ヴィエンチャン近況

(2015/7)

今回のラオス行はタイVISA取得のため。

平日の午前中に申請すれば翌日の午後に受け取れるので月曜申請で火曜受け取りが一般的なのだが、ドンムアン発6時の便なんて乗ってやって来ても睡眠不足で1日中ゾンビ状態になりそうなのでそれを避け、月曜の午後にゆっくりと飛んで火曜日申請、水曜日にVISAをもらってからもそのままバンコクには帰らずにノーンカイかウドンを見てから帰ろうかと考えた。

今回はヴィエンチャンのレストラン情報がメイン。


ヴィエンチャン(とノーンカイ)のレストラン情報

InterCityホテルのソイにあり何度か利用したことのあるイタリアンのLa Gondolaは閉店。
歩き方、ロンプラ両方に載っていて評価の高かったフレンチのLe Silapaは影も形も残っておらず。
ナンプー近くにあったフレンチのLe Provencalも閉店。
同じくフレンチのL'adresseはランチの看板を出していながらランチは中止。
ロンプラにはビエンチャンは安くフレンチを楽しめる街と紹介されていたがどうやらフレンチは厳しいのかもしれない。

Ai Capone

BestWestern hotelのあるソイ、Sinnakhone hotelの向かい側にできたイタリアン
雰囲気もなかなか良い。

高いかもとある程度覚悟したが、ナスの重ね焼き、スパゲッティアラビアータ、ワインのデキャフェ500mlで207,000LAK=800THBとリーズナブル。
アラビアータの辛さが足りないことを除けば満足。

Cafe Indochine

BestWestern内にあるベトナム料理レストラン。
上記のフレンチ料理店を探しまくって疲れ果て表に出ていたコースメニューに釣られて入った。

しかしいらないデザートまで付いているコースメニューは180,000LAKと割高だったの単品で注文。
海老のすり身の串焼きも生春巻きも店の雰囲気同様に上品な味。

牛肉のサラダ、グラスワインとで170,000LAK。

L'Opera

バンコクに本店のあるイタリアンの名店。
アンチョビーのサラダとアスパラとガーリックのトマトソーススパゲッティ、それに赤ワインのデキャフェ500mlを注文。

この店は最初に出てくるピザ生地のようなパン類がまず美味い。

そしてスパゲッティの茹で加減もバッチリ。

値段は32,000LAK(=1,340THB)とけっこうしたが納得の味。
昼はほとんど客が入っていないが今晩は入れ替わり立ち替わりで7組がやってきていた。
この分ならこの店は安泰だろう。

Xang Khoo

ヴィエンチャン最終日の昼飯に入った店。
ナンプーのすぐ北側にあるカフェ風の店、前の晩はファラングループが入っていた。
名前は中華風だがメニューには洋食が並んでいる。

Meditteranianというセットメニューを注文。
グリークサラダ以外料理名も知らなかったがファラン受けしそうなもので美味かった。
グラスワインと食後のラテとで142,000LAK。

ディーディーポッチャナー

こちらはノーンカイの街中にある地元の人気店。
タラートのような店内では足りずに歩道の上まで広げた客席は7時にはほぼ満席。
その理由は豊富なメニューと良心的な価格。

好物のゲーンチュート・マラ(苦瓜のスープ)、ノーマイ・チーン(筍と鶏足のスープ)、ヤム・ムーヨーを頼んでビアシン。
筍はたぶん中国産の缶詰め利用で味も食感もダメだったがゲーンチュート・マラは正解。

ヤム・ムーヨーはタイ人向けでかなり辛めでビアシンには合う。

ちょっと物足りなかったのターフートート(揚げ出し豆腐)を追加。
こちらは近所にあったマリガーが移転して以来。

ビアシン2本を含めて520THB。

ノーンカイレストラン

ホテルには朝飯が付いていなかったので朝昼兼用で入った店。
好物のカオグルックガピ(混ぜご飯)とアスパラ炒めを注文(255THB)。
他に客はいないのに10分以上待たされた。


ヴィエンチャンの様子

見違えるようにおしゃれな街と化しているヴィエンチャンだが、上述のようにレストランの入れ替わりは激しくなっているように思われた。
また信号が増えて車の渋滞も多少は発生、川沿いの遊歩道ではエアロビダンスが行われるなど徐々に経済も発展し人々の健康に対する関心も上昇しつつあるようだ。

マッサージ店も増えたもののタイと同じくらいな料金ながら相変わらず内容はお粗末。
暇つぶしに入るのでなければタイに戻ってから受けた方がお得だろう。

ピーマイ(ラオ正月)の際に作られたらしいオブジェがメコン川の河原に残っており格好の記念写真撮影場所となっていた。


ワットケーク

ノーンカイにある仏教テーマパーク。
ヴィエンチャン側にも同様なものがあるがそこを造った人が(パテトラオによる共産革命が終結した)1975年にタイに亡命しこちらに作り直したものだと歩き方に書かれていた。

 
 
 
 
 
   

規模はこちらの方が大きく見応えがある。
ノーンカイで時間があればぜひお勧めする。
というかこのためだけに自分はノーンカイに宿をとった。


データ

エアー

日付 区間 便名 機材 備考
7/13 BKKUTH WE004 320-200
ノックエアーよりThaiSmileの方が安かった。1,450THB
7/16 UTHDMK DD9215 737-800
帰りはノックエアー。1,170THB

その他移動

日付 区間 移動手段 料金 所要時間 備考
7/13 ウドンタニー空港 - ノーンカイ国境  ロットゥー 200THB 1h  
国境間 バス 15THB 10m  
タナレーン国境 - ホテル トゥクトゥク 200THB 40m タクシーは300THBと言っていた。
停留所が分かりづらいが市内行きのバス(元都バス?)も発着している。
7/15 ホテル - タナレーン国境 タクシー 10,000LAK 40m  
国境間 バス 4,000LAK 10m  
ノーンカイ国境 - ホテル トゥクトゥク 50THB 15m バスターミナル行きの乗り合い
ノーンカイ市内 - ワットケーク(サーラーゲーオクー) トゥクトゥク 400THB 1h30m 川沿いのプラタートラーノーンと込みで往復
7/16 ノーンカイ - ウドンタニー ロットゥー 50THB 1h ノーンカイバスターミナル発でウドンのCentral Festivalに到着。
このまま空港にも行くらしい。
ウドンタニー - 空港 タクシー 150THB 15m メーターは付いているのに使おうとしない。

宿

日付 都市名 ホテル名 料金 お勧め度 備考
7/13-14 ヴィエンチャン Lalco AR hotel 2,005THB/2days ☆☆☆
AC、WiFiあり、セフティボックスなしで料金相応の中級ホテル。水回りが臭う。
ナンプーまでは歩いて10分程度でGoogle map上ではAroon Residentとなっている。
Agodaで予約。
7/15 ノーンカイ White Inn Nongkhai 560THB ☆☆☆☆
その名の通り真っ白な外見で部屋も清潔で落ち着いたインテリア。
AC、WiFiあり、セフティボックスなしというのは同じながら前日のホテルの半額で快適さは倍。
朝食なし。
Agodaで予約。

その他

7/13 ラオスイミグレーションRFID 5THB ラオス入国書類は必要なくなった。
7/14 ワット・シーサケット 5,000LAK  
7/15 ラオスイミグレーションRFID 0THB 時間内は無料。OTだと10,000LAKの模様。
ワットケーク 20THB 外国人も同料金

since 2015/7/28

hf's アジア旅行記