ゴ・サメット 2017/11

10/26 サメット1日目

エカマイへ

今日は前国王火葬式の休日、コンドーの前でタクシーを止めエカマイに向かうと普段とは全然違って全く渋滞もなく25分でバスターミナルに到着した。
時刻はまだ8時半、サメットの対岸になるバンペー行きのバスは9時発にまだ空席があった。

往復チケットは明日帰りしか取れないとのことなので片道で購入。
ボートのジョイントチケットを勧められるが多分スローボートなのでそれは拒否。
そういえばバスの到着するあそこのボート乗り場ってやはり関連会社か何かなのだろうか。


バンペー

バンペーへ向かう道は、バンナートラートが全く混んでいなかったのとイースタンシーボード工業団地の裏側を通る道が整備されていたのもあり普段なら4時間ほどかかる行程が3時間で到着した。

スピードボートのチケットブースでウォンドゥアンビーチ行きを申し込むと「最低2人からになるから他の客が来るまで待ってくれ」と係員。
「いつ出発になるんだ」と確認すると「集まったら出発するからそこら辺んで待っててくれ」と言われる。

それならと念のためにトイレに向かう。
そのもどり道、雑貨屋の冷蔵庫にビールがあったので「ビア?」と声をかけながらビアシン缶を取り出すと時間外であるにもかかわらず何の躊躇もなく販売してくれた。
今日は酒類販売禁止日という噂もあったがそうか、やはり個別対応なんだ。
これなら多分、島は関係ないだろう。


ウォンドゥアン

乗客2人だけの小さなモーターボートで島に向かう。
ウォンドゥアンビーチに上陸すると迷彩服を着たレンジャー(国立公園職員)が近寄ってきた。
手にしているのは200THBのチケットの束、外国人用である。
「タイに長く住んで仕事をしているんだ」とタイの運転免許証を見せると手をひっくり返して40THBのチケットを見せた。
最近徴収されていなかったけどやはりの二重価格制。

さっそくオンザビーチのホテルにチェックイン。
家から5時間かかってやっとビーチに到着したけどこれでも最短時間かも。

今日の宿はウォンドゥアンリゾート。
たしか以前利用したはずだけどかなり拡張されガラリと様変わりしていた。
広い敷地内に一部屋づつのバンガローが続いている。
2部屋ごとだと隣のファランが○○○を始めてしまうとうるさくてたまらないので一部屋ごとというのはありがたい。


昼飯

荷物を置き海パンに着替えてさっそくビーチに出る。
まずは昼飯だ。
ビーチに面したレストランには7、8組の客がテーブルについていた。
対するウェイトレスは2、3人、パニック状態であることが一目でわかる。

席についてもメニューなんて持ってこないのでメニューの置かれているところまで取りに行き通りかかったものの無視しようとしたウェイトレスを呼び止めビアシンとガイヤーン、ソムタムパラーを注文する。

ガイヤーンは「ピック(手羽先)しか残ってないけどいい?」と言われたが頼んでみたらやはり美味い。
サメット島てなぜかガイヤーンが美味いんだよな。
ソムタムパラーと一緒に食べているとまるでイサーンにいるようだ。

昨日雨季開けしたので天気がいいなと思っていたら食べている最中に急に天気が変わってスコールがやってきた。

30分も経たずに雨がやんだところでビーチチェアを確保。
日の暮れるまでにはまだまだ十分時間がある。

そのビーチチェアでごろごろしていたら何か所もブヨに噛まれていた。
そうかここにもいるのか。普通のかゆみ止めは持ってきているけどブヨ用の強力なものは持ってきてないわ。
これ、もの凄く痒くなるんだよなぁ。


晩飯

夕食時も相変わらずパニックなホテルのレストランを避けオペレーションが割と回っていそうな店に入る。

店先にシーフードが並べられていてそこから選んで調理してもらうスタイル。
ホイワーン0.5kgととプーマーヌン2匹をパオ(炭火焼き)にしてもらうよう頼み、席についてからキャベツ炒めと(持ち込みウィスキー用の)ソーダと氷をもらう。

ホイワーンはSweet Shell Fishと書かれていたけどたぶんバイ貝。
特に甘いわけでもなく味も薄め。これならTeppenのバイ貝のほうが100倍美味い。
トータルでなんと1090B。
値段を聞かずに頼んだプーマーが550THBもしていた。
最近プーマーもバカにできない価格なんだよな。


10/27 サメット2日目

ホテルの規模が大きいおかげで朝食ブッフェは種類が多かった。

それでもアメリカンブレックファースト系は嫌いなのでゲーンチュートパック(野菜スープ)とカオトム(お粥)、それにサラダを摂る。
これ以外にもタイ料理もいくつか出されていて種類は豊富。
こういうのは宿の規模によるもんだな。

今日一日の場所を確保しようと部屋に戻る前に水際を歩き大きな木の下に場所を見つけた。
ビーチチェアは近くに積み上げられているものを自分で移動させるようだ。

今日もいい天気。
時折本土側から船がやって来て艀で難民のごとく旅行者が運ばれてくる。
船着き場のないウォンドゥアンならではの光景。

昼飯

昼は今度こそガイヤーン
ヤムウンセンタレーとビアシンもセット。
やっぱりここのガイヤーンは肉もしっとりしていて漬け込んでいるタレも美味い!!


シュノーケリングツアーの申し込み

ホテルのツアーカウンターには誰もいなかったのでTom Pizzaのほうに歩いて行ってその隣のレストランで明日の6島ツアーを申し込む。
5島は500THB、6島は600THBで昼食付。
どちらも午後出発なのでいいのだがたぶん5島のほうは実際はないのであろうな。
昼にピックアップで夕方戻り。

晩飯

今日はあまり動いておらず、それなのにずっと飲み続けていたのでそれほど腹は減ってなかったので晩飯はシーホースという店で カイチアオプー(蟹入り玉子焼き)と野菜炒め、それにカクテルのバカルディ。(400THB)


10/28 サメット3日目

今日はトムカーガイ、カオトム(お粥)、サラダの朝食。

途中ハートサイカーオへ寄った後に15分程度で一つ目の島に到着。
ここでちょっとまずい兆候が出てきた。
まだすぐにどうこうはなりそうにもないが、下腹に違和感を感じめたのだ。
念のためイモディアムを飲んでおく。

一つ目の島では出発時刻も尋ねずに海に飛び込むと浮遊物は多いがいつものオヤビッチャに取り囲まれる。
尻尾が上下に綺麗に伸びたマナガツオのような魚が珍しい。

写真を撮りながら15分ほど泳いでいると懸念していたことがそろそろ現実的になってきた。アソコがヒクヒクしている。
このまま誰もいない場所まで行って海中◯んこするか、それとも我慢できるか。。
そもそも海中でしたら周りにまとわりついてきたりしないのか。。

取り敢えずボートに戻りイモディアムをもう一粒。
これでなんとか収まってくれればいいのだが。

2つ目の島はここもなんども訪れたことのあるゴ・クディ。ここで昼飯休憩。
上陸すると国立公園の入場券を確認される。なければタイ人40THB、外国人200THB。

チケットのチェックが済むや否や小走りにトイレに向かう。
個室のドアを開けると水桶、手桶の置かれた完全タイ式。
膝が硬いのでこれは非常に苦手。
以前は便器に尻餅をついてしまったこともあるが、今回は中腰で済ます。
幸い海パンだったんで洗い流すのも気にせずによかった。

落ち着いたところで船着き場の方に戻ってくると本来は国立公園はアルコールの持ち込みすら禁止なのにレンジャー(国立公園職員)が露店でビールを売っていた。
こういうところはユルユルなタイランド。

3つ目は写真を撮るだけ。
4つ目はゴ・グワイ 、5つ目はゴ・カームでこの二つ島の間は泳いで渡れる。
(ただし流れが速いこともあり以前流されそうになったことがある)

6つ目は岩に穴の開いたゴタル
穴の付近は流れが速くなっておりえさを求めてか魚が多かった。

ここはシュノーケリングの後にビーチへ移動して休息。
結構波が高くてちょっと岩場の方まで泳いで行くと流されそうになった。


10/29 サメット4日目

今日は夕方のバスでバンコクに戻ればいいだけなので14時45分のボートが迎えに来るまでゆっくりと過ごす。

今日の朝飯はタイぶっ掛けをチョイス。
ガパオムーとパットプリアオワーン(甘酸っぱい炒め物)、それに赤米の組み合わせ。
ふだんフードコートではたまに頼んだりするけどホテルの朝食に赤米を見るのは初めてかもしれない。
いつもの朝とは比べようもないくらいゆっくりと朝食を終え水着に着替えてプールサイドへ。

今日もいい天気。
初日はスコールが来たがやはりこの時期にサメットに来たのは正解だろう。
プールサイドもうっとおしい某国人はおらず静か。
飛行機と違い、近い割りに行き帰りに時間がかかるのが難点だけどこういうところはサメットの良さの一つ。

プールサイドで着替えられる場所を見つけていたので、昼前に部屋からいったん荷物を持ってきてそのまま預けてチェックアウト。
プールサイドのデッキチェアはキープしたままレストランで最後のガイヤーンとビアシンを楽しむ。
ほんとにサメットってガイヤーンがイーサーン並みに美味い。

14:45のスピードボートでバンペーに戻ったものの、次の大型バスは18時ということだったので17時のロットゥーでバンコクに戻る。


データ

移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間 備考
10/26 自宅 - エカマイ タクシー 113THB 25m  
エカマイ - バンペー ACバス 151THB 3h
今までで最短時間
バンペー - ウォンドゥアン スピードボート 往復で500THB 20m  
10/29 ウォンドゥアン - バンペー スピードボート 20m
バンペー - エカマイ ロットゥー 200THB 3h40m 3時半前に着いたのにロットトゥアーは18時だったので17時のロットゥーにした。荷物は足元に押し込まねばならずキツキツ。

宿

日付 場所 ホテル名 料金 お勧め度 備考
10/26-29 ウォンドゥアンビーチ ウォンドゥアンリゾート 6,617THB/3days ☆☆☆★
バンガロータイプの宿。
かなり規模が大きく、以前泊まったことがある気がするがまるで様変わりしていた。
部屋のメンテナンスはそれなり、広さはTom Pizzaよりはだいぶマシ。
ミニバー、DVDプレーヤー(ディスクはレセプションで貸し出し)がある。
Agodaで予約。

その他

国立公園 40THB
6島ツアー 600THB

since 2017/11/18

hf's アジア旅行記