フアヒン 2016/11

週末のフアヒン

国から「雨季が終わった」という発表がありそれじゃ今度の週末は泊まりがけでどこかに出かけようかとAgodaで調べてみるとうちから三時間以内と手軽なアムパワーはまともそうな宿は3,000THB以上と信じられないような料金になっていた。ほとんどタイ人しか行かない場所なのに。。

かといって人気のないダムヌンに宿を取っても不便だしと思いつつ「そうだ、(連休の時は渋滞が激しくて行く気にならない)フアヒンはどうだろうか」と調べてみると、さすがに歴史のあるリゾート地だけあって宿はピンからキリまで豊富に用意されていた。


11/5 バンコク - フアヒン

サーイタイ・ピンガオ

サーイタイ・ピンガオ」と告げてうちの近所から乗ったタクシーは「トロンパイ、リアオクワー、トロンパイ、、」と指を指しつつブツブツ言いながら走っているので大丈夫かと思っていたら案の定、道を知らなかったらしく、「ピー、サータイ・ピンガオてどうやって行ったらいいんだい?」と途中で止まった交差点で隣のタクシーに道を尋ねた。
しかし、それまでに何度もピンガオと行っていたにもかかわらず教えてもらったのがサーイタイ・マイだったようで直前になって反対方向に進んでいった。
全くもう!これだからバンコクでもGooglemapは必須なんだよな。
「こっちじゃなくて後ろ!」と軌道修正。

そうこうしてサーイタイ・ピンガオ(サーイタイ・ガオ)に辿り着いたのは家を出てから1時間も経った頃だった。
アヌサワリー近くのロットゥー乗り場はどこ行きのにも歩いて10分以内にはたどり着けるラングナムに住んでいたのは便利だったんだなとつくづく感じた。


サーイタイ・ピンガオ

自分の引越しを追うようにしてアヌサワリーからこちらに移って来たロットゥー乗り場はホームの両側にものすごい数のカウンターがズラーっと並んでいた。
アヌサワリー周辺に散らばってあれだけあったんだからこれでも収まりきってるのかどうか。


フアヒンへ

1時間ほど待たされたロットゥーの客は自分ひとり。
満員にならないと出発しないはずなのにこんな状態でほんとうにフアヒンまで行くのだろうかと訝っていたら10分ほどでサーイタイ・マイに立ち寄った。
なんだよ、それなら最初からこっちに来ればよかったと思ったらそこに停まっていたロットゥーに移らされる。
サーイタイ・マイにも多数のロットゥーカウンターが並んでいたので今度利用するようなことがあるならこっちに来ることにしよう。
それにしてもDACOの「ロットゥーはサーイタイ・マイではなくサーイタイ・ピンガオからなので注意」ってなんだったんだよ。

フアヒンより先のプランブリー行きだったそのロットゥーはサーイタイ・マイから3時間ほどかかってフアヒンに到着。
他の客がほとんど降りて行ってしまった後でホテル近くのソイ67まで行ってもらいそこで降りる。


Veranda lodge

ホテルはそのソイの突き当たり。
ホテル名にロッジという名称が入っていたように、かつてよく利用していたパタヤのNova Lodge風。
つまりリゾートはリゾートなのだが古めかしい感じで案内された部屋も薄暗くて狭い。
セフティーボックスも設置されていたがやはり使えなかった。

それでもこのホテルはオンザビーチだったはず、と荷物を置いてすぐにビーチ方面に向かって行くと敷地内は宿泊棟、プール、レストラン、ビーチという並びになっていた。
先日のゴ・チャーンの宿がそうであったようにちゃんとしたリゾートホテルはビーチにプールが面していてその傍にレストランがあるという作りが普通なのだが敷地の幅が狭いせいでこうなってしまったのだろう。
プールを設置しているのにこれじゃオンザビーチのメリットが生かせない上にビーチに降りるところもわかりづらかった。
客はファランばかりなので誰もやってないが、ファランがビールを頼んでいるところを見るとレストランに注文すればビーチチェアで飲食をすることもできるようだった。
オンザビーチのホテルならこれができないと。

明日は昼から雨の予報だし夕暮れまで時間もないのでさっそくビーチチェアに腰を下ろす。
もっと早く着けていればよかったんだけど家からこんなに時間がかかるとは誤算だった。

いつものようにiPhoneでポケモンGoをやったりFacebookを見たり、時々海に入ったり。
フアヒンといえばパブリックビーチの辺りの尖った岩のイメージがあるのだけれどこの辺りは岩はなく白い砂浜が広がっている。
ホテル自体はそれほど良いとはいえないのでこの隣のban chanchaiとかに宿を取れればもっとよかったかも知れない。
あっちがいくらするのか知らないけれど。

ちなみに近所にポケストップが全然ないな、と思ってたら目の前にポケモンがまとめて現れたw。


Chen Seafood

晩飯はツーリストエリアの中心部、ヒルトンホテルの近所まで歩いて行く。
この辺りまで12,3分、昼間なら歩きたくない距離だ。

そこの通りから一本国道側に入った通りにレストランが多く存在しているのでそちらに向かうが、ビーチリゾートなのにサムイやプーケットとは違いフアヒンは意外とシーフードを表に掲げているところは少なくそのうちの一つのChen Seafoodという店に入ってみた。

ホイマレーンプー・パオ(ムール貝の炭火焼き)

これで100THBは良心的で味もよかった。

アスパラガスと海老の炒め物

こちらも味付けはよかった。

締めのパットウンセンとウィスキー3杯で620THB。
大声で電話をしている中国人のおっさんがうるさかったけどこの店はなかなかいいのでまた利用することにしよう。


11/6 フアヒン - バンコク

朝食

飲み物やサラダはブッフェとして提供しているものの小規模ホテルでよくあるようにメインは注文制。
客層を反映してアメリカンブレックファーストとかが並んでいたがもはや朝からそういうのは無理なのでカオトム(お粥)を注文。
カオトムに味はほとんどないので当然可もなく不可もなく。酢漬けの唐辛子やナンプラーを垂らして食べる。


ビーチ

時間がもったいないので朝食後はさっそくビーチへ。
事前に見た今日の予報は昼から雨だったのだが今日になって改めて見てみると降水確率は10%に下がっており、薄曇りで暑くないのでちょうどいい。

昨日と同じように今日もポケモン、FB、海。


昼飯

数日前から痛風が発症して、ホテルは予約してあったのにフアヒンに来るのもやめようかと思っていた膝は昨日の朝に飲んだ薬が効いたのかもう大丈夫らしかったので昼はホテルのレストランでヤムタレー(シーフードの激辛サラダ)とパッカナープラーケム(カナーという野菜と塩漬け魚の炒め物)、それにビアシン。(レバーよりはマシだけどビールもシーフードもどちらも良くない)

ヤムタレーは想定以上に多かったがやはりイカはプリプリでよかった。
日本のものには及ばないけどタイもイカはお勧め。

チェックアウト後も着替えてビーチでのんびり。
またしても日焼け止めを忘れてしまったのでビーチパラソルの下ながらこんがりと焼けてしまうのだろうなと思いつつ最後のひと時をのんびりと過ごす。
パタヤに比べれば海もある程度綺麗なのでロットゥーの乗り方さえ間違わなければフアヒンは週末にぶらっと来るにはきっといいだろう。


データ

宿

日付 宿泊地 ホテル名 料金 お勧め度 備考
11/5 フアヒン Veranda lodge 2,963THB ☆☆☆
パタヤのNova Lodge的で作りが古くWiFiはあるもののベッドサイドにコンセントがないのは不便だった。
数日前にAgodaで予約。
900THB程度をポイントで支払ったがまともにこの料金を払うならオーバープライス。

移動

日付 移動区間 移動手段 料金 所要時間 備考
11/5 サーイタイ・ピンガオ - フアヒン ロットゥー 180THB 3h30m サーイタイ・マイ経由なので最初からそちらに行った方が良い。
11/6 ホテル - ロットゥー乗り場 トゥクトゥク 100THB 10m
ホテルで呼んでもらった。モタサイもそうだがフアヒンはデフォルトが100THBの模様。
フアヒン - サーイタイ・マイ ロットゥー 180THB 3h30m あちこちで客の乗り降りがあったため時間がかかった。
サーイタイ・マイ - バーンワー
(BTS終点駅)
タクシー 85THB 20m 今後はこの利用方法がいいと思う。
バンワー - タラートプルー BTS 10THB   オンヌットから先と同じくこの区間は別料金らしい。

since 2016/11/10

hf's アジア旅行記