9/9 ベジターリー@MadrasDarbar

パタヤの昼はMadrasDarbarで定番のベジターリー、200THB。

ベジターリーを注文したら「当店には2種類のベジターリーがあります」と見せられたメニューには北ベジターリーが追加されていた。
並びの店にはどちらもあったからなぁ。

ご飯はこんなにいらないけど、おかずはどれもおかわり自由。
顔なじみのおっさんに伝えて左下のアチャールと左上のサンバル、そして右上のザブジーを追加した。
どれも南インドの素朴な味、200THB。

この店は近くにあったら週一では行ってしまうな。

9/8 ミネストローネ@Little Italy in パタヤ

パタヤに来るとたいてい足を運ぶLittle Italy
今回はいつものセットメニューが亡くなっていたのでミネストローネとスパゲティを頼んでみた。

野菜がたっぷりなのは良いけれどミネストローネは砂糖入れすぎ。
これって普通はトマト味じゃなかったっけ?

スパゲッティボンゴレの麺の茹で加減はさすが。

9/7 メニュー

彼ライスに目が止まって「?」となってよく見てみたらこんなことに。

気持ちはわからんでもない茶半、とん骨塩ラーメンはできているのになぜかラ麺、響きが可愛いチャチューメン、ロシアっぽいマボトフ、なんか詰まっていそうなギュすじ。
難しかったところでは胆々麺。

この店は日本人経営だった気がするけど目を引かせるためにわざとやっているんだろうか。

9/6 刺身定食@日本亭

今日もJ Parkでランチだったので、事前に調べてみたら高級和食店の日本亭があるらしかった。
せっかくだからと奮発して刺身定食。
680THBのところ5食限定のプロモーションで430THB、それに税サがついて506THB。

なんとも豪勢な昼飯となったがタニヤの江戸屋や築地のほうがコスパは高かったかも。

9/2 Kabocha suchi

近所のショッピングモールにオープンしたばかりの寿司屋。

変わったものもいろいろあったけど、アラカルトで無難なものを頼んでみた。

ネタはまあまあ、握りも悪くない、しかしシャリが甘い!!
店名からしてなんちゃってなんだけど、惜しいね。
握り6つと水を頼み味噌汁となぜか骨せんべい、枝豆がついて397THB。
刺身があるなら次はそっちを試してみよう。

8/31 Manel Lanka

スリランカの首相もやって来るらしい安くて美味いスリランカ料理の店。
カレー4種類にパパッドとライスが付くベジタリアンセットはたったの100THB。

客はスリランカ人しかいないけど、スリランカ政府が補助金を出しているのではと思われるくらい安い。

味もちょっとしょっぱめでスパイスの効いたスリランカ料理そのもの。
ビールを飲んでも一人400THBもあればお腹いっぱい。

場所はラチャプラロップ・ソイ4でインドラリージェントの向かい辺り。
BTSの駅から歩くには遠く、渋滞するのでタクシーも行きたがらずちょっと行きづらいけどここはお勧め。

8/29 渋滞

「全く渋滞がひどいね。昨日なんてサヤームからソイ71まで客を乗せたら2時間以上かかったよ。たった200THBなのに」とぼやくちょっと上品なGrabの運転手。
今日はプロンポンからうちまで1時間半乗って202THBだった。

そりゃタクシーも乗車拒否するわな。

8/28 クイティアオガイトゥン

大きなドラムスティックの乗ったクイティアオガイトゥン
鶏か豚の血が入っている(具に合わせるからこの場合は鶏かな)のでスープは茶色い。

無料トッピングのもやしと苦瓜をたっぷりのせて食べるのがお気に入り。50THB

8/27 またBTSがトラブル

帰宅時間帯を外しタニヤで晩飯を食べた後にやって来たサラデーン駅でなぜかエスカレータが止められていた。

こういうのはたいていホームに人があふれて危険な時=電車が遅れまくっている時。
案の定、電車が全然やってこないようで列はあっという間に7,80人程度になってしまった。
毎回のことなので、遅れているなら遅れているで改札のところにそういう案内板を出しておけばいいのにそれをやらない。
金返せよな!!!

8/25 Mumbai’s Great Punjab Restaurant & Bar

インド旅行帰りのやつと「インドネタで飲もう」とやり取りしていたらなぜかインド料理屋に行くことになってしまったスクムウィットソイ22にある店。

ムンバイはインドの南西でパンジャブはパキスタンに接する北西部。
たぶん距離は2,000kmくらい離れているはず。

なぜにその両方を店名に冠しているのか、、、
そういえばDosa Kingもパンジャブ&南インド料理だったけどパンジャブ料理ってそんなに有名なんだろうか。
WiKiで調べてみたらナンなどのタンドーリ料理やパコラなどの発祥地でパラータやチキンティカも有名らしい)

参加した三人ともおっさんばかりなので胃にやさしいパニール尽くし。。

8/24 バンセーンGP

パブでTVを眺めていたらJGTCのようなレースをやっていた。
しかも公道。
いったいどこなんだろうと思っていると画面の右上にBangseanの文字。
え、それってあのこ汚い海のバーンセン??
しかも12回と書かれている。

知り合いのFBでマラソンが行われているのは知っていたけど、こんなレースが行われていたなんて!!
思わず画面に目が釘付けになってしまった。

8/22 青りんご

タニヤビルにあるカレー店の青リンゴトンロー店がDACOに取り上げられていた。

オープン当初の頃にサイドサラダを頼んだらミニトマトがゴロッと10個くらい入っているだけでカレーもそれほど美味いとも言えず、それ以来行ってないな。

そもそもだいぶ高くなっているし。

8/18 Madras Darbarバンコク店

Madras Darbarバンコク店にいって来た。
場所はバイヨークスカイのすぐ近く、インドラリージェントのソイにある。

味はパタヤ店と全く同じ、客も100%インド人。

ベジターリー200THBに対して(かなりしょっぱい)ソルトラッシー120THBだった。
いいことはいいんだけどGrabでわざわざここまで来るならシーロムのSaravana Bhavanのほうがいいかな。

8/17 送迎バスに置き去りにされた幼児が死亡

送迎バスに置き去りにされた3歳児が熱射病で死亡するという痛ましい事件が起こった。(Bangkokpost

園児たちを下す際に運転手が人数を数えずに置き去りにしてしまったらしい。
これじゃ親はいたたまれない。いくら何でも子供がかわいそう。

2012年から16年にかけて同じような事故で13人が亡くなっているそうだが、こんなやつはタイの刑務所で水を与えず同じ苦しみを与えた方がいい。

8/16 ツルハドラッグ

客がいなくて暇なんだろうな、今日立ち寄ったJ ParkのTsuruha Dragはビタミン剤一つ買うのに薬剤師が(タイ語で)いろいろと丁寧に説明してくれた。

ビタミン剤ごときにそんなの必要ないから早く釣り寄こせ!!

8/15 ソムタムが5位

英語版ガイドブックのLonely Planetでタイのソムタムが世界のtop500料理のうち5位になったそうだ。(Bangkokpost

Lonely Planetは自分もよく利用するが、味覚が違うからレストラン情報はあてにしていない。

そもそも、やつらまともな辛さのソムタム食えるのかね?
ソムタムマイペット(辛くないソムタム)とか注文しそう。

8/14 ドゥシット動物園閉鎖

王宮周辺にあるドゥシット動物園が近隣のパトゥムタニ県への移転に伴い8月末で閉園になるというニュースが流れていた。(B-Search
ただし移転先の動物園はまだ建設されておらず、完成するまでの間、動物たちは周辺の動物園に分散して移されるとのこと。

移転先を先に作っておけばいいのに。タイらしい計画性のなさである。

8/13 Dosa King

インド料理屋の集中するスクムウィットソイ11/1にあるDosa King
以前はたしかソイ19にあったはずだが先日のSaravanaa Bhavan同様、「バンコク 南インド料理」でググったら出て来た。

今回もGrabで向かうとソイ11側から入ってしまい怪しげな狭い通路を通って店内へ。

この店も有名なだけあって清潔感はある。
客のほとんどはインド人ながらSaravanaa Bhavanと違い店員はタイ人の女の子といたって普通。

看板にはパンジャブ(北西)&南インドベジレストランと書かれていてカテゴリーは微妙。
(これはどういうことなのだろう。パンジャブ人が南インドは受けるだろうってことでやってる?)

それでも南インドベジターリーはなかったのでドーサターリーなるものを注文。

マサラドーサの中身とドーサが別々に出されたがイドリー、ヴァーダ、パパッドが出てくるあたりは南的。
カレーは一つ一つが多めではあるもののサンバル(マイルドな野菜カレー)とザブジー(好物のちょっと酸っぱい野菜スープ)の2つのみ。
これにスウィーツとダヒが付いて275THB。
サンバルを追加したら25THB取られていた。
南でメジャーなお代わり自由なミールスではなく、北の定食であるターリーだからだろうか。

ザブジもサンバルも素朴な味だがSaravanaa Bhavanのほうが好み。
量が多くてライスとヴァーダは食べきれなかった。

8/12 飲料水

コンドーの1階のドアの前でタクシーから大量の飲料水のボトルを運び出している中高年夫婦がいた。
そしてそれを手伝っていたらしいインド人男が、エレベーターで一緒になって話をしていた。

「どうしてそんな大量の水を買ってくるの?そこに販売機があるでしょ」とインド人男。
1Lで1THBで買えるものにどうしてそんなに金をかけるのかが不思議らしい。
「だってあれは清潔じゃないのよ」と英語で答えるおばさん。
「フィルタリングされているんじゃないの?オレはいつもあれを使っているよ」
「だ・か・ら、清潔じゃないのよ」

そういえばあの手の水の自販機はかなりの確率でバクテリアに汚染されているとニュースになっていたことがある。
掃除とかフィルター交換とかこまめにしなければそうなるだろうな。
おばさんの勝ち。

8/11 Saravanaa Bhavan

そのGrabでわざわざやってきたのが、チェンナイに本店があり世界最大のインド料理チェーンのSaravanaa Bhavan

メニューはたぶん全てベジ。店員も客も全てインド人。

お目当てのspecial mealsを頼むとカレー系5種類にアチャール系2種類、スイートが3つ、パパッド、チャパティそれにライス。
しかもお代わり自由。これで250THB。(ただしミールスは11時から)


味も南インドそのもので感動もの。
うちからも近いしこれはmadras darbarよりこっちに来てしまうな。

8/11 Grab

BTSでもタクシーでもなかなか行きづらい場所に行く必要があったので、遅ればせながら初めてGrabを使ってみた。

iPhoneにインストール済みのアプリを起動し、現在地と目的地を地図で指定、近くの車を待つこと数分、Taxiが来るものかと思っていたら普通のAltisがやって来た。
ドアを開けて行先を告げるとハンドルわきに設置されているスマホで分かっているらしくすぐにOK。
普通のタクシーだとここで「混んでいるから行かない」とか言われそうなのだがそういうこともなし。

目的地に到着してアプリに表示されていた料金を支払って終了。
これは便利で快適。
これなら言葉が通じなくても使えそう。