ロッブリー日帰り旅行
(2009/10)

ロッブリー行き

ロッブリーは猿に占領された寺で有名で、というかそれくらいしか知らない。
なのでたいして興味もわかず行ったこともなかったのだが、また今週も近場に観光にでも行ってみようかと金曜の寝る前にふと思い立ち、歩き方をめくりながらまだ出かけたことのないところはどこかと検討してみた結果、手ごろなのがたまたまロッブリーだった。
(ちなみに遺跡で有名なスコータイも、早起きが必要なダムヌンサドゥアック(水上マーケット)もまだ一度も行ったことがない)

交通手段はフアラムポーン(バンコク中央駅)発の列車かモーチット(北バスターミナル)からのロットトゥアー(大型バス)、それに家のすぐ近くのアヌサワリー(Victory Monument)からのロットトゥー(乗り合いワンボックス)があることがわかっている。
列車は旅に出るぞという雰囲気を盛り上げるのにはいいのだが、帰りならまだしもフアラムポーンまで行くのが面倒だし時間がかかる。
モーチットに行くのもBTSだと駅から結構な距離を歩かなければならずちょっと面倒なので、だったらロットトゥーで行ってみようと考えた。
そうして、いちおう泊まることも想定して着替えと洗面用具をデイパックにつめ、カメラ、ガイドブック、モバイルコンピュータをウェストバッグに入れて土曜の10時前に家を出た。

アヌサワリーから

BTSのアヌサワリーの駅の北側改札をでると病院脇の側道にロットトゥーがいくつか並んでいたのでパヤタイ通りに一番近いところに机を出していたおっさんにロッブリー行きを尋ねると『ナンバー4、ナンバー4』と右手のほうをさされた。
サンダルにワークパンツ、Tシャツという姿ながらデイパックと真新しいウェストバッグという格好が外国人と判断されたようだ。

言われたほうに向かってみると大きなパラソルの下にロッブリーと書かれたプレートを下げた机が出ていた。
「ロッブリー」
「110THB」
「いつ出発するの?」
「もうすぐ」

30分に1本くらいとDacoのバックナンバーのロットトゥー特集には書かれてあったので他の乗客たちと10分ほど待っていると1台のToyota Commuterがやってきた。
しかしボディー横に書かれたナンバーは14でチケットに書かれた車両番号は34。
どうやらこれとは違うらしかったが、先ほどから「ロッブリー、ロッブリー」と呼び込みをしていたおっさんが「34はどうした。なんで14が先に来た」と運ちゃんに問いただしていた。
運転手の答えは聞こえない。たぶん先に来るはずのその34番は途中の渋滞に引っかかっているのだろう。
それでも何事にも柔軟な社会の(いい加減とも言う)タイ、「はい、34番の車のかた、こちらです、どうぞ」と客を乗せ始めた。

パヤタイ通りを北上して間もなく右折しアーリーのゴルフ練習場の脇を通ってヴィパワディーランシットに入る。
そのまま進むと国道2号線につながり、チェンマイまで通じているこの大通りは、上に有料の高速道路、下はちょっと平面性に問題はあるものの100km/hくらいで飛ばせる準高速道路。
この時間の郊外方面行きは渋滞することもないのでわれらがロットトゥーはそのまま下の道を突っ走り以前の空の表玄関だったドンムアン空港を通り過ぎる。
一部の国内線が残っていたTGもすべてスワンナプームに移ってしまった今となっては財政難から運行休止になっているOne−2−Goとこっちも危なげなNok Airが残っているだけで離発着の飛行機もなくひっそりとしていた。


死亡事故

しばらくウトウトしているとブレーキのマイナスGで目が覚めた。
その瞬間に目に入ったのは車の脇、中央分離帯のすぐそばに倒れている女性。
男が一人、かがみ込んで心配そうに顔をのぞき込んでいるが、女性の方は大の字になったままピクリともせず頭の辺りから流れ出たばかりの血が広がっている
そのすぐ先に急ブレーキのあとが生々しいピックアップトラックが停められさらに横倒しになったバイクが転がっていた。

後ろに注意もせずに側道からふらふらと飛び出してきたバイク(しかも暑いからノーヘル)を猛スピードで突っ走ってきたピックアップトラックが跳ね上げたのは間違いないだろう。
バイクを運転している方は自国にバイクの免許のあることを知らない連中がほとんどだし、車の免許も縦列駐車ができれば取れるようなイージーさなので、まず間違いなく危険予知の講習などは受けていないし、TOYOTAのVIGOもISUZUのD−Maxも最近のピックアップトラックはやたらとパワーがあってスピードが出る。(まさにキチガイに刃物)
なのでそういう予知能力(タイ人はもともとそういう能力に欠けている)のない連中が、取り締まりもほとんどない状態のために無茶なスピードをだしているのでこういう事故はタイでは本当に頻繁に見かける。
この被害者もたぶん即死だったにちがいない。
(たぶん死亡保険金も10万THBくらいだろう)


ロッブリー到着

ロッブリーの街中で何度か乗客を降ろしながら12時過ぎにロッブリー駅近くのロットトゥー乗り場に到着。
道の反対側にモータサイがたむろしているものの声をかけてくることもなく昼寝の真っ最中のような街である。

ロッブリー駅

トイレに寄るついでに駅で時刻表をチェックしてみる。
バンコク行きは日に20本近くあるようだがそのほとんどが深夜〜早朝の発着。
午後発は12時台も含めて5本のみ。
しかもバンコクまで3時間以上かかるようだった。
これじゃ無料にでもしない限り乗客が頻発しているバスに流れるのは当然だろう。
やっぱり頭が悪いタイ国鉄。

明らかに旅行者然とした荷物を背負い待合室を出たり入ったりしていると「モンキーテンプル、バイシクル」と声をかけられた。
声のしたほうを見ると真っ黒な、まさしく猿のような顔をしたおばちゃん(といっても自分より若い可能性が高い)が自分の胸ぐらいの位置に突っ立っていた。
おまえが猿だろ!

この街では日本人はまだ見かけていないが、大きなザックを背負ったファラン(白人)旅行者はそこそこ見かけた。


ワット・プラ・シー・ラタナー・マハタート

駅の目の前にクメールぽい遺跡がある。
歩き方を開いてみるとワット・プラ・シー・ラタナー・マハタートというものらしかった。
例によって窓口にはタイ数字で10THB、英語で50THBと書いてあったので知らんぷりして20THB札を差し出すと「フィフティ・バーツ」と言われる。
ゴルフはやめたし海にもあまり行ってないのでどうも最近は外国人に見られるようだ。

「タイに永いから10THBでいいでしょう?」
「身分証明書は?」
いつも財布に忍ばせているタイの免許をここぞとばかりに差し出すとしげしげと眺めたあとで納得したのか『10THB』と言ってきた。
いちおう断っておくが、自分はその数十THBをケチるほど貧乏なわけでもないし、貧乏旅行を自慢するほどの初心者でもない。
タイのこの2重価格制度が気に入らないのでせめてもの抵抗をしているだけである。

そういう風にして入ったワット・プラ・シー・ラタナー・マハタート、歩き方にはクメール様式と何やらが混じってと説明されていたのだが自分にとっては単なる廃墟。
現在も人が住んでいる古い住居や町並みなら興味があるが、歴史のかなたに捨て去られたものは世界遺産級の特別な例を除いてまったく興味がわかない。


プラ・ナーラーイ・ラチャニウェート宮殿(博物館)

ここでは大学名にもなっているKing Mongutとして知られるラマ4世が建てた宮殿やアユタヤ朝のナラーイ王の住居などを博物館として解放している。
何か言われる前に免許証を出してタイ人料金にさせる。

敷地内に入ると左側の緑地に壇に座った100人を越える少女たちがガイドの説明を受けていた。
制服ではなく様々な色のポロシャツ姿だったがたぶん高校の旅行だろう。
ピーチクパーチクうるさいだろうし渋滞するのは間違いないので建物に先回りする。

先にラマ4世の宮殿に入ってみた。
ここは建物の内部はそれっぽいのだが、ラマ4世時代の展示物は少なく、ほとんどがクメール遺跡の出土物。
近代の調度品や建物はまだしも、土から出てきたものにはそれこそ全く興味はない。

撮影禁止のはずの館内でタイ人客はぜんぜん気にせずパチパチとシャッターを押していた。
タイ語では書いてないのかと下足置き場の脇に書かれていた注意書きを読んでみると『撮影禁止』としっかり書かれている。
係員は相当数いるのだがアパートの警備員同様全く役に立っていない。
決められた規則は厳格に守るインドだったら警官が飛んできて警棒でひっぱたかれるところである。

鬼太郎に出てきそうな石像

先ほどの集団がこちらに入ってきたので逆に隣のナーラーイ王の旧住居の方に向かう。
入り口に入ってすぐの右側にガラスケースの中にナーラーイ王の像が飾られその功績がタイ語と英語で書かれていた。
ここには外国から送られてきたらしいマリア像とかも展示されていたが『触るな』と書かれているにもかかわらず見物客たちがベタベタさわるので手垢で黒光りしていた。
まだ女子高生たちが残って行く手を塞いでいたので外に出る。

旧市街の中心であるプラーン・ケークまで戻り歩き方で確認した後でチャオプラヤーウィチャエンの家という、ルイ14世の使いがかつて住んでいたという場所に行ってみたが、またしても料金徴収小屋があったし、ちらっとみた限りでは最初のワット・プラ・シー・ラタナー・マハタートと代わり映えしないので「サワディー・カー」と声をかけられたが入り口からシャッターを押しただけでその場を立ち去る。

チャオプラヤーウィチャエンの家

ワット・プラーン・サムヨート

ウィチャイェーン通りを東に引き返すと線路の手前にワット・プラーン・サムヨートというものがあった。
ここにもまたしても料金小屋がある。
スモークのガラスに遮られてここでは窓口から直接顔を見ることができないらしいので何も言わずにタイ数字で書かれた10THBだけを差し出すと一瞬のタイムラグはあったもののタイ人料金ですんだ。

敷地内もその周辺もここら辺は猿だらけ
でっかい金○をぶら下げた雄猿も生まれて間もない小猿も我が物顔で闊歩してる。
寺の中だけで200匹はくだらず、外にも100匹以上はいるだろう。
とにかくすごい数なので興奮させないように静かに写真を撮ったが、こちらが餌になるものを持ってさえいなければあまり興味を示さないようだった。

その寺を出ると目の前の交差点を20匹ほどの猿が道を横断していた。
さすがに猫よりは利口らしくいきなり飛び出すようなことはないが車が来てもそれだけの数で道に出て行くので人間の方が譲るざるを得ない。
電線を歩いていたり建物の壁に這い上がっている猿たちも多く、それをタイ人観光客が写真に収めていた。

こちらは営業停止に追い込まれたホテルのようだ
(ロッブリーシティーとは別)

歩き方に出ていたロッブリーシティーというホテルはその交差点のすぐ近くにあった。
確かに街の中心に位置して便利だがこれだけ猿に囲まれていると気になっておちおち寝てもいられないだろう。
この街に一泊してもよいかと着替えと洗面道具も持ってきていたのだが、先ほど見かけたNETTホテル同様外見もぼろかったので日帰りを決心した。
(タイの地方都市では1000THBもだせばその街1,2番の4つ星クラスホテルに泊まることもできるが、そのレベルのホテルすらない街が多い)


Noom G.H.

このまま列車の駅まで行って14:45発の列車でフアラムポーンまで戻ってもよかったが多少腹も減っていたので先ほど通りかかって雰囲気のよさそうだったNoom G.H.という店に入ってみた。
日除けの下にテーブルを出しいかにもファラン好みの店。
英語を話す主人のこの店には宿泊しているらしい彼らが数組、軒先でビールを飲んでいた。
(多いというほどではないがこの街にもそこそこの数のファラン旅行者がいる。でも見るべきものはほとんどないしエクスカーションもなさそうなので1日で飽きるだろう)

炎天下を歩き回り久しぶりに汗だくになっていたのでビアシンとヤムウンセン(春雨のタイサラダ)を注文。
ところがファランの好みに合わせたらしく、なぜかソーセージ入りのヤムウンセンは辛くも酸っぱくもなくただ甘いだけで、今まで食べたヤムウンセンの中では最悪の部類だった。
たぶんそこらへんの食堂のほうがよほどうまいに違いない。
飯屋は見た目だけで判断してはいけないという典型例のようだった。


バンコクへ

ロッブリーシティーホテルの前でロットトゥーが机を出していたので『何時に出発?』と尋ねると「あと20分」と時計を眺めながらおばちゃんが応えた。
料金を聞く前に『110THB』と言われ運賃を払ってしまったので目の前のサーン・プラ・ガーン(猿寺)には入らずにすぐにそのロットトゥーに乗り込む。

4時過ぎロッブリー発。
ところがこのロットトゥー、来たときとは違いシート下はオーディオ機器でも入れているのか大きなボックスに占領されて足を伸ばすことができず、リクライニングもできないシートだったため居眠りしていても中途半端な角度で首が痛くなり、こんなことなら体の自由度が大きいロットトゥアー(大型バス)のほうが良かったとまもなく後悔した。
行きはロットトゥーでも帰りはロットトゥアーか列車がお勧め。

ちょうど2時間でアヌサワリー(Victory Monument)に到着。
アヌサワリー周辺では夕方の渋滞が始まっていた。


データ編

移動

区間 料金 所要時間
アヌサワリー - ロッブリー 110THB 2h
ロッブリー - アヌサワリー 110THB 2h

見学料

施設 タイ人料金 外国人料金

ワット・プラ・シー・ラタナー・マハタート
10THB 50THB

プラ・ナーラーイ・ラチャニウェート宮殿
30THB 150THB

プラ・プラーン・サム・ヨート
10THB 30THB

列車時刻表

バンコク発ロッブリ着

列車番号 行き先 バンコク発 ロッブリー着
51 チエンマイ 22:00 0:23
111 デーンチャイ 7:00 9:42
9 チエンマイ 8:30 10:27
201 ピサヌローク 9:25 12:35
3 スワンカローク 10:50 12:59
209 バーンタークリー 11:20 14:20
211 タパーンヒン 12:55 15:38
207 ナコンサワン 14:05 16:43
109 チエンマイ 14:30 16:59
1 チエンマイ 18:00 20:13
11 チエンマイ 19:20 21:20
13 チエンマイ 19:35 21:53
105 シラーアート 19:50 22:04
107 デーンチャイ 20:10 22:34
115 ピナヌローク 20:55 23:53

ロッブリ発バンコク行き

列車番号 始発駅 ロッブリー発 バンコク着
116 ピサヌローク 00:28 3:20
4 スワンカローク 1:27 3:30
108 デーンチャイ 2:16 5:10
52 チエンマイ 2:50 5:30
14 チエンマイ 3:32 6:40
2 チエンマイ 4:04 7:00
10 チエンマイ 6:30 9:10
208 ナコンラチャシーマ 7:05 9:50
304 ロッブリー 8:00 10:35
212 タパーンヒン 9:19 12:20
202 ピナヌローク 11:04 14:05
106 シラーアート 12:27 15:05
112 デーンチャイ 14:48 18:00
210 バーンタークリー 17:27 20:35
102 チエンマイ 17:47 21:10
12 チエンマイ 18:05 20:25

hf's アジア旅行記へ

since 2009/10/5