門らしく、よくわからない天突きおやじなどもいるにはいたがこちらに並んでいるのは地獄ではなく天女やらシバ神、ガネーシャなどのどちらかというと天上人のようだった。

人でにぎわった方に進んで行くと池が現れ、タイ人はいつものように魚の餌を買って投げ与え熱心にタンブン(喜捨)を行っていた。
本来、仏教的には金儲けはタブーだったような気がするが、こういう見所があれば人が集まってくるのでそれに対して求められるものを与えて売り上げを伸ばし、寺の経営に貢献するというのはなかなか正しいことのように思えてくる。

西遊記

その池を左手にしながら進んでいくといよいよ地獄の始まり。
道路の左側に牛や虎、サルにコブラにまたがった人の像がずら〜〜〜っと並んでいる。
どうしてこんなものはあるのかは意味が分からず。

ワイで出迎えられている女性教師の後ろであっかんべーをしている若い女。

十字架にくくりつけられて水の中に沈められつつある男。

へその穴が異常に大きい布袋さん風。

など、かなり風変わりの像を眺めていくと、、、ありました、ありました。
お約束の巨大な男女の餓鬼像。
へそ下まで届くあっかんべーをしていた。
地獄によっては体に斑点ができていたり一部が白骨化していたりすることがあるものだが、ここのは二体とも下半身を覆われ、病気にもなっていない模様でちょっとマイルド。

その二体を忍者タートルやエビ男などが取り囲み、男女が鬼にツツかれて釜で茹で上がっているようだった。

鋸で体をひかれている男。

うそをついたのか舌を引っ張り出されている女。

なんかわからんけど万力で締め付けられている女性。

局部になにかをつっこまれそうなちょいエロ系が続いた後は、鬼に無理矢理酒を飲まされている風の男ども。いったいこれはなにを言いたいんだろう。

もちろん犬や鉤付き棒に追い立てられとげだらけの木に上らされている男女も健在。

ちょっと気になったのは酒瓶を手にしてトロンとしている二体。
こちらは近い将来の自分の姿ではないかとちょっとびびった。(笑)

奥に進むと獣の顔をしたものたちがひざまずいて僧侶に祈りを捧げていた。

あとは牛を解体している男や頭からコブラが生えてきてしまったおっさんなど。
説明書きを読めばどうしてこうなってしまったのかわかるんだろうけどなにが言いたいのか意味不明。

というわけでさすが地獄寺としては一番人気といわれているワット・セーンスック、多くのタイ人で賑わっていた。


モーターパラグライダー

さてと、次はバンセーンのビーチ。
門を出て歩いてGoogle mapを頼りに歩いていくと頭上からパタパタと音がしたので見上げるとモーターパラグライダーが2機、やってきていた。
そういえばモーターウェーのあたりでもモーターパラグライダーをやっている場所があったけど、あそこから飛んできたわけじゃないよな、いくらなんでも。


バンセーンのビーチ

寺からビーチロード(サーイヌン)までは歩いて10分ほど。
そこにはパタヤさえ足元に及ばないほどのビーチパラソルの森が続いていた。
とにかくその密度と距離がすごい。

そのビーチパラソルの隙間を通って水際まででてみると、日本人の間ではビーチではなく海水浴場と言われているのがなるほどなと思った。
時間帯が夕方ということもあるだろうけど家族連れを中心としてタイ人客がわんさとわき出してきていた。

監視台。こういうものはほかでは見かけない。

タイなので女性はビキニ姿などではなく昔ながらにTシャツを着たまま水に入っており、子供たちはアヒルさんの付いたかわいい浮き輪ではなく真っ黒なタイヤチューブでプカプカしている。

タイ人はゴミに対して無頓着なのでビニールゴミもたくさん押し寄せてきていてこのあたりの状況はやはりタイ人客の多いジョムティエンビーチに近いようだ。

ビーチパラソルの下に並んだチェアは海を横にみながら木製のテーブル挟む格好。
iPodで音楽を聴きながら静かに読書をする外国人とは違い、タイ人の場合はここで飲み食いするのが目的なのでこれが正しい配置。
そのためにそのビーチパラソルの森と道路の間には主にシーフードの屋台がずら〜っと並んでいた。


シーフード

そろそろ腹が減ってきたのでシーフードでも食べていこうかとぶらぶら歩いていくが海沿いに並んだパラソルは次々と折り畳まれていっていた。
パタヤだと夕暮れと共に営業終了なのでここもそうだろうか、と知り合いから聞いていた水上に張り出したレストランを探してみるも近くには見あたらず。
こんな時にも使えるFourSquareでRestaurantを検索するとその手の店は北のはずれの方に集中しているようだった。

しかし歩いてきたのとは完全に逆方向。
ここまで来たのにシーフードはあきらめて帰らざるをえないかと思いながらさらに歩いていると、パラソルは畳まれてはいるもののタイ人客はいっこうに立ち去る気配がなかった。
ということはまだまだ営業しているのだろうか?

と、テーブルを布巾で拭いていたおばさんに声をかけると「どうぞ」と言われたのでビアシンを頼むと「料理はあそこらの店で注文すれば持ってきてくれるから」ということだった。
なるほど、まだ閉店ではなかったのね。

近所の屋台でグンパオ(エビの炭火焼き)、プーマーヌン(茹でたワタリガニ)を注文、さらにその先のソムタム専門屋台でソムタムープーマー(生蟹いりソムタム)を頼むとやはり席まで持ってきてくれるとのことだった。
屋台はいくらでもあるから飲み食いが目的ならほかのビーチより全然便利だわ。
需要があるところに供給ありということね。

グンパオは大きめのエビが6尾、蟹は小振りのものが3ハイで360THB。
ちょっと高いかと思ったが蟹はこの大きさだとひとつ60THBくらいだろうからやはりそんなものか。
ちいさいぶん食べれるところはそんなになかったけど。

ソムタムプーマーは60THB。
海なのでプーマーにしてみたけどプリック(唐辛子)5つといったのにそんなに辛くもなく、ソムタムパラーと違いベースがソムタムタイなのでちょっと甘かった。
パラーにしておけばよかったかな。

日が沈み夕闇が迫ってくると椰子の木に明かりが灯され始めた。

帰りのロットゥーの時間を気にしつつもビールを飲みながらシーフードを堪能していると近くの浜辺から上がったコムローイが椰子の木にひっかかった。

客も店員も含めて周りの人も気にはなるようだけどなにもしない。
しかもすぐ近くで打ち上げられているロケット花火もうるさいし、火薬が臭い。
そろそろ切り上げ時かと場所代を払い、三重駐車の信じられないような車の間を抜けてロットゥー乗り場まで歩いて向かった。

バンセーンビーチは良くも悪くもローカル向け。
でもまたゆっくり来てもいいかもね。


データ

移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間 備考
12/5 アヌサワリー - バンセーン ロットゥー 110THB 1h45m CMPから出発
ロットゥー乗り場 - ワット・セーンスック モタサイ 40THB 10m  
バンセーン - アヌサワリー ロットゥー 110THB 1h40m 最終は20時だったが早めに満席になったらしくその40分前にやってきた客は追い返されていた。

hf's アジア旅行記

since 2012/12/16