ゴ・チャーン 2016/10

今回は3連休に有休を一日プラスして4連休。雨季明けするかどうかまだ微妙なところだったけどゴ・チャーンに出かけることにした。
ほんとこの頃はビーチと言えばゴ・チャーンとゴ・サメットを交互に行っている。

10/22 バンコク - ゴ・チャーン

スワンナプーム空港

9:30に家を出てタクシーを捕まえた。
3連休なので予想通り空港の手前のアウターリングのあたりが渋滞していて10:20に空港に到着した。

チェックインの列もかなりの長さ。
その列にいったん並んでみたものの、隣のinternet check-inと書かれたカウンターは誰も客がいない。
そういうことかと、その場でPGのアプリにログインしインターネットチェックインをして列から離れカウンターに移動するとあっという間に処理が終了した。
便利な世の中になったもんだ。

スワンナプーム空港の国内線利用の際に楽しみなのはフードコートにある山小屋ラーメン
まだやってるかなと向かってみたら潰れずに営業していた。
シンプルな「ラーメン」を注文したらその前後でファランやタイ人の客が注文していた。
これならこの店は安泰かな。
街中では170THBのラーメンが210THBと高めだけどこんなところで博多ラーメンを食べられる幸せ。
ただし麺は柔らかめなので次回からは「センケン」というのを忘れないようにしよう。(でもきっと忘れるw)

こんなところで博多ラーメン

食後に胃の薬を飲んでおきたかったのでAコンコースにあるPGの(誰でも使える)平民ラウンジに向かうとほぼ満席、たしか年に2回しか使えなくなったはずのAIS特典でビジネスラウンジへ入る。
ソファーに座ると係の女性に跪かれて食事メニューを差し出されたがついさっきラーメンを食べたのでビールと水をもらう。
ラウンジでゆっくりする暇もなく10分ほどでボーディング開始のアナウンスが入った。
ま、空港に到着したのも一時間半前とかだったからそんなものだろう。


トラート空港に到着

機内では機内食も断ってひたすら寝続けてトラート空港に到着。
いつものようにロットゥー(ミニバン)カウンターでホテルまで/からの車を手配。
ここを利用するのは外国人観光客が殆どなせいか、係員はテキパキとしていて大変よろしい。

バンコクからやってきた車が多くフェリーの待ち時間が40分もあったがそれでも空港から二時間ほどでホテルに到着した。
家から空港までタクシーで50分、そこからデパーチャーまで一時間半くらいだったからトータルで四時間半くらいかかったことになるけど、それでも連休どきのゴ・サメットよりは時間的に近い。


KC Grand Spa&Resort

年に1、2回チャーン島にやってきているとは言えこのホテルにチャックインするのはたぶん7、8年ぶり。
「以前に泊まったことはある?だったら変わらないわよ」とレセプションのおばちゃんに言われたものの、以前はバンガローがメインだったのに道の反対側まで低層棟が建ち並び完全に雰囲気は変わってしまっていた。
それでも設備もサービスも悪くはなくAgodaの評価が高いのも頷ける。

5つあるプールのうちのメインプール

波は高い

この日のタオルアートは初めて見たイカ。

シュノーケリングツアーの申し込み

夕方までビーチサイドでゆっくりした後に、天気予報アプリによると明日は明後日よりも天気が良さそうだったのでホテルのツアーデスクでシュノーケリングツアーに申し込む。
ところが「これしか空いてない」と5島ツアーを紹介されたものの料金は650THB+200THB(後払い)と安さが気になった。
それでもそれしかないのであれば仕方ないかと申し込む。
それにしても200THBの後払いってなんだ?そんなこと今までなかったぞ。


Oddie Place

晩飯は宿からほど近いOddie Placeと言う店で。
普段は音楽をガンガン流していそうな店だったが国中がプミポン国王の喪に服している今はそんなこともなくうるさいのが嫌いな自分にとっては好都合。

フレンチメニューが多かったのでそういう店なのかとクリームベジタブルスープと浅利のバター焼きを注文。

スープは普通に行けるが、浅利の方は年寄りにはバターがきつかった。

追加のパット・プリックパオ・ムーとウィスキー2杯で840THB。
精算をしようかというころになって大粒の雨が降り出した。


10/23 ゴ・チャーン

大きなホテルだけあって味はともかく朝食の種類は多かった。

シュノーケリングツアー

今日はシュノーケリングツアーの日。
時間前にピックアップに来たソンテウに乗って一時間ほどで船着場へ到着。
そこで「船着場の先まで行ってカードを見せろ」とラミネート加工された黄色いカードを渡される。
タイ人を先頭に埠頭の先端まで行くと船に案内された。

乗客の半数近くが中国人、残りがタイ人、ファランは0、日本人も多分自分一人。
料金の安さからしてある程度予測できたとはいえチャーンにもこんなに人民が増えてきたのは驚きだった。

到着から出航までさらに一時間待たされ、さらに一時間航走してやっとシュノーケリングポイントに到着した。
料金は倍以上するけど効率から言ったらやはりスピードボートだな。
あるいはそこまで行かずとも各ビーチに船で迎えにきてくれるツアーのほうが効率的。
今回はそれすらなかったんだから仕方ないけど。

ここにきてやっと青空の面積の方が雲より多くなってきた。

船上でひとり40THBづつ徴収された。
後から数名の係員が乗り込んできて人数を(いい加減に)確認していたということはどうやら入域料の徴収だったらしい。

隣の船。これは楽しそうだった。

ここで最初のシュノーケリング。
岩礁の周りにロープで仕切られたエリアがありこれならボートに引っ掛けられる心配もなく安心。
地形的なものなのか昨日のビーチより波も穏やか。
ここで45分の停泊だったので、周りの見えない初心者にひっぱたかれたり蹴られたりするのが嫌なのでなるべく人のいないエリアに進んで行く。
浮遊物はちょっと多め、チンクイなのか時々チクっとくるので急いで移動する。

魚も多いが人も多い。

昼食は他のスローボートもそうであるように船の上で、鶏肉と玉ねぎ炒め、カイチアオ、ガイトート。
それに食後のフルーツ。
安いツアーだけどどこかの島の味のしないカオパットよりはだいぶマシ。
船上でビールも売られていた。

次の島は上陸することもできた。Googlemapによるとどうやらこれがゴ・ランという島らしかった。
島には管理小屋が置かれており、タイ人40THB、外国人は200THBと書かれたいたが全員一律40THBだったのは支払う側も徴収する側もきっと面倒臭かったんだろう。
いつまで二重価格をやってるんだよ、と思いつつこういういい加減なところもタイらしい。

ゴ・ランは真っ白なビーチ。
ということは魚も少ないわけなんだけど500mくらい離れた小島に近寄って行くと岩場になっていつものオヤビッチャだけでなく、青緑色のブダイや真っ青な瑠璃スズメとか、カラフルなイソギンチャクが豊富に見られた。
ここは他の客はほとんど来ないのでお勧めポイント。

その他ゴ・ラン周辺で2ヶ所、それぞれ45分停泊してゴ・チャーンに戻るともはや夕方の5時を回っていた。
そこからは人民とともにソンテウに揺られてホテルに戻る。

その途中で道沿いを何気なく眺めているとクロンプラオとハートサイカーオの間に(Expressではない)Lotusができていた。じゃるーんれーお。

部屋に戻って来るとサングラスをかけたブルドッグのタオルアートがお出迎え。
部屋に置いていったサングラスを勝手に使うあたりがタイなんだけど思わず吹いてしまった。


Jinda

今日の晩飯はやはり宿に近いJindaという店へ。
シーフードプレート、ヤムタレーを注文してビアシンを一本。
「大瓶か小瓶か」と聞かれたので大瓶といったにもかかわらず小瓶が出て来た。

シーフードプレート

いろんな種類の物が少しづつ食べられるので1人で頼むには好都合なのだけど、それほど物が良くないのか取り立てて美味くもなく。。360THB。

ヤムタレー

ビーチに来ると定番のシーフード入り激辛サラダ。こちらの辛さは本格的。

追加でパットプリックゲーンムーとビアシンを注文しトータルで730THB。


10/24 ゴ・チャーン

今日は特に用事もないので9時過ぎに起き出してカーテンを開けるとシトシトと日本のような雨が降っていた。
タイの雨はボツボツボツ、ザーーーときてぱっと止むのが普通だからこんな雨は珍しい。
昨日シュノーケリングに行っておいたのは正解だったようだ。

案の定、激混みのレストランで朝食を済ますと雨のおかげでビーチに出ようにも出れないので部屋でFBやポケモンをやって過ごす。
そのおかげで昨晩以来トライしている、ホテルのレセプションのジム(当初レベル8もあった)をやっと取ることができたw。

11時過ぎに階下のプールから子供の叫声が聞こえてきたのでベランダから見下ろしてみるとやっと雨が上がっていた。
バスタオルを持ってビーチサイドに向かう。

それから徐々に天気が良くなり3割くらいは青空が見えてきた。
乾季に入ったわけではないようだけどこれくらいなら上等だ。

ビーチチェアに寝そべってビアシンを飲みながらFBを見たりポケモンgoをやったりして過ごし、暑くなってくると海に入って波に揉まれる。
まだまだ波は高くて足元をさらわれそうになるけど一昨日よりはマシだろう。
ファランはこの時期に不敬じゃないかと思われるトップレスw。

昼もビーチサイドでクラブサンドウィッチとビール。
ビーチチェアに寝転がったまま飲食のできるのはタイのリゾートの大きな利点。
日本ではせいぜい民宿くらいだからこういうところって行ったことないんだよなぁ。

4時くらいからポツポツ雨が降り始めたので部屋に戻る。


taste of india

シャワーを浴びてゴロゴロした後に食事に出かける。
まだ雨は降っているのでまたしても近場のインド料理の店に入る。
サムイもプーケットもチャーンも、タイのビーチリゾートにはインディアンやイタリアンが多い。
最近でこそ食べる人が増えて来たとは言えタイ人の間でまだまだインド料理は一般的ではないからきっと外国人客を当て込んでいるのだろう。

ザブジ

ザブジとは野菜カレーのこと。どうやら北インドのようでクリーミーだけど悪くはない。

マタール・マッシュルーム

グリーンピースとキノコのカレー。
こちらも濃厚なソースながら辛めにしてもらったらちょうどよかった。

注文する際にインド系らしきにいちゃんに「これはチャパティなのか?」とメニューのロティーをさしながら尋ねるも意味が通じずママを呼んできた。
そういえばチャパティがこういうものの総称なんだったけか。

チャパティ2枚とワイン2杯とで740THB。

やって来たときは小降りだったが店を出るときに道は川になっていた。


10/25 ゴ・チャーン - バンコク

ルーフトッププール

ビーチでの最終日というのはどうしようかたいてい迷うのだが、空港へのピックアップは3時なのでそれまではルーフトッププールでのんびりすることにする。

プールは最近の流行り(どうやらシンガポールの高級ホテルのマリーナベイサンズがこんな感じらしい)の、エッジが見えなくなっているタイプで、そのまま海につながっているような錯覚を感じる。
特にここで仰向けになってプカプカ浮かんでいるとそのまま落ちていきそうな気になって来る。
5つ星とか4つ星とかそんなに高級ではないけれどこのホテルの設備はなかなかよい。

12時前に水着のまま荷物を預けてチェックアウト。
またプールに戻りその後もビールを飲みながらプールサイドでスパゲッティーパッキーマオを食べたり、最後の時間をダラダラと楽しむ。


バンコクへ

3時前になったのでチェックビンを済ましレセプションで荷物を受け取って着替える。
メインレセプションに荷物を置いてATMに向かおうとするとすぐに空港行きのロットゥーがやって来てしまった。
約束の3時までまだ10分以上あるのに。

港へのロットゥーの乗客は自分ともう一人だけ。
島の埠頭までは20分ほどで到着した。
連休から1日外れているので混んでもおらずすんなり乗船、トラート空港にもチェク院開始時刻より早めに到着してしまった。

セキュリティー前の売店でビールを飲んで過ごした後に(乗客全員が利用できる)平民ラウンジに向かうと機材到着前に激しいスコールがやって来た。
そうか、やはり雨季は明けてなかったか。


雑感

気候

初日は夕方から雨、二日目は夜間に雨、三日目は朝から雨だったが11時頃に上がり夕方から豪雨、四日目は夕方にスコール。
やはり雨季はまだあけていなかったようだったがそれでもいつかのように一日中降るようなことはなく。


データ

移動

エアー

日付 区間 便名 機材 料金 備考
10/22 スワンナプーム - トラート PG305 ATR72-500 2,650THB
10/25 トラート - スワンナプーム PG308 ATR72-600   JALのアワード利用。
相変わらずのキャンペーン中で本来は往復5,000マイルだが往路は空いておらず復路のみの利用。

その他移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間 備考
10/22 トラート空港 - ホテル ロットゥー 900THB
(往復)
2h 混んでいたためフェリー待ちが50分くらいかかった。
10/25 ホテル - トラート空港 ロットゥー 1h40m  

宿

日付 場所 ホテル名 料金 お勧め度 備考
10/22 - 10/25 ホワイトサンドビーチ KC Grand Hotel&Spa 9,975YHB/3Nighs ☆☆☆☆★
バンガローメインの以前からは様変わりして大型のホテルになっていた。
設備も良く従業員も手際が良かった。
欠点を挙げるとすればプールサイドと朝食時に人が多すぎることくらい。
Agodaで予約。また利用してもいいと思う。

その他

日付 費目 料金 備考
10/23 シュノーケリングツアー 650THB
他はフルブックでこれしか空いてなかったスローボートによる5島ツアー。
中国人とタイ人が半々でファランはおらず。
「200THBは後で払って」と教えられるがそれがなんなのかはこの時点ではわからず。
10/23 ゴ・ラン入域料 40THB
到着前に船上で徴収されたが本来外国人は200THBらしい。


since 2016/10/29

hf's アジア旅行記