8/24 防水型券売機

チョンノンシーのBRTの切符売り場にビニールにすっぽりと覆われた券売機を発見した。
コインの投入口やチケットの取り出し口が機能しているところを見ると雨除けにビニールをかぶせているようだ。

それなら最初から雨の当たらないような場所に置くか防水対策をちゃんとやっておくとか考えないのかね。

8/22 ナムトックムー

クイティアオの一ジャンルとしてナムトックというものがある。

豚だったかアヒルだったかの血の入った濃い茶色のスープのクイティアオで八角か何かが効いているため味はちょっと中華っぽい。

クイティアオナームは通常はナムサイという、澄んだ味のないスープなのだがそれに飽きたらこれもいいだろう。
ちなみにクイティアオのスープの味付けにはこれら以外にイエンターフー(腐乳を使った赤いスープ)とトムヤムがある。

麺はそれぞれ太麺のセンヤイ、細麺のセンレック、極細のセンミー、かん水を使ったバーミー、店によっては春雨のウンセンがある

あ、あと専門店ではクアイジャップユアンね。

8/20 家飯

このごろは家飯が多い。

と言っても自炊するわけではなく途中のMaxValuで弁当なり総菜なりを買って家で飲みながら食べているのであるが、その理由はMaxValueの弁当が気に入っているというのはあるものの、先日の日本行きで買ってきたPS3用のゲーム、特に龍が如く5に嵌っているというのが一番の要因。

副次的な効果として思った以上に金を使わなくなったというのもありがたい。

8/17 月10万円で暮らせるか?

『タイは月10万円で暮らせる豊かな国』という記事がFBで流れていた。(zuuonline

公共交通機関が安いのは確かだし、住居費も東京に比べればまだまだ安い。
しかし軽く触れられている和食に関しては毎回食べているとそれなりの金額になってしまう。

あちこちで反論がアップされてるけど、実際に10万円=3万THBで生活するのはかなり厳しいと思う。

ちなみに3万THBというのは大卒タイ人の3~5年目くらいの賃金レベルで、これだと和食はほとんど無理。

こうやって低賃金な未経験日本人を呼び込んでいるという業種があるんだよな。

8/16 走り屋タクシー

タクシー待ちしていたらボンネットにエアインテークをつけたタクシーがパッシングしながら近づいて来た。

運転が荒いとわかっていてそんな車に誰も好きこのんで乗らないよな。
ちょっと考えろ。

8/15 サウジアラビア人

「あなた、英語話せる?」とBTSで隣のおっさん。
「ああ、わかるよ」
「Asia Tiqueはどんなところなんだ?」
「行ったことないんだけどアトラクションやレストラン、ショップがあるよ」
「どうやって行けばいい?」
そんなもの調べてから電車に乗れよ。

「サパーンタクシン駅で降りて無料のボートがあるからそれに乗り換えな」

降りる前。
「あんたはインド人?」
「サウジアラビアだ」

7,8人の家族で来ていたらしいがサウジアラビア人と話したのは初めてだった。
悪いな、ビールを飲んでいて。
バンコクの夜を楽しんでくれ。

8/13 スパゲッティーキーマオ

スパゲッティパッキーマオタレー=シーフード入りスパゲッティ酔っ払い炒め。

なぜに酔っ払いかというと唐辛子や胡椒でやたらと辛く顔が真っ赤になって酔っ払いのように見えるから。
実際、鼻水は出てくるは、汗だくになるは、涙は出てくるという辛い物好き以外にはオススメできないしろもの。

でも結構好き。

8/11 タイ国海軍がハープーンを購入

たった5発で意味があるのかとは思うがタイ国海軍が艦対艦ミサイルのハープーンを購入することになったのだそう。(nation)

軍政のうちにどんどん買っちゃえなノリなんだろうけど、このあいだの潜水艦といいハープーンといい仮想敵国はどこなの?まさかカンボジア?

カンボジアの海軍力なんて大したことないだろ。

8/8 Gの巣

ソファにワインをこぼしてしまったのでカバーを洗濯しようと座面のスポンジを持ち上げたら、なんとその下には大量の髪の毛とベビーGの死骸と卵らしきものがあった。

多分コンバットが効いていて死骸なんだろうけどこんなところがGの巣になっていたんだ。。

ちなみにうちは週に一辺は掃除に入ってもらっている。

8/7 クアイジャップユアン

今日の昼はタピオカ入りでモチモチなクワイジャップユアン=ベトナム麺。

似たような名前のものにクアイジャップというのがあるが、そちらは太めのクルクルっとした麺で血の入った茶色のスープのもので全くの別物。

東のはずれのウボンが名産だがたぶんあのあたりにベトナム戦争から逃れてきた人たちが住んでいてそれで広がっていったのだろう。

クイティアオよりは若干高めの65THB。

7/29 津波警報システム

アンダマン大地震の後に設置された津波警報システムのうち80%が機能していなかったという記事。(Bangkokpost

そうなんだよ、この国は最初に金を使ってなにか作ってもメンテナンスができないんだよ。

あ、でも袖の下に流れてしまって最初からダミーだったとか?

7/27 サクララウンジカレー

ちょっと辛くて香辛料も効いていてやっぱり美味い、JALのサクララウンジカレー

らっきょも福神漬けもいい味。
このあとCクラスに乗ることも忘れて3杯(皿は小さい)も食べてしまったよ。

これはレトルトで出しても結構受けるんじゃないかな。

7/26 サイズ違い

靴を買ったので履こうとしたら左右でサイズが違うことが発覚し、30分かけてホテルからお店に戻ることになった。

タイならあるあるだけど日本でもあるんだな、こんなこと。

7/25 ラジオ会館

10代後半と20代前半の頃はよく通っていた秋葉原ラジオ会館、昔はオーディオショップばかりだったのに今やカードゲームとフィギャの店ばかりでアウェー感がハンパない。

その割にはガード下の電子部品屋がまだ営業していてほっとした。
もっとも今さら自分ではんだ付けをしようとは思わないけどね。

7/23 外国人率

東京のコンビニの夜間の外国人従業員率の高さに今更ながら驚く。

中国、韓国などのアジア系はわかるけどさっきの人はポポという名札を付けた南米系だった。

7/21 タニヤリカー

すっかり両替屋として有名になってしまったタニヤリカー
今度の日本行きに備えて久しぶりにやってきたらワイン棚を撤去して四人体制で両替体制になっていた。

酒類販売がメインだったころのハゲのおじさんと髪のデカいおばさんはすでに引退なのだろうか。

7/19 道を知らないドライバー

今日のドライバーは渋滞が大好きなようで、Googlemapで細かく見張ってないと渋滞している道ばかりどんどん入っていく。

「ここはいつも混んでるねー」とか言ってるけど、夕方にラマ4~サトーンなんて絶対ダメだろ!
ちょっとは学習しろ!!

7/17 イヤホンの掃除

ふと気になってカナール型イヤホンの掃除をしてみることになった。

カナール型とは、、、ネットで調べてくれ。

ゴムの部分を外してみてみると、さすが買ってから一度も掃除したことないだけあって耳〇ソがびっちりこびりついていた。
それを綿棒でそぎ落とし耳と接するゴムの方もアルコールで吹きさる。

こういうのって買った時のマニュアルには書かれていなかったけど普通にやっているものなのだろうか。

7/16 印鑑証明

父親の死去に伴う手続きのため印鑑証明を送ってくれと日本から連絡が来た。

印鑑証明を取得するためにはその前に大使館で印鑑登録が必要。
この手続きが結構面倒で、パスポート、ワークパーミットは当然のこととして、現住所の証明やら戸籍の附票が必要で最後の書類はわざわざ日本から送ってもらわないといけないらしかった。

ところが日本にいるのは年寄りばかりなので英語の住所がまともに書けず届かないことしばしば。
かと言ってメールでPDFで送ってもらうということもできず、結局郵便局に局留めとっていた書類を取りに行くこと3度目。

そうしてやっと登録が済んでいざ証明を取ろうとしたら一通あたりなんと540THB!!

日本でなら300JPYくらいで取れるらしかったけどどんだけぼったくっているんだよ、外務省!
ほんとこういう手続きは面倒くさい。

7/15 MRTの乗車券

MRTのチャージカードを更新しなければならないというようなことがネットに流れていたのでシーロム駅まで行ったついでに更新してきた。

旧カードを差し出して「新しくして」と告げると10THB差し引かれて返金。
新カードは乗車料金100THB +カード代80THBを取られる。
差し戻しが10THBで新規に80THBもとられるんだよ、と思うが供給側が絶対に損しないようになっているのがタイ。

7/14 外国人追い出し=労働力不足

タイ政府が規則を厳格に適用して近隣諸国からの不法労働者を追い出したらたちまち労働力不足に陥ってしまったという記事。(B-Search

日本にいる人にとっては意外に思われるかもしれないけど、タイの低賃金労働市場ではタイ人は集まらず労働力を提供するのはミャンマー、ラオス、カンボジアといった周辺低所得国からの労働者。

それを追い出してしまったものだから主にミャンマー人に頼っていた漁業がさっそく立ちいかなくなってしまったようだ。
この状態が続けば建築現場、飲食業、ホテル業界なども深刻な状態に陥ってしまうはず。

そこら辺の事情を軍政もよく考えないと。

7/12 El Mercado

知り合いの飲み会に誘われて出かけて行った店。
ベンジャキティ公園の向かい辺りのソイを入っていったところにあり、知らなきゃ絶対に来ることのない隠れ家的な店。

予約していったからよかったけど6時時点でほぼ満席になっていた。
どうやら在住ファランの間では有名な店らしかった。

7/11 イミグレと中国人

ルアンパバンから帰国するとスワンナプームのイミグレが激混みだった。
しかもそれに輪をかけて混乱を招いているのが中国人旅行者。

隣の列から十人ほど割り込んできて、そのためにいったん業務を中断したイミグレ職員に追い返されるコンチン。

その後イミグレを抜けた中国人ガイドがイミグレ職員に「あちらはツアーの客で時間がないから優先してほしい」と訴えるものの、「Cannot!ちゃんと列に並べ」とおばちゃん。

よほど腹に据えかねているようだがこういうこところは偉いぞタイ人!

7/10 ラオ語とタイ語

ラオスのルアンパバンを旅行中。

ラオ語とタイ語は親戚みたいなものでイサーン語とほぼ同じと思ってもいいくらい。

タイ人はラオ語を完全にはわからないけど、タイのTV放送の流れているラオス人はタイ語はほぼわかる。

だからタイ語のできる身にとってはラオスを旅行するのは楽なのだが、ラオスに来ていても会話の最後に「カップ」をつけるのが癖になっているためラオス人から違和感を感じられるらしい。