3/21 来月のインド行き

そろそろ来月のインド行きの詳細を検討しなければならないんだけど、最終目的地はナガランド北部のモン村としたら、カルカッタからDimapurに飛んでその後は陸路でモン、帰りはアッサム側に入ってそこからJorhatでカルカッタ戻りがまともなコースなのだろうか。

時間に余裕があればインパールにも行ってみたいんだけどそれは無理だろうか。

3/20 和幸

伊勢丹に用事があって店の前を通りかかったら早い時間のせいで珍しく誰も並んでなかったのでとんかつの和幸に久しぶりに入ってみた。

ロースカツの値段はそれなりにするけどやっぱり美味いね。
シャキシャキのキャベツがお代わり自由なので4杯も食べてしまったよ。
これで320THB++はまあ納得かな。

3/19 ベンジャキティ公園

ポケモンの巣(レアポケモンが大量に発生する場所)として何かと話題になるベンジャキティ公園に出かけてみた。
ここはMRTシリキットコンベンションセンターのすぐ近くにあり、その名のコンベンションセンターの隣にある大きな公園。

市内にある大きな公園と言えばルンピニ公園が有名だが自然の地形を取り入れたかのような趣のあるあちらと比べると巨大な長方形の池の周りに1周2㎞ほどの遊歩道を配置しただけの殺風景な公園。

ただ水場があること、緑が多いことからポケモンの巣になっており、今回はほかで見たことのないキリンリキが2周で10匹も発生していた。

3/18 すき家でうな丼

以前から気になっていたすき家のうな丼

満を辞して注文して見るといちおう鰻だったけど、美味い!と思えるものではなく。
ダブル乗せで374THBとすき家で最高級メニューだったけど、これなら牛の2倍乗せのほうがよかったかも。

3/16 福魚翅

日本からの出張者がぜひ行きたいということだったので10年ぶりくらいで福魚翅へ。
客は相変わらず日本人のみ。
料金も変わらず659THBのコースメニュー。

最初のフカヒレスープと最後のアワビご飯はどちらもドロッとした豚骨ラーメンのような感じだったがやはり美味かった。

3/15 元中国駐在員

中国に駐在経験のある人の話を聞いていると「列に並ばずマナーが悪い」「ATMから偽札が出てくる」「食材が信用できない」とかいろいろと不平は出てくるのだけど「二度と行きたくない」とかという話には絶対にならず帰国後も訪中を繰り返していたりする。
ひどい面もあるけど総合的には嫌いじゃないということなんだろうな。

賛同してくれる人は中国好きに比べて1/100くらいかもしれないけど、この現象はある意味インドに対する感情と似ている。

3/14 中華料理を世界遺産に

人民網というサイトに「韓国キムチや和食とは異なり、中国料理は世界無形文化遺産リストに登録されていない」と書かれていた。

そういえばキムチが世界遺産に登録されたとかの国の連中が騒いでいたなと思い出したものの、キムチに比べて中華料理の方が1000倍くらい偉大だと思うのだけど「だが、各地の中国料理はそれぞれの特色があり、その種類もかなり雑然としているために、全体的な申請の具体的方法をめぐる問題が一つの難題となっている」。

なるほどそれも一理ある。でもやはり中華料理は偉大だと思う。

3/12 勝者のカレー

「人生の勝者がFacebookにアップしてそうな」カレーFBにアップされていた。

どの写真もどの写真もJALの機材が映っている。
ということはサクララウンジのカレー。

上級会員あるいは上級クラス利用者しか入れないラウンジのカレーだからある意味勝者なのかもしれないけど、日系は一度上級会員になってしまえばカード料金を払っている限り永年だからそんなにハードルは高くはないんだけどね。

でもここのカレーは美味いと思う。大好き!

3/9 オヤジ

昨晩インド行きを決定したばかりなのに親父がなくなったと母親から連絡がきた。

これもめぐりあわせなのか、運悪くパスポート&VISAの更新手続き中なので来週の火曜までパスポートが戻ってこず、どうせ葬儀には参加できないのだが、長いこと老人ホームで寝たきりとはいえ死に目に会えず海外に暮らすことの親不孝を身にしみて感じた。

永いこと離れて暮らしていたけどもう会えないと思うと悲しいものだな。

3/7 暑季入り

タイ気象庁が暑季入りを発表した。
五月中旬まで酷暑が続くが、昨年ほどの暑さにはならないと予測しているという。(Bangkokpost

今日、外を歩いたら汗が止まらなかった。
通りで暑いはずだ。また嫌な季節が始まる。。

3/5 ラムチョップ@Wine Connection

今晩は近所のWine Connectionでラムチョップ(440THB)+サイドサラダ(60THB)。
イタリアンのくせにパスタもピザもいまいちだけどチーズやハムの盛り合わせであるコールドプラッターとこれはいける。

グラスワインが安いのもいいけどね。

3/4 ラオス直行便

日本-ラオス間の直行便をラオス航空が今夏にも運航開始するというニュースが流れていた。(西日本新聞

おそらくは航続距離の関係なんだろうが成田や羽田、関空など大都市からの直行ではなくなぜか長崎空港経由。(便名が変わらなければ経由しても直行というんだっけか)

給油が必要だとしてもどうして長崎
離発着料金が安かった?それとも福岡は混んでて枠がなかった?

長崎の人が大挙してラオスに行くとも思えないし、きっとその逆もないだろう。

3/1 確認

上がって来たプログラムを客に送っていたので「動作の確認はしたの?」と尋ねると
「してません」
「やらなきゃダメでしょ。やってよ」

しばらくすると生成されたデータがメールで送られて来た。
内容を確認するとおかしなデータが2ヶ所ほど。
「ちょっと、これおかしいんだけど、内容見た?」
「見てません」
おいおいおいおい!!

2/28 リゾート出張

5週目のラヨーン出張。
今回は会社最寄りのホテルが空いてなかったらしく、Novotel Rayong Rim Pae Resortというホテルに泊まることになった。

レセプションに着いたとたんに感じる高級ホテル感、そしてその先に広がるプール。
ああ、これはリゾートだわ。

2/26 手袋の意味

フィットネスの軽食コーナーで水を買ったら、それまでサンドウィッチでも作っていたんだろう、おばちゃんはビニール手袋をしたままで金を受け取っていた。
たぶんなんでビニール手袋をしているのかわかってないんだろうな。

それでも割烹着のままトイレにやって来て小便をした後に手を洗わずに出て行くやつよりはましかなw

2/24 フードコートにMrs.Balbir’s

市内に何店舗かあるインド料理店のMrs.Balbir’sがフードコートに進出してきた。

チキンカレーとインディアンサラダを頼み「あと、このチャパティね」と注文。
すると「ナーンじゃないのか」とチャパティの下のナーンの写真を指差すニイチャン。

「チャパティ」
「ナーンじゃないのか」
「チャパティ」
「ナーンじゃないのか」

俺はチャパティが好きなの!!
メニューに載せてるんならさっさと出せよ!!

こんな感じでチャパティーを焼いた後にサラダを作ったりと手際が悪く、チャパティとサラダが出てくるのに10分ほどかかった。

味はほかの支店と変わらないけどこの内容で200THBとここのフードコートの中ではダントツの高さ。
それほど需要があるとも思えないので果たしていつまで続くことやら。

2/23 薬の買えない薬局

薬剤師がいないから「今は売れない」と言われることの多いタイの薬局。
そして隣の店に行っても同じことを言われる。

帰宅時刻のかき入れ時なはずなのに隣の店の薬剤師の友達と連れだって晩飯でも食べに行っているんだろうか。

2/22 高速鉄道のペンディング

「採算がとれるかどうかわからないからバンコク-フアヒン間の高速鉄道の導入は様子を見る」ようなことをタイ国鉄が言い出しているようだ。(Bangkokpost

そもそもこういうマーケット調査って最初にやらないか、普通?
それに脱線ばかりしている既存路線をどうにかしろよ。

2/21 偏食

シーフードは食べられず、野菜も全く食べず、フレンチフライには塩をどっさりかけ、食後の甘~いロティーが大好きなタイ人を見ていると、20代は何をしてもOKなんだよなと、いろいろと数値の気になるおっさんは思う。

2/18 サガミ

Central Worldに用事があったので久しぶりに入ってみたサガミ

寿司は普通だったけど看板メニューの蕎麦が全然ダメ。
まともなのはツユだけで蕎麦はブツブツ切れてるしフニャフニャ。
オープン当初はまだマシだったような記憶があるけど、通りで日本人客がいないはずだ。
やっぱり蕎麦はあずまかね。

2/15 ホイタラップ

ホテルの近所のシーフード店の水槽に並んでいたホイタラップと言う2枚貝。

この手の貝はタイではなかなか見かけることはないし、タイ人ですらその名前を知らなかったけど炭焼き(パオ)にしてもらったら蛤みたいで美味かった。

ちなみにこの種の貝はホイワーンと呼ばれている場合もあるが、ここではホイワーンはツブ貝のような巻貝で1㎏あたり900THBもしていた。
あっちもいつか試してみよう。