【4/29 バンコク⇒ヤンゴン】

ふだんは不眠症のけがあるのだがタイに来たせいか、昨日は久しぶりによく眠れた。
シャワーを浴びた後にいつもの屋台へ行きいつものぶっかけ飯(30THB)を食べる。うまい!やっぱり、タイはこれだよ。
今日はミャンマーへ入国する日だけど、夕方の便。それまで暇なのにバンコクではもはや特に行きたいところもない。

結局マッサージ屋で14:00発のエアポートミニバス(70THB)を予約した後にニューワールドデパートのコーヒーショップ(World Coffee Center)へ行ってみる。
エスプレッソ(35THB)を頼んでみたがどうも勘違いしている味。 なんかベトナムコーヒーのようだ。
そういえばこの店はNo Smokingになってしまっていた。

まだ時間があるのでWat Bovonniwetへ行ってみた。
ミャンマーのガイドブックに載っているような黄金のストゥーパがあった。
ここの敷地は広く坊さんの住居(庫裡)がたくさん建っている。
「歩き方」にあるようにごろ寝でもしようかと思ったが、蚊が多くていい場所が見つからず一回りした後外に出る。

★捕まっているやつ

正門から出たところが実は前回タバコを捨てて警官らしき者に捕まったところである。
案の定捕まっているやつがいた。昨晩晩飯屋で見かけた白人のカップルだった。テントから出てきたところで声をかけてみた。

「カネ払ったの?」
「そう」
「俺も昨年の12月にタバコを捨てて捕まった」
「私もそう。300THB払った」
「あいつら怪しいからツーリストポリスに確認した方がいいよ」
「わかった、ありがとう」

やはり彼らもふに落ちなかったようだ。やつら(警官?)は服装は警官そのものだけど。

Marcopoloのレストランでコーラ(10THB)を飲む。
ビデオを上映していたが、昼間なのに見入っている人たち(ほとんどが白人)が結構多い。
こいつらもやはり暇なのだろう。
そういえば今回は前回のように日本人の比率は高くない。
やはりあれは異常だったんだなぁ。

★空港行きのバス

マッサージ屋でエアポート行きのミニバスを待つ。
10分ほど遅れてやってきたエアコンバスとやらは荷物と人がぎゅうぎゅう詰めのワゴン車。
荷物を無理やり押し込んで、なんとか乗る場所を確保したが、A/Cもあまり効かず暑いし狭い。
これならちゃんとしたエアポートバス(路線バス)の方が快適かも。

約一時間荷物と戦った後に空港に到着。
ビジネスクラスのもとを取るために早めにチェックインしてさっそくタイ航空のラウンジへ向かう。

★ドンムアンのTGラウンジ

初めてラウンジというものに入ってみた。

雰囲気は高級ホテルのロビーをちょっと質を落として静かにした感じ。
エアコンがよく効いていてちょっと肌寒いくらい。
Tシャツだと完全に浮いてしまうのでタンガリシャツを着込む。
以前某氏が言っていたように周りはビジネスマン風が多く一応短パン・サンダルはやめてワークパンツとトレッキングシューズを履いてきたがそれでも浮いている。
ザックのせいか。(^^ゞ

セルフサービスのビア・シンハとミニピザ・ミニハンバーグを取りに行く。
昼飯抜いておいてよかった。(せこい!)

結局ラウンジではシンハ(小)2本、シーバスリーガルのダブルのロック1杯、同じくグレンフィディック1杯を飲んだのでこれでもとをとっただろう。^^;

★TGのC

機体は、A300−600、シートは23A。窓際なのにちょうどいい場所に窓がない。ちょっと不満。
でもさすがにCクラス、シートの幅もピッチもゆったりしている。くせになりそう。しかもTG。

さっそくおしぼりが配られる。
やはりあのTG独特のにおいのする布製のものだ。
離陸前に飲み物が出される。なにかのジュースだったようだがよく判らない。
まだ上昇中に食事の準備が始まった。
なんとテーブルクロスが各席のテーブルに置かれていく。
食事が運ばれてきた。オープンサンドとフルーツだ。オープンサンドがうまい。
飲み物もワインやら何やら持ってきたが、Moe Chandonがあるようなのでシャンパンを頼む。
CAが何かにつけ「サー」(「カー」じゃないよ)と言う。
う〜ん、こんなのいつ以来だろう。
頻繁にCAが廻ってくる。Yとはえらい違いだ。(それともTGがいいのか)
着陸前にランの花をもらった。やはりRoyal Orchid Plusに入ろうかな。

程なく着陸体制に入る。ヤンゴン市内が見えてきた。
バンコクよりは小さいが、ビエンチャンよりは大きそうだ。
ターミナルもちゃんとしている。
首都の空港というのはつくづく大事だなと思う。
それでその国に対する第一印象が決まってしまうから。
でも、空港内のバスは成田のバスがそのまま使われていた。

★ミャンマー入国

イミグレを過ぎるとUSDからFECの強制両替おやじが待っていて、パスポートを一人一人チェックしている。
個人だと判ると右側の両替所へ行けと言われる。
とりあえずそこに行ったがバッグの中をごそごそ触るふりをして両替せずに戻り、おやじをパスした。
カスタムを問題なく通りすぎるとオネーチャンがたくさん寄ってきた。
 「どこへ行くの?」
 「駅」
すると有無を言わさず10USDの領収書を切ってタクシーに導かれてしまった。
あまりにも鮮やかなやり方。

空港からの道すがら周りを見ていると町中は夜でも歩いている人が多く治安は問題なさそう。
道もきれいだし、車の数はホーチミンと同じくらいか?少なくともビエンチャンよりは多いだろう。

★ボッタクリ

タクシーの中でUSDからチャット(K)への両替を持ちかけられて、うまくはぐらかしていたが
「これからマンダレーへ行くならここで両替していった方がいい」
と説き伏せられて、両替屋で80USD両替させられた。
レートは1USD=140K。後で知ったが普通は165Kくらいだそうなので悪いレートだった。

その後駅へ行く。駅でマンダレー行きのチケットを買うべく窓口に並ぶ。
並んでいてもミャンマー人が割り込んでくる。
やっと順番が廻ってきたら、今夜の席はないと言われた。
しかたがないのでバスのブッキングオフィスへ向かうが、ここでもマンダレー行きはもうないと言われる。
しょうがない、マンダレー行きはあきらめてヤンゴンに泊まろう。

さてどこに泊まろうかとガイドブックを読んでいると、タクシーの運ちゃんに声をかけられる。
TOKYO G.H.と言ったが通じなかった。
(後で判ったことであるが、ミャンマーではTOKYOはトーキョーではなくトーチョーと発音するらしい)運ちゃんが何人か集まってきてああでもないこうでもないと話を始める。
住所の書いてある紙を見せたら判ったらしく200Kで行くというのでOKした。

運ちゃんは道は判ったが宿の場所は判らないらしく、いたる所で車を止めて、番地を見たり人に聞いたりしてやっとたどり着いた。
宿の前に車を止めて受付まで荷物を運んでくれた。
なんかいい奴だ。

★TOKYO G.H.

この宿は金子さんという日本人が経営していてA/C 朝食付きで12USD。
部屋は当然のように窓はなく狭いがきれいだ。
手持ちの資料にあったようにいいミーティングルームがあった。
先客は日本人の男性2人と女性1人、韓国人の男性2人、バングラデシュ人のビジネスマン(オヤジ)がいて、金子さんが一人一人紹介してくれた。
韓国人が作ったというキムチやパパイヤをごちそうになりお茶(チャイニーズティー)を飲みながら夜中まで話をした。

こういうのが安宿の魅力だな。高級(でなくても)ホテルじゃこうはいかない。私が安宿に泊まる理由の一つはこれである。

いろいろ聞いてみるとインレー湖がよさそうなので明日か明後日(なんかこの宿は居心地がよさそうなので)に飛行機で行くことにする。

★BG?

先客に「どこの航空会社できた?」と聞かれた。
金子さん(宿の主人)が当然のように「ビーマンでしょ?」と言う。
だれかが言うようにTGに乗ってもBGと間違えられるのか。やはり身なりのせいか。
「タイ航空だ」と答えるとその先客が「いいなー、一度乗ってみたいなー」と言っていたがさすがにCクラスとは言えなかった。


[前のページへ] | [ミャンマー旅行記のインデックスページへ][次のページ] | [hf'sアジア旅行記へ]