タラート・クローンスワン

もう一つのタラート・ローイピー in チャチュンサオ

どこか近場でおもしろいところはないかと『水上マーケット』をキーワードにインターネットで探していたら、まさしく水上マーケットばかりを紹介しているお宝ページを見つけた。

写真付きで詳細な情報があるもので20ほど、写真無しのものもあわせると紹介している水上マーケットは40くらいになる。
もちろん自分の行ったことのあるタラート・ナーム・アムパワー、タラート・ローイピー・サムチュック、タラート・ローイピー・バーンマイ、タラート・ナーム・タリンチャンもすべて網羅されている。
その中で高評価だったのがタラート・ナーム・クローンスワン(・ローイピー)。
タラート・ローイピー・バーンマイと同じチャチュンサオ県にあるようでさっそくGoogle mapで調べてみるとスワンナプームからチャチュンサオ市に向かう途中にあるらしかった。

そのページにはエカマイからバスということが書かれていたがチャチュンサオならこのあたりからロットトゥー(乗り合いワンボックス)が出ていてもおかしくないので行き先表示を気にしながら歩いているとCMPのひとつアヌサワリー側のソイにやはりあった。
やっぱりな、とそのチケット売場に入ろうとしたがかなり混んでいたのであっさりパス、やはりエカマイからバスで行くことにした。(列に並ぶのが大嫌い)


エカマイを出発

エカマイのチャチュンサオ行きの窓口でタラート・クローンスワンで降りられるか尋ねると「ダーイ・カ」と返ってきた。
それもそのはず、チケットを確認すると行き先が『チャチュンサオ(タラート・クローンスワン)』と書かれていた。
そっか、そこを目的に行く人も多いのか。

エカマイからなのでてっきり大型バスだとばかり思っていたのにプラットホームにやってきたのはロットトゥー。
運転手にチケットを見せて確認するとやはりそうだということだったので乗り込む。

エカマイを出たロットトゥーはスクムウィットをパタヤ方面に少し走ってからオンヌットに入りそのまま北東に進んでいく。
途中で客を拾いながら1時間ほどでスワンナプーム空港のバスターミナルに到着するとそこで係員が乗り込んできてチケットの確認。
そこからはモーターウェーに沿った田舎道を客を拾いながら東へ進む。

Google mapで常に現在位置は確認していたが、途中から乗ってきた若い女性とその母親がクローンスワンで降りると運転手に声をかけたのでこれ幸いとタラート・ロイピーと大きな案内板のあるところで一緒に降りる。
降りたところからそのタラートの入り口までは100m少々。
右手の駐車場には工場か地域の旅行なのだろう、ハデハデ塗装の窓全開バスが数台停まっていた。


より大きな地図で talat nam / talat 100y を表示


クローンスワンに到着

タラート・クローンスワン・ロイピーと書かれた建物に入っていく。
足を踏み込むと幅2mほどの歩道の両脇に店がずらーっとならび、その歩道にも屋根がついているので昔ながらの商店街といった雰囲気。
赤い提灯が中華系の街であることを物語っている。

日本語で水上マーケットというと運河で小舟に乗った売り子が観光客の乗ったボートにワラワラと群がってくるダムヌンサドアックを思い浮かべるだろうが、このタラートナーム・クローンスワンもアムパワーやサムチュック同様、川沿いにできた商店街である。

反対側が見えないほど延々と続いているその商店街を進んでいく。
ここも観光で有名になっているようで、売られているものは日常生活品や生鮮食品ではない、観光客向けのお菓子やおもちゃ、川魚の干物など。
カフェボラーン(布フィルタで入れる昔ながらのタイ式コーヒー)の店やクイティアオの店も並んでいる。
お茶や壷などが売られているのも中華系か。
おもちゃ屋のとなりがクイティアオ屋、カフェボラーンの店の隣に金物屋と勝手気ままに店を作っているのもタイらしい。
(そういえば日本の商店街もそうだ)

運河にかかった橋を渡るとその先がT字路になっていたので川に沿って右に進む。
こちらもずーっと商店が続いている。
この規模は今までのタラートシリーズのなかでも一番大きいかもしれない。

観光客もそれなり多いがそれでもこのあいだのゴ・クレットより歩道の幅が広いので人が詰まることもなく歩きやすい。
それになによりも風通しがいい。

2つ目の橋を渡ってさらに進むとこのタラートの全体を説明しているような家があった。
もと雑貨屋だったらしくガチャガチャやパウダー類、アルコール類がアンティークなショーケースに飾られている。
この手のものはサムチュックにもあった。
ただあちらは2階、3階にも当時の生活の様子を再現していて興味深かったが、こちらは1階の一部のみで奥にも階上にも進めず。

もしかして整備途中なのかもしれないがそういうところはちょっと物足りなかった。


ここにもガトゥーイ!

突き当たりにトイレがあったのでとりあえず行っておくことにした。
トイレ番の少年に5THBを払い用を済まして戻ってくると先ほどの少年(といってもハイティーン)が何かの用事で立ち上がった。
あ、胸が入ってる!!
その艶からして多少お肌に気を使っているかもしれない(!)が、顔も髪型も間違いなく少年。
しかし胸だけはぷっくら膨らんでいる。
タイだから彼のようなのがいてもいまさら驚かないけどあの歳で、しかもこういう仕事をしているくらいの少年が豊胸手術の費用を出せるとは考えづらいから、もしかするとブラジャーにストッキングでも突っ込んでいるのかもしれないな。
実際、そうして女の子にからかわれていた貧乏ガトゥーイ(すでにオヤジ)を思い出した。


センレック・トムヤム

それほど腹が減っていたわけではないがせっかくだからタイ人に倣ってここで何か食べてみようと2つ目の橋の袂にあったクイティアオ屋にはいる。
入り口の若い女の子にセンレック・トムヤムを注文して席について待っているとほどなく日本のラーメンドンブリを思わせる大きな器が運ばれてきた。
クイティアオ屋でこんな器を見たのは初めてだ。
しかもルークチン、ムーデーン、クルアナイ、挽き肉と具だくさんでスペシャルな感じ。。
麺はちょっと柔らかめだったが味はよかった。

ペプシとで40THB。
この量にしてはリーズナブルだろう。

このタラートは途中で休まずふつうにぶらぶら歩いてだいたい1時間ほどだが、ここでは他のタイ人客のようにお菓子を買い食いしたり、クイティアオを食べたりしてゆっくりするのがいいようだ。


帰路に着く

道に出たところにはサラー(バス停)がなかったのでちょっと歩いてみると橋を渡ってすぐのところにやっぱりあった。
しかし近づいて行ってみると浮浪者か地元民かはかりかねるおばさんがベンチに横になって寝ていた。
こういうところでモーターサイ(バイクタクシー)ににいちゃん/おっさんが鼻にヤードムを突っ込みながらいつ来るとも知れない客を待っているというのはタイの田舎でよく見る光景だが、おばさんというのは珍しい。

ロットトゥーはすぐにやってきた。
ところが目の前に停まったその車にはラッカバンと書かれている。
ラッカバンとはスワンナプームからここまで来るあいだにある街。
うーん、ラッカバンで乗り換えというのは面倒だと考え、乗り込まずに先に行かせる。

ところがそれが失敗だった。
どうせすぐに来るだろうとサーラーの手前で待つがその後はバスもロットトゥー全く通りかからない。

日陰がないので雨季とは言えタイの強烈な日差しにジリジリと焼かれる。
反対車線にチャチュンサオ行きのロットトゥーがクラクションを鳴らしながら通りかかった。
うーむ、あれでチャチュンサオまで行ってボーコーソーからエカマイ行きのバスに乗った方がいいだろうか。
と頭に浮かんだのはその車が通り過ぎてからだった。

なんか、足元がグニャグニャ揺れている気がする。
もしかして暑さで目眩がしているのか。。。
うーん、やばいなー、と思ったら大型トレーラーが目の前を走って行く際にまた揺れた。
もしかして、、、
次のトレーラーでもまた揺れた。
え、橋でもないのに大型車が通っただけで地面が揺れるって?
そんなに地盤が緩いのか?

そんな状況で待つこと30分ほど、やっと一台のロットトゥーがやってきたのでエカマイの文字はなさそうだったがかまわず乗り込む。

ラッカバンの手前で検札。
どこまでか聞かれたのでエカマイと答えると『いくらだ』と運転手に聞いている。
うん?なんだ、料金もわからないのか?
運転手が何か言ったがよく聞こえない。
すると前の席の客がどこで乗ったのか聞いてきた。
そうか、乗っている距離によって料金が変わるのか。
「タラート・ローイピー」
「50THB」と検札係が答えた。
行きと同様またもスワンナプームのバスターミナルに立ち寄って検札。
パタヤに行くときもそうだし先日のパークレット行きでも途中の検札はなかった。
同じ路線バスでもこういうのは会社によるようだ。

さてそんなわけで今回のタラート・ナーム・クローンスワン。
今まで行ったことのあるタラートの中では2番めか3番目によかったように思う。
その理由は観光地化されているのはタイの最近のブームで仕方ないとしても昔の状態をある程度保存していて規模も多く、さらにあまり知られてないのか人の数もそれほどでもないので歩きやすいのがなにより。
まあまあお勧めだと思う。


データ編

移動手段

区間 移動手段 料金 所要時間 備考
エカマイ - クロン・スワン ロットゥー 56THB 1h40m エカマイ発なので大型A/Cバスかと思ったらロットトゥーだった。
クロン・スワン - エカマイ ロットゥー 50THB 1h30m  

hf's アジア旅行記へ

since 2010/8/4